ダービーが終わり…。

私のような零細出資者はダービーに出走するような血統(=高額)馬に出資することはめったにありませんが、そこから何かを感じて自分の土俵に生かす姿勢は常に持つべきだと思います。今回も足りない脳みそを絞り出していくつか書いてみます。

○皐月賞の叩き台化
この世代は1着のレイデオロ…年末のラジオNIKKEI賞→3ヶ月半の休養を挟んで皐月賞→ダービー、2着のスワーヴリチャード…共同通信杯→2ヶ月の休養を挟んで皐月賞→ダービー をはじめ、ペルシアンナイトも含めてトライアルと呼ばれるレースを経ずに皐月賞に出走した有力馬の多さが目立ちました。調整のしやすさや消耗度の少なさなどメリットも多数。競馬界に「3冠絶対主義」が薄れつつあるのかもしれません。しばらくの間は1つのトレンドになるでしょう。

○母父シンボリクリスエスの威力
サンデー系の種牡馬に付けやすいこと、小柄な種牡馬との間にも馬格に期待ができる、血統界で信頼性の高い「ナスキロ」血統を母系に持つなど、こちらもメリット多数。そして初年度から社台の良血牝馬に片っ端から付けられた経緯もあり、今後は数が増えるであろう募集馬も、値段の割に良血な牝系の出身である可能性が高い。今年度の募集馬からちょっと気にしてみようと思います。


○やっぱり上位種牡馬
ダービー上位5頭の父はキンカメ、ハーツ、ディープとお馴染みの顔ぶれ。募集価格が高額になりやすいので私には不都合なデータですが、頂上を目指すには避けては通れない現実。と言うか、生産界(馬主界?)は東京2400mを基準に生産(売買)されているということですね。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク