まずは無事に。

2017/07/13 ヴェロニカグレース
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで12日に時計
       石橋脩 7.12南W良 66.8- 51.7- 37.1- 12.7[4]馬なり余力
       トゥモローアンセム(新馬)一杯の内を0.8秒追走同入
次走予定:7月22日の福島・芝1,800m(牝)〔石橋脩〕

武市康男調教師「12日に石橋騎手が騎乗し南Wコースで時計を出しました。3頭縦列の後方から最後は内に併せて同入しました。大跳びですし、気持ちがまだフワフワしていることもあり、石橋騎手は『あまり時計は出ていない』と思ったようですが、実際はなかなかの好時計が出ていましたね。見ていてもそれほど速いとは思いませんでしたが、こちらが思っている以上に動いていました。これでだいたい態勢が整ってきましたので、来週の福島・芝1,800m(牝)でデビューさせようと思います。鞍上は石橋騎手にお願いしました。来週の追い切りにも騎乗してもらい、半マイルから調整程度に行う予定です」 石橋脩騎手「12日の追い切りに騎乗しました。道中は楽ですし、追いつこうと思えば、すぐに動けるのですが、直線でトップギアに入れようとすると気持ちの面なのか、まだ走り方がわからないだけなのか、反応がもう一つでした。ですから教えるつもりで、ゴール過ぎてからも1,2コーナーまで促していきました。気になったのはその点ぐらいで、ここまで順調に調整されていることがわかりました。聞いていた通り、上がりの息遣いはもう一つでしたが、それで走れないということはないと思います」


今週の追い切りは期待を膨らませるに値する好タイムでした。つい先月まで様子見できた上で出資した馬なので、今後の成長曲線はともかく、2歳時の能力ぐらいは見通せないと一口馬主の金銭的負担は計りしれません。偉そうなことを言うつもりはありませんが、私は他の方より出資に回す軍資金が少ない分、出資馬の勝ち上がりに対してとてもシビアです。そんな私が仕上がり具合に確信を得て出資した馬なので、2歳の早い段階で勝ち上がるのは間違い合ないでしょう。とはいえ当面の目標は来春の牝馬クラシックへの挑戦なので、レースの間隔を空けながらボチボチ上のクラスへ上がればいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク