勝ち上がりには時間が必要。

2018/3/9 アインツェルカンプ
宇治田原優駿ステーブル
3/03(土)小倉・3歳未勝利(ダ1000m)丹内祐次騎手 結果7着

この後はトレセン近郊の京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、6日(火)に移動しました。
「スタート後に外の馬と接触したこともあって出負けしましたが、1000mだとテンに忙しいようですね。丹内騎手もコメントしていたように、現状では1200~1400mくらいの方が競馬がしやすいようです。トレセンに帰厩後は連闘の疲れが窺えることから、一旦放牧に出すことにしました。次走は3回京都開催(4/21~)の前半を視野に入れており、距離を延ばしてみる考えです」(牧田和弥調教師)

2018/3/16
宇治田原優駿ステーブル・馬体重:474kg
.
「現在は600mの馬場をハッキングキャンターで1800m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。レースを使ったことによる疲れはそれほど見られませんし、飼い葉もしっかり食べています。状態面に関しては問題なさそうです。ただ、どうも普段から右手前で走ることが多いようで、その対角にあたる左トモに疲れが出やすいタイプのように見受けられます。それに、まだトモが緩いせいかハミにモタれて走っている印象。体全体を上手に使って、両方の手前でバランス良く走れるように促しながら調整を進めていくつもりです」(担当者)

2018/3/23
宇治田原優駿ステーブル・馬体重:480kg
.
「現在は600mの馬場をダクとキャンターで1800m~2400m(キャンターは18秒ペース)、坂路コースを1本(16秒ペース)のメニューで調整中です。この中間からペースアップを図っていますが、飼い葉食いは落ちていませんし、脚元に関しても問題なし。ここまでは至って順調です。まだ腰が甘いせいかハミにぶら下がっている印象で、前輪駆動の走りは変わっていません。その辺が解消すればグンと良くなるはず。来週末に15-15の時計消化をおこなう予定で、問題がなければ再来週から週2回に増やして乗り込みを更に強化するつもりです」(担当者)

2018/3/30
宇治田原優駿ステーブル・馬体重:484kg
.
「現在は600mの馬場をダクとキャンターで1800m~2400m(キャンターは18秒ペース)、坂路コースを1本(16秒ペース)のメニューで調整中です。馬体重は先週から4kg増えていますが、筋肉量が多くなって数字以上にフックラ見せています。ハミにぶら下がるような感じの走りは大きく変わっていないものの、その辺はトモに力が付いてくれば解消してくるでしょう。牧田調教師から『再来週の検疫で厩舎に戻す予定』と連絡がありましたので、明日31日(土)から15-15の時計消化をおこなう予定。疲れや反動がなければ来週から週2回に増やし、送り出しに向けて態勢を整えていきたいと思います」(担当者)

2018/4/6
宇治田原優駿ステーブル・馬体重:481kg
.
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで1800m~2400m、坂路コースを1本(16~17秒ペース、週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に乗り込んでいます。まだ緩いせいか速い時計を出した時の動きには若干物足りなさが残るものの、現状で特に気になるところはありません。先日、牧田調教師が視察に訪れ、『再来週くらいには厩舎へ戻す予定』とおっしゃっていました。帰厩に向けてこのまま進めていくつもりです」(担当者)


掲示板に載ったこともありますが、優勝馬との着差を考えれば楽観視できるものではありません。パドックでの動きを見ても、そもそも勝ち負けできるような前への推進力を感じません。ここまでの考えを見てもらっても分かるように、私の中では「出資しない方がよかったかな」と感じる馬です(笑)。2~3歳戦が全てという血統ではないので今後の成長に期待はできますが、この世代の育成のマズさとい相まって希望が見出せないですね。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク