期間内には書けねぇ。

やっぱり60頭以上も評論するのは時間がかかりますねぇ…。

私もツアーに参加された方の画像を確認したいので(爆)、自分の募集馬評価は後回しにします。

後出しじゃんけんは嫌いなので、現時点で私が1次募集で出資候補に挙げている馬を書いておくと

6・シーイズトウショウの16
47・ビアンカシェボンの16
50・グランプリエの16
52・ロザリンドの16
   の4頭です。

ロザリンドはダメもとで申込み。シーイズトウショウかビアンカシェボンのどちらか1頭で申込み。グランプリエは現時点でオッと感じるものはありませんが、叔父のグレンツェントも募集時は頼りない感じである意味似ています(笑)し、募集価格も2勝すればトントンにできそうなので「ローリスク・ミドリリターン馬」枠で申込み。1次では以上の3頭申し込みになると思います。

個人的にはクレヨンルージュがとても興味深いんですけどね。父ワークフォースということで入厩直前まで満口にはならないでしょうし、じっくり様子見をした上で前向きに出資を検討しようと思います。

※8/1追記
応募口数を考慮し、最終的に10・ルシルク16 と52・ロザリンド16に申し込みました。6・シーイズトウショウ16が1次で満口にならなさそうなので、安心して応募倍率の高い募集馬にいけます(笑)。両馬外れたら15日の会員限定ネット申込みでシーイズトウショウに出資しようと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

2017年度募集版選定②

今年も新たなブログ訪問者を獲得のため(笑)、面倒臭いと思いながらも結局全頭評価をすることにしました。私自身、他の方の評価をけっこう参考にしていますからね。
ただ、毎年言いますが私は北海道へ馬を見に行ったこともないド素人なので、あーだこーだと講釈を垂れる気はありません。特に出資予定のない馬に関しては一口寸評が限界です。ご了承下さい。
私は費用対効果で馬を選んでいるので、募集価格に対する活躍期待を「お値打ち度」としてA~Dの4段階で評価しました。

それでは関東馬からいってみよー!

1.シルキーラグーンの16(牡・7000万・木村哲也)
リズミカルな歩様でいいと思います。お金のある方は出資するのも一考。
お値打ち度…C

2.ミュージカルロマンスの16(牝・6000万・国枝栄)
1つ上の全兄とは体型からして全く違うタイプですね。全体的に筋肉量が少ないし、歩様にも覇気がない。
お値打ち度…D

3.ロジャースズーの16(牡・3500万・国枝栄)
目つきが悪いがいい筋肉の付き方をしており、能力自体は高そう。ハーツ好きな人は逝くべし。
お値打ち度…B

4.スイープトウショウの16(牝・3000万・藤澤和雄)
成長期のせいか不格好な馬体。歩様にも滑らかさがなく、知名度の高い母のため余計割高に感じる。
お値打ち度…D

5。リードストーリーの16(牡・2500万・尾関知人)
母高齢(17歳時)出産馬。繋ぎが短め。右前脚の送りが気になります。悪くはない馬ですが、他にもっと良いダメジャー産駒がいるので…。
お値打ち度…C

6.シーイズトウショウの16(牡・3500万・萩原清)
血統よし、馬体よし、歩様よしの3拍子揃った確実性の高い馬。私の1次申込候補馬です。
お値打ち度…A

7.サマーハの16(牡・5000万・藤澤和雄)
馬自体はとても良いです。きっと上のクラスまで出世するでしょう。ただゴルア産駒(=ダート馬)に5000万はない。
お値打ち度…B

8.ディアジーナの16(牝・1500万・田村康仁)
馬格はあるが歩様が硬め。まさにダート牝馬。しかし勝ち上がりは大丈夫そうだし値段もお手頃なので様子見します。
お値打ち度…B

9.ターシャズスターの16(牝・1800万・斎藤誠)
前脚の造りが貧弱で特に右前脚の送りが危なっかしい。調教の負荷を上げると脚に疲れが溜まりペースダウンを繰り返すでしょう。そもそもデビューできるかが心配。
お値打ち度…D

10.ルシルクの16(牡・4000万・戸田博文)
いい意味でまとまりのある馬。今のところ4000万の価値は感じないが、オルフェ産駒だからどこかでガラッと変わる可能性も否定できない。1次で申込みはしないが、将来のキャンセル募集に向けて様子見します。
お値打ち度…B

明日は朝早く(3時起き!)息子と釣りに出かけるので、今日はこれまで。何とか明日には関東募集馬を終わらせたいです

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

2017年度募集馬選定①

私が2003年に一口馬主を始めて丸14年。年1~3頭の出資ではありますが、我ながらよく続いているものだと思います。

昔と変わらず競馬を好きでいるのが一番の理由だと思いますが、出資した馬達がそこそこ走ってくれている(=継続可能な金銭的負担で収まっている)のも、間違いなく大きな要因です。あと意外に大事だと感じるのは「一口馬主に夢中にならない」こと。どうしてもお金が絡む趣味なので、のめり込んでしまうとライフ・ワークバランスならぬライフ・ホビーバランスを崩してしまいます。私もこの14年で結婚をし子どもができましたが、仕事も含めた日常生活と家族関係が充実してこそ一口馬主も楽しめると感じます。

ちょっと話は逸れましたが、今後もそんなスタンスで一口馬主を楽しみたいので、出資馬選定も「低予算で細く長く楽しめる馬」というニッチな基準で選びます。ズバリ目標は

「20戦3勝・獲得賞金4000万or回収率200%」の馬選び  です。

今日は時間がなくなったので(笑)、明日以降に私の厳しい基準をクリアした精鋭達を紹介します。乞うご期待!

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

ちょっと耳寄りな話。

今年から募集開始が2ヶ月早まったせいか、測尺や写真を見ていると4~5月生まれの馬の評価が低くなりがち。あ、社台やサンデーと掛け持ちされている方は関係ないと思いますが、私のような小口クラブ専門の貧乏出資者には初めての体験なもので…。

しかし逆に1~2月生まれの馬は、この先の伸びしろが遅生れの馬に比べて少ないような気がするし、そもそもあまり走った馬がいないイメージを持っていました。そんな同じ考えを持ったあなたに耳寄りな話を。。。

https://www.youtube.com/watch?v=k1OpfEhwFt8

内容からして今年の年明け~春の番組だと思いますが、社台ファームの吉田照哉社長とノルマンディーファームの岡田牧雄社長が同席してのインタビューです。種馬や繁殖の話やトレッドミルの効果など、まさに日本の生産界のトップにいらっしゃるお二方の貴重な話題が満載です。

馬の生まれ月に関しても、4~5月は種付け作業が過密になるので、希望した種牡馬を種付けするには2~3月が確実。その結果生れ月も早くなるだけで、馬の能力とは無関係だと牧雄社長は仰っていました。

別に私がアップした動画ではないのですが(笑)、知らなかった生産者の立場からのためになる話がいっぱいなので、時間があれば観て下さい。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

とりあえず絞りました。

ついにシルクホースクラブの2017年度の募集馬詳細が公表されました。カタログとDVDは住んでる地域によって到着が1~2日前後するので、その前にPDFとYoutubeで全員が公平な条件で見られるのはよいことですね。

私は毎年募集馬データをエクセルに入力し、ソートをかけながら出資候補馬を条件ごとに絞っていきます。出資決定段階まで私情を挟まずデータでガンガン絞ることで、高い勝ち上がり率を維持し少ない予算で一口馬主を楽めていると自負しています。

ということで、現時点で募集価格別(~2000万、~4000万、それ以上)に計9頭まで絞りました。募集価格によってその馬に求めるハードルの高さも変わってくるので、今年は上記の3つのグループに分けています。ここから先はツアーに参加される方のブログを拝見し、1次で満口になりそうな候補馬がいたら申し込むかも。できれば坂路調教が始まるまで様子見をして、動画でフォームのチェックをしてから出資を決めたいです。

来週までの1週間で出資候補馬の9頭をボチボチ紹介していこうかと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク