斬れるハービンジャー産駒。

2017/07/24 ヴェロニカグレース
7/22(土)福島5R メイクデビュー福島〔芝1,800m・14頭〕3着[6人気]

スタート後に内に寄れて行き脚が付かず、中団の内目でレースを進めます。3,4コーナーで内ラチ沿いを通って徐々に差を詰め、直線は外に進路を取って追われると、素晴らしい伸び脚を見せますが、前半の遅れが響き3着まで追い上げたところでゴールしています。
石橋脩騎手「スタートは反応しているのですが、真っ直ぐに出られなくて遅れてしまいました。今日勝つことだけを考えるなら、出していってポジションを取りに行くことも出来ましたが、調教や返し馬ではハミをグッと噛んでしまう雰囲気があったので、今後のことを考えるとそういう競馬をさせるわけにもいかず、最低限出していき、すぐに内に入れて馬の後ろで脚を溜める乗り方をしました。1週前の追い切りでは物足りなかった反応は凄く良かったですし、前半脚を溜められた分、最後はしっかりと伸びてくれました。もう1つ、2つ前のポジションで同じ乗り方が出来れば、結果は違ったと思います。また、勝負どころで一旦下げて外に出した方がスムーズだったかもしれません。いろいろ反省点が見えてくる乗り方で申し訳ありません。でも凄くいいところがありますし、楽しみな馬ですよ」
武市康男調教師「スタートは出ているんですけど、大跳びで器用さがあまりないから、モタモタしてしまいましたね。返し馬から少しハミを噛むところがあったことから、石橋騎手は馬の後ろで脚を溜める競馬をしてくれたようですが、最後はいい脚を使ってくれました。石橋騎手もびっくりするぐらい切れる脚を使ったそうです。着差だけを見ると最初の位置取りの差だけだと思います。もう少し流れて馬群がバラけてくれれば、もっと捌きやすかったと思います。でもデビュー戦からこういう競馬をしてくれると、今後のレース選択の幅が広がりますね。入厩からゲート試験、そして競馬へ向けてと、ここまで結構攻め込んできましたから、疲れが溜まってきているのは間違いありません。ここで一旦放牧に出し、疲れを取ってから改めて次に向かいたいと思います。放牧先での状態を見ながら、具体的な予定を立てたいと思います」


これはいい馬をを引きあてた気がします。レース結果自体は残念でしたが、陣営が先々を考えて目先の勝ちにこだわらなかったから。もっと高額募集馬だったら、ディロスのように函館に運んで必勝態勢で臨んでいたでしょう(笑)。でも負け方が戦前に想定された範囲でしたし、ラスト1ハロンだけで3着まで持ってきた能力は、勝ち馬以上のものを感じました。

ハービンジャー産駒だから中山は不得意ではないでしょうが、本命はもちろん東京コース。疲れの抜け具合や帰厩後の仕上がり次第で復帰戦を決めればいいでしょう。マイル戦ではこの馬より適性の高いライバルがたくさんいるでしょうから、春になってフラワーCやフローラSなどの牝馬限定中距離戦が充実するまでに勝ち上がればいいと私は思っています。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク