何にしてもまず1勝。

2018/03/08 テネイシャス
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:8日にCWコースで追い切り
       藤岡康 3. 8CW良 82.5- 66.9- 52.6- 39.1- 11.7[7]強目追鋭く
       ジュピターカリスト(三未勝)一杯の内を0.6秒追走0.4秒先着
次走予定:中京3月18日 ダート1,800m(牝)〔藤岡康太〕

池江泰寿調教師「8日にCWコースで追い切りました。藤岡康太騎手に感触を確かめてもらったところ、『まだトモがしっかりしていないことで、スッと対応できないところがありますが、その中で追い出しにかかると先着しているように、能力はかなり良いものを持っていますね。可動域はもっと伸びそうな雰囲気がありますが、力みがある為に前に出てこない感じです。ただ、力みがあっても折り合いを欠くことはなく、とても乗り易い馬なので、もう少しゆったり構えられるようになれば、より良い走りを見せてくれるようになると思います』と言っていました。普段はとても大人しい馬ですが、走りだすとグッと力んでしまうのかもしれません。その中でしっかり先着しているように動きは上向いてきているので、いい状態で来週の競馬に臨めると思います」

2018/03/15
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:14日にCWコースで追い切り
       助 手 3.14CW良 55.1- 40.0- 12.1[8]直強目余力
次走予定:中京3月18日 ダート1,800m(牝)〔藤岡康太〕

担当助手「14日にCWコースで追い切りました。先週しっかり時計を出しているので、今週は半マイルだけ時計を出しました。軽く促しただけでスッと反応してくれましたし、動きから未勝利にいるような馬ではありません。骨折した脚元もここまで不安なく進められましたし、この休養期間にパワーアップしてくれているので、いい状態で復帰できると思います。姉のクインアマランサスがダートで良い競馬をしていることから、テネイシャスも適性が十分あると思いますので、いい位置に取り付けることが出来れば勝ち負けしてくれると思います」

2018/03/19
3/18(日)中京1R 3歳未勝利〔D1,800m・14頭〕8着[2人気]

1番枠からスタートを決めると、促してハナに立ち後続をリードします。3,4コーナーで外から競りかけられると手応えが怪しくなり、直線はズルズルと後退し8着に敗れています。
藤岡康太騎手「スタートが良く行き脚も付きましたし、追い切りに騎乗した際に『力を発揮すれば勝てる』と感じていたので、小細工せずにハナを主張していきました。流れはそれほど速くなかったと思いますが、3コーナーで来られてから手応えに余裕がなくなり、最後は脚が上がってしまいました。ダートの走りは悪くありませんでしたし、あれだけ行き脚が付くのですから合わないとは思えませんが、もう少し水分を含んだ馬場の方がいいのかもしれません。それに道中は凄く力むというわけではありませんでしたが、出していったせいか余裕のない走りになっていましたし、コーナーで外に張る感じもありました。主張したのが裏目に出てしまったのかもしれません。人気を裏切る形になり申し訳ありません」
池江泰寿調教師「楽な感じでハナに立つことが出来ましたし、道中はいい感じに進められているなと思って観ていたのですが、直線は思ったほど粘れませんでしたね。ペースが速いわけではなかったと思いますし、直線早々で手応えが怪しくなったのを見ると、久々の影響が大きかったのかもしれません。この後は脚元のこともありますし、トレセンに戻ってからの状態を見てどうするか決めたいと思います」

2018/03/21
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

池江泰寿調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースの疲れが少し見られるものの、飼い葉食いは安定していますし、体調も変わりありません。前走は久々で力みがあったことから、最後はバテてしまいましたが、次は良くなってくるはずです。ダートの走り自体は悪くありませんでしたので、次走に備えてしっかり乗り込んでいきたいと思います」

2018/03/29
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:福島4月15日 ダート1,700m(牝)

池江泰寿調教師「先週一杯は馬体回復に専念し、今週から普通に乗り出しています。特に傷んだところもなく、体調も変わりないので、このまま次走に向けて進めていきたいと思います。前走はもう少し抑え気味に追走していればそこまでバテることはなかったと思いますが、久々で気持ちが前向き過ぎたところも窺えましたので、それを考えると距離を短くする方が良いのかもしれません。ただダート1,400mの牝馬限定戦があれば一番いいのですが、暫く適鞍がありませんし、さすがに牡馬相手となると強い馬が出てくると思います。それなら小回りのダート1,700mなら対応できると思いますので、4月15日の福島・ダート1,700m(牝)に向かうことにしました。輸送はデビュー戦で経験済みですし、体調さえしっかり整えておけば問題ないと思います」

2018/04/04
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:4日にCWコースで追い切り
       助 手 4. 4CW良 85.1- 67.7- 52.9- 39.5- 12.3[7]馬なり余力
       シロニイ(古1600万)馬なりの内に1.0秒先行0.3秒遅れ
次走予定:福島4月15日 ダート1,700m(牝)〔中谷雄太〕

池江泰寿調教師「4日にCWコースで追い切りました。競馬が来週に控えていますので、併せて反応を確認しましたが、遅れをとったものの、最後まで無理しなかったので気にしなくて良いでしょう。前走を叩いていい意味でピリッとしたところが出てきており、中身もしっかりしてきていると思います。来週は福島までの輸送が控えていますので、無理しない程度で調整するつもりです。ジョッキーは中谷雄太騎手にお願いしました」


前走は確かにやや強引な位置取りでしたが、あの程度でバテるということは、現時点で他馬と紙一重の実力差しかないということ。次走は鞍上中谷騎手で福島の牝馬限定戦ということで、将来に向けてちょっと希望を持ちづらいレース選択になりました。ただ、何にしてもまずは1勝し、その後も無事にレースに出続けなければ先はありません。
無理をして高額な募集馬に出資すると、どうも期待だけが先走って穏やかな心でいられません^^; 今年度以降は身の丈にあった募集馬のみに出資した方がよさそうですね。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク