FC2ブログ

新年早々、出資馬の走る姿が見られる喜び①

2017/12/21 ヴェロニカグレース
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで20日に時計
       助 手 12.20 南W良 68.7- 54.5- 40.9- 13.8[6]馬なり余力
       シンキングダンサー(障オープン)馬なりの外に0.8秒先行3F付同入
次走予定:1月8日の中山・芝2,000m〔津村明秀〕

武市康男調教師「20日に南Wコースで時計を出し、併走馬に先行する形から直線は外に併せて同入しました。コースで長めから行った1本目にしては最後までしっかりと動けていました。帰厩後は久々のせいかテンションが高かったのですが、今週に入りようやく落ち着きが出てきました。ただ今回は飼い葉食いがもう一つなので、もう少し食べてほしいところです。年明けの中山・芝2,000mを予定していますが、鞍上は津村騎手に依頼しています」

2018/01/04
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで3日に時計
       助 手 1. 3南W良 70.4- 54.8- 40.1- 13.6[8]馬なり余力
       フジサンデルタ(新馬)末強目の外に0.6秒先行0.2秒遅れ
次走予定:1月8日の中山・芝2,000m〔津村明秀〕

武市康男調教師「3日に南Wコースで時計を出しました。先週は後ろから追いかけてしっかりと負荷をかけたので、今週は馬なりで70‐40ぐらいのところを行いました。併走馬をリードし、外に併せて最後は少し遅れる形になりましたが、手応えにはまだ余裕がありましたし、いい感じで動いていました。先週はトモがやや流れる感じがあったのですが、中間に筋肉の治療を行った甲斐があり、今週の追い切りの感じはとても良かったですよ。久々になりますが、力を出せる仕上がりですし、時間をかけた分フレッシュな状態で競馬に向かえると思います」


レース前にこんな事を言うのもなんですが、相手関係にかなり恵まれましたね。他馬の戦績や上がりタイムを比較すれば、道中ちょっとやそっとの不利があっても、未勝利戦のように直線だけで挽回できるだけの能力差があると感じます。まあここはあくまで通過点でしかないので、怪我なく勝ってもらって初めて喜びたいと思います。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク