この馬なりに。

2017/6/30 グランティエラ
松風馬事センター・馬体重:498kg
.
「現在は20~30分程度のロンジング運動後、角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。どうも伸び切ったような動きをしているため、折り返し手綱を装着してフォームの矯正に努めながら乗り込みを進めているところです。申し送りの通り右トモにウィークポイントがあり、右後肢の踏み込みが力強さに欠ける印象を受けますし、今までになかった動きを馬に課していることもあってか、大きな筋痛症状こそないものの全体的に張りが出ています。それでも崩れずに持ちこたえてはいるので、乗り固めることをイメージして積極的に攻めていくつもり。見栄えのする好馬体の持ち主だけに、中身が伴ってくれば変わってくるでしょう」(担当者)

2017/7/7
松風馬事センター・馬体重:503kg
.
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き折り返し手綱を装着し、通常メニューに戻して乗り込みを強化していますが、それでも馬体重が増えているようにしっかり耐えてくれていますね。右トモの緩さや弱さも払拭されつつあり、逞しさも出てきた印象。先週見せていた筋痛症状も概ね解消しています。いいきっかけ作りができているように思うので、このまま乗り込みを進めて更なる良化を促していきたいですね」(担当者)


近況の中で色々褒めてはくれますが、基準をどこに置いての評価なんでしょう?「この馬なりに」なのか、「地方で勝ち上がる上で」なのか、それとも「今後中央でも入着できる」なのか…。コメントのレベルがシルクホースとあまりにも違いすぎて、私はノルマンディー関係者に対して疑心暗鬼になっています(汗)。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

最悪の状態からは脱した?

2017/6/20 グランティエラ
船橋競馬場・馬体重:507kg
.
★6/20(火)船橋・ナイスサドル特別(ダ1600m)本田正重騎手 結果5着
※大野拓弥騎手が負傷のため、本田正重騎手に乗り替わりとなりました。

「まだ緩さがありますけど、これから良くなる余地があるのを感じましたよ。ハミ受けやキックバックを嫌がったりはしても、根が真面目だからか嫌がりながらもちゃんと前に進んでくれます。1600、1800mくらいの距離でバテない強みを生かせれば出番があるはずです」(本田正重騎手)


モッサリしたスタートを見て今日も惨敗を覚悟しましたが、最後はなかなかの末脚を見せ何とか5着に食い込んでくれました。十分な調教量を積めない状態でのこの結果は、この馬の素質の高さを表していると私は感じました。
しかしながら、当面は脚元の状態を見ながらだましだましやるしかないんでしょうね。ノルマンディーお得意の「下手な鉄砲数うちゃ当たる作戦」(失礼)が使えない分、期間中の勝ち上がりは難しいかもしれません。脚元不安が加齢と共にしっかりする類のものなら一旦地方へ移籍するのもアリですし、慢性的なものなら引退してもいいと思います。過去に何頭か脚部不安の馬に出資した経験がありますが、能力の如何と問わず出資者にとりモヤモヤした気分が続くものだったので…。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

力強いコメントではない。


2017/6/16 グランティエラ
美浦トレセン

☆6/20(火)船橋・ナイスサドル特別(ダ1600m)大野拓弥騎手
11日(日)に南Dコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.4-54.8-40.5-12.6を一杯に追われ、15日(木)にも北Cコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、70.2-54.9-39.9-12.9を強目に追い切りました。「火、水曜日と実際に跨って感触を確かめてみたところ、デビュー戦の前と比べて良くなっているなというのが素直な感想です。昨日の追い切りでの動きも良かったですし、脚元の状態も安定していますよ。馬体重を増やしての帰厩でしたが、もちろん成長分もありますし、調教をこなした今では見た目にも徐々に引き締まってきました。普段の動きを見る限りはレースで成長した姿を見せてくれるはずです」(清水英克調教師)


いわゆる「70-40」という調教で、平均的な強度と言われています。ラスト1ハロンを12秒台でまとめてはいるので、数値的に悪くはありません。あとはどの程度余裕を持って走れたかどうか。次走は船橋での交流戦なので当然勝ち負けを期待したいのですが、調教師のニュアンスは「この馬なりに成長している」とイマイチ歯切れがよくない。その辺りは推して測るべし、って感じなんでしょう。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

ウソ臭いなぁ。

2017/6/2 グランティエラ
美浦トレセン

KSトレセンで順調に調整され、6月1日(木)に帰厩しました。
「思っていたよりも時間がかかってしまいましたが、その分良い状態で戻ってきてくれました。馬体重も随分と増えていますね。外厩先でもトモへの負担を考慮して、坂路ではなくトラックコースを使用していたように、こちらでも同様に進めていく考えです。脚元の状態を見てその都度判断していくつもりですが、ダートコースが多くなるであろうと見ています」(清水英克調教師)

2017/6/9
美浦トレセン

4日(日)に南Dコースで5ハロンから併せ、71.7-56.3-41.2-13.3を馬ナリに追われ、7日(水)にも南Dコースで5ハロンから併せ、69.0-54.0-39.9-13.0を馬ナリに追い切りました。「一昨日は新馬2頭を内側に置いて追い切っています。日曜日と比較しても動けるようになってきましたよ。トモの緩さはあるものの、今のところは他に気になるようなところもありません。引き続き脚元含め状態はきっちりとは見ながら、このまま進めていきましょう。あと2、3週間程でレースに向かう態勢が整うと見ています」(清水英克調教師)


まだまだ一杯で追い切れる状態ではなさそうですね。厩舎の方針にもよるんでしょうが、あと2~3週間で態勢が整うとは到底思えません。どうせGCのパドック解説で「使ってから」なんて言われるんでしょうね>< 故障を発症させないよう、だましだまし2~3走使い結果次第で地方行きor引退を決めそうな匂いがプンプンします。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

どうせ。

2017/5/19 グランティエラ
KSトレセン・馬体重:528kg
.
「現在はダートコースでキャンター3500m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。17日(水)に18秒ペースのところを乗りましたが、その後も歩様が乱れることなく順調に調整を進められています。18日(木)に清水調教師が来場されて歩様および状態の確認をおこない、『早ければ来週、遅くとも来週には厩舎へ戻そうと思っているので、そのつもりで態勢を整えておいてください』と指示がありましたので、入厩に向けて今週末から徐々にペースアップを図る予定です」(担当者)

2017/5/26
KSトレセン・馬体重:530kg
.
「現在はダートコースでキャンター3500m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。帰厩に向けて更なるペースアップを図りましたが、歩様が乱れることはありませんし、トモの踏ん張りもむしろ増した印象を受けます。確実に良化の一途を辿っており、もう心配は要らないでしょう。今週に入ってから暑い日が続きましたが、バテたような様子もなく体調は安定しています。今ならトレセンでの調教にも十分耐えられるはずです」(担当者)


そもそもデビューまでの調教過程自体が、体質を考慮した緩~いものでしたからね。私も10年以上一口馬主をやっているので、コメントには出さなくても問題を抱えながらの調整であることは推測できます。短期間で急激に良化する類のものではないので、入厩後どんな調教過程を踏むかでレース結果も想像できることでしょう。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク