スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状態はいいみたい。

2017/06/29 ヴェロニカグレース
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで28日に時計
       調教師 6.28南坂稍 53.7- 39.9- 26.4- 13.5 馬なり余力
       サクラトップライフ(新馬)一杯を0.3秒追走0.2秒先着
次走予定:7月22日の福島・芝1,800m(牝)、もしくは7月23日の福島・芝2,000m

武市康男調教師「28日に坂路コースで時計を出し、併走馬を追走から先着しました。やはり動きますね。最後は併走馬を待つ余裕がありましたので、まだ脚は溜まっていたと思います。ただまだ体は立派ですし、そのせいか息遣いがもう一つです。デビューは福島4週目ぐらいと思っているので、それまでには下で長めに2本ぐらい追い切りたいところですが、まだ脚元が固まっていないところもあるので、今後の進め方は慎重に判断したいと思います」


ここの馬にあわせてギリギリの仕上げの見極めができるかどうか。私はこれが良積を残す調教師の必須条件だと思っています。脚元が固まっていないのであれば、逆に1戦必勝で仕上げ、間隔を空けて出走させるのも一つの考え方です。

獲得賞金1億円を超える所属馬がいない中で、今年の武市厩舎は全国リーディング19位と素晴らしい成績を残しています。調教師なりに何らかの改善を積み重ねての結果だと思うので、ぜひその成果をヴェロニカグレースにも惜しみなくつぎ込んでもらいたいですね。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。