FC2ブログ

一喜一憂。

2018/4/6 グランティエラ
松風馬事センター
3/31(土)中山・4歳上500万下(ダ1200m)三浦皇成騎手 結果:優勝
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、3日(火)に移動しました。
「パドックでも具合の良さというのを感じてもらえたはずです。能力から見てもいつ勝ち上がってもおかしくないと思っていましたし、皇成も昨年同様上手く乗って結果を出してくれましたね。ひと息入れてあげたかったのもあり、ここで決めることができて正直ほっとしています。レースを終えて大きく傷んでいるということはありません。少しばかり息抜きをしてもらった後に5/12(土)新潟・火打山特別(ダ1200m・ハンデ)を目指して帰厩させます」(清水英克調教師)

2018/4/13
松風馬事センター・馬体重:504kg

「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。入場翌日はウォーキングマシン運動のみにとどめましたが、ダメージは見られなかったため翌5日(木)から騎乗運動を再開。今は17~18秒ペースまで引き上げて通常メニューでジックリ乗り込んでいます。今後は15-15の時計消化も織り交ぜながらしっかり調教量を積んで、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです。500万を勝ち上がった馬にしては全体的に緩さが残っており、その辺が解消してくれば、まだまだ上を目指せるのではないでしょうか」(担当者)

2018/4/20
松風馬事センター・馬体重:507kg.

「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週もお伝えした通り、1000万クラスの馬にしては全体的に緩さが残っているので、この中間は乗り固めるイメージでビシビシ乗り込んでいます。19日(木)に清水調教師が視察に訪れ、『早ければ来週にも厩舎へ戻すつもり』とおっしゃっていました。体調自体はすこぶる良く、入厩にあたって全く支障はありません。送り出しに向けてこのまま進めていきます」

2018/4/27
松風馬事センター・馬体重:512kg
.
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。全体的な緩さを解消すべく、この中間も時計消化を織り交ぜてビシビシ乗り込んでいます。あとはもう、送り出すまでに本数を積み重ねるだけ…といったところ。現状で不安なところは何もありませんね。28日(土)の検疫で入厩の予定。いい状態でお渡しできますし、使いつつ緩さが払拭されればもうひと皮剥けてくるはず。これからが楽しみですね」(担当者)

2018/5/4
美浦トレセン

松風馬事センターで順調に調整され、4月28日(土)に帰厩しました。
4月29日(日)にWコースで4ハロン57.9-41.7-13.2を単走で馬ナリに追われ、5月2日(水)にはWコースで5ハロンから併せて馬ナリに追い切りました。「水曜日は霧のため朝一の組だったグランティエラは細かな計測はできていません。5ハロンから併せて相手に対してしっかりと先着し、乗り役からは動きが良かったと報告を受けています。今朝は自分で跨って稽古をつけましたが、去年からの成長ぶりというのを十二分に感じられましたよ。5/12(土)新潟・火打山特別(ダ1200m・ハンデ)により良いコンディションで送れるよう調整していきます」(清水英克調教師)

2018/5/10
美浦トレセン
5/12(土)京都・4歳上1000万下(ダ1400m)岩田康誠騎手

6日(日)にWコースで5ハロンから1.5秒先行して併せ、71.5-55.1-40.2-12.8を一杯に追われ、9日(水)にはWコースで4ハロンから併せ、53.3-39.4-13.5を馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りでも動きに余裕があって文句なし。前走から一旦小休止をはさんでリセットできたのが良かったのでしょうね、順調に態勢を整えられたと思います。想定の段階で目標としていた新潟への出走は叶わないと見て昨日の時点で京都へと切り替えました。まだ緩さを残すグランティエラですが、クラスが上がって現状どれくらいやれるのか期待を持って送り出します」(清水英克調教師)

2018/5/12
京都競馬場・馬体重:504kg
5/12(土)京都・4歳上1000万下(ダ1400m)岩田康誠騎手 結果13着

「スタートセンスが抜群でゲートからの出が速く、そのまま流れに乗って競馬したかったのですが、テンからのペースに戸惑ったのか序盤は外へ外へと逃げ気味。なんとか矯正できて左右に馬を置いて我慢させるも、被されると今度は頭を上げて抵抗する面を見せてしまった。そんな感じで今日は抱えて走らせられるところがなく、終始促しながらのポジションキープで、4角ではもう手応えがなかった。乗り味のいい馬で、ここが壁になるとも思いませんが、クラス慣れは必要かもしれません」(岩田康誠騎手)

2018/5/18
松風馬事センター

.5/12(土)京都・4歳上1000万下(ダ1400m)岩田康誠騎手 結果13着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、15日(火)に移動しました。
「クラスが上がってスピードの違いもありますが、行きっぷりがいつもと比べてひと息な印象がありましたね。それであれば無理して前にいかなくとも良かったのかもしれません。とはいっても昇級緒戦ですから悲観する必要はないと思っていますし、馬自身がまだ良くなる気配を出している中で周りがジタバタしてもいいことはありません。焦らず行きましょう。降級してすぐはどうしても混み合いますし、一度レースの疲れをとってリセットしてもらうためにも松風に出しました。脚元等には大きなダメージはありませんので、向こうでも乗り込んでもらいながら次へ向けてのスケジュールを練っていきましょう」(清水英克調教師)

2018/5/25
松風馬事センター・馬体重:513kg
.
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。入場日から3日間はウォーキングマシン運動のみにとどめ、18日(金)から騎乗運動を再開。週明けから徐々に調教を強化していますがレースの疲れや馬体の傷みはなく、ここまでは順調そのものです。今後は時間経過に応じて更なるペースアップを図り、いつ声が掛かってもいいように調整を進めていきます」(担当者)


前走は期待が高かっただけにちょっと残念でした。でも関係者のコメントにもあるようにこれからの馬ですし、他のノルマンディーの活躍馬のように、勝ち負けを繰り返しながらいつの間にかオープン馬に、といった出世を期待しています。

ちょっと間隔を空けてから使うような感じですし、次走は8月の新潟開催になるのではないかと思いました。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク