ようやく入厩。

2017/8/15 アインツェルカンプ
ノルマンディーファーム

現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も緩めず乗り込まれており、週2回はハロン15~16秒台のペースで元気良く坂路を駆け上がっています。前肢の可動域が徐々に広くなってきたことで走りがよりスムーズになっていますし、他馬と併走しても負けん気の強さを見せている点に競走馬としてのセンスの高さを垣間見ることができます。来月中には小野町へ移動させたいと考えています。

2017/8/25
ノルマンディーファーム小野町 馬体重:494kg
.
北海道・ノルマンディーファームで順調に調整され、19日(土)に福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動しました。
現在は30分~1時間程度のウォーキングマシン運動のみにとどめています。今週から馬場入りを再開する予定だったのですが、マシン運動だけでかなりの発汗が見られたため、ひとまず今週一杯はマシン運動のみにとどめて様子を見ることになりました。輸送熱こそなかったものの、北海道からの輸送による疲れや暑さの影響が少なからずあるのでしょう。今は飼い葉もしっかり食べていますし、一時のひどい発汗も見られないことから、問題がないようなら週明けから騎乗運動を再開する予定です。


2017/9/1
ノルマンディーファーム小野町 馬体重:490kg
.
現在は馬場3周を上限20秒ペースのメニューで調整中です。予定通り週明けから馬場入りを再開しましたが、まだまだ基礎体力が不足している印象は否めませんし、物見が激しくて集中力にも欠ける感じ。先週のような発汗こそ今は見られないだけに、当面の間はジックリ乗り込みながら課題の克服に努めていきます。

2017/9/8
ノルマンディーファーム小野町 馬体重:487kg
20170908.jpg
現在は馬場3周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整中です。7日(木)から坂路も取り入れて乗り込みを強化していますが、馬場3周を回る頃には苦しそうにしているので、まだまだ体力不足の感は否めません。こちらの環境に慣れてきたのか、だいぶ落ち着きは出てきた印象。引き続きジックリ乗り込んで体力強化に努めていきます。


2017/9/15
ノルマンディーファーム小野町 馬体重:491kg
.
現在は馬場3周と坂路1本を16~18秒ペースのメニューで調整中です。トラックコースの3周目はだいぶハミにモタれていて、まだまだ体力が不足している感は否めません。ただ、こちらにきた当初のような体調不良はそれ以降全くなく、順調に乗り込めているのは何より。引き続き基礎体力の強化に努めていきます。


2017/9/22
ノルマンディーファーム小野町 馬体重:491kg
.
現在は馬場3周と坂路1本、もしくは馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今日22日(金)に15-15の時計消化をおこないましたが、付いていくのに精一杯という感じ。シルエットはだいぶスッキリしてきたとはいえ無駄な脂肪が残っており、もう10~20kgは絞りたいところ。今後もジックリ乗り込んでいくつもりです。なお、今後は栗東近郊の外厩で調整を進めていくことになり、来週にも移動する予定です。


2017/9/29
小松トレーニングセンター .

今後は石川県・小松トレーニングセンターで調整を進めていくことになり、26日(火)に移動しました。
「現在は600mの周回ウッドチップコースをダクで1500m、ハッキングキャンターで1800m、キャンター(上限20秒ペース)1200mのメニューで調整しています。入場時に輸送熱が出た(9度6分まで体温が上昇)ため、すぐに抗生物質を投与したところ翌朝には平熱に戻っていました。27日(水)はウォーキングマシン運動にとどめたものの、全く問題はなかったので28日(木)から騎乗運動を再開しています。一緒に入場したタマヒカルの15と併せ馬をやっていますが、今のところ脚元を含めて気になるところはなく、時間経過に応じてペースアップを図っていけるでしょう」(担当者)

2017/10/6
小松トレーニングセンター
.
「現在は600mの周回ウッドチップコースをダクで1200m、ハッキングキャンターで1800m、キャンター(18~20秒ペース)1200m、600mの坂路1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。到着直後の輸送熱の影響は全くなく、この中間もタマヒカルの15をパートナーにして順調に調整を進めています。体つきもシャープにまとまってきた印象を受けますし、落ち着きもあってこちらの手を煩わせるようなこともありません。来週からペースアップを図り、入厩に向けてネジを巻いていくつもりです」(担当者)

2017/10/13
小松トレーニングセンター.

「現在は600mの周回ウッドチップコースをダクで1200m、ハッキングキャンターで1800m、キャンター(18~20秒ペース)1200m、600mの坂路1本(18秒ペース、週2回は16秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き乗り込みは順調に進めており、状態もグンと上向いています。背丈はありませんが、体はしっかりしてきた印象。牧田調教師に報告したところ、『速めの時計消化を織り交ぜながら、どんどん進めていってください』とのことでしたので、入厩に向けて更なるペースアップを図るつもりです」(担当者)


2017/10/20
小松トレーニングセンター

.「現在は600mの周回ウッドチップコースをダクで1200m、ハッキングキャンターで1800m、キャンター(18~20秒ペース)1200m、600mの坂路1本(17~18秒ペース、週2回は15~16秒ペース)のメニューで調整中です。調教もしっかり動けていますし、飼い葉もしっかり食べていて体調は良さそうです。ここまでは至って順調。厩舎からいつ声が掛かってもいいように、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)

2017/10/27
小松トレーニングセンター

「現在は600mの周回ウッドチップコースをダクで1200m、ハッキングキャンターで1800m、キャンター(18~20秒ペース)1200m、600mの坂路1本(17~18秒ペース、週2回は15~16秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き順調そのもの。攻め馬もしっかり動けていますし、飼い葉もちゃんと食べていて、体つきにもだいぶ逞しさが出てきた印象。入場当初に比べてグンと良くなりましたね。明日28日(土)の検疫で入厩の予定ですが、いい状態で送り出すことができるでしょう」(担当者)


あまりにも近況に変化がなかったので、あれよあれよという間に3ヶ月振りの更新となりました^^; 先日の募集馬見学ツアーで牧雄社長も弁解されていたようですが、ノルマンディー現2歳世代は牧場で青草を食べさせ過ぎたせいで調整に時間がかかり、巷では「ゆとり世代」とまで揶揄される始末。この馬もNF小野町では体力不足を酷評され、1ヶ月ほどで小松トレーニングセンターへ放り出されてしまいました。この時期に2歳馬の乗り込みなんぞに人員を割けないんでしょう。それでも何とか週末にはトレセンへ入厩できる運びとなりました。

追い切りの調教タイムを見て愕然とならなければいいのですが…^^;
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

至福のひと時。

2017/10/04 ヴェロニカグレース
在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

武市康男調教師「レース後も大きな問題はありませんでした。右前のソエを若干気にしますが、それほど痛みはありません。ただ今後も大事に行きたいので、予定通りに一旦放牧に出し、状態を見ながら次の予定を決めたいと思います」

2017/10/13
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回トレッドミルでキャンター、残りの日はミニトラックで軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「この中間はトレッドミルの調整と、ミニトラックで軽めの調整を一日置きに行い、トレッドミルの方で徐々に負荷を強めています。ソエは多少気になりますが大したことはありません。ただ背腰に疲れがありますので、ケアを続けています。冬毛が伸びていますし、今回は頑張ってくれたので、まずはリフレッシュに専念する方がいいでしょう」馬体重469㎏

2017/10/20
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「レースの疲れは徐々に取れてきたので、周回コースで軽めのキャンターの調教を開始しました。引き続きソエは落ち着いていますが、今後も背腰を含めケアを行いながら、徐々に進めていきたいと思います」馬体重472㎏

2017/10/27
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、周回コースで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「ここまで疲労回復に努めてきましたが、だいぶ疲れは取れてきましたので、今週から坂路コースでハロン14秒ペースの調教を開始しました。馬体の張り・艶もだいぶ良くなってきましたので、これから状態を見ながら徐々に進めていきたいと思います」馬体重470㎏


昨日更新された天栄での調教動画を見ましたが、レースで見せてくれた通りの素晴らしいバネの持ち主です。血統通りに考えれば中山でしょうが、トビの大きな走法と母父がジャングルポケットである事を考えると、一度は東京でも走らせてみたいと思っちゃいます。こんな妄想をする時間が、一口馬主として最高のひと時ですね^^

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

外的要因で入厩叶う。

2017/10/13 テネイシャス
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒
次走予定:未定

厩舎長「先週一杯は軽めの調整で疲れを取り、今週から調教を開始しています。若干これまでの疲れからか、スクミの症状が窺えます。軽いものなので、ケアを行いながら調整していけば良くなってくるでしょう。馬体を見ても腰高でこれから良くなる馬体をしているので、今回の休養で更に成長が促せるように努めていきたいと思います。馬体重は495kgです」

2017/10/20
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定

厩舎長「調教を開始後も特に状態は変わりなかったことから、この中間から坂路でハロン17秒のキャンターを開始しています。今朝、池江泰寿調教師が状態を確認したところ、『雰囲気は悪くなさそうですね。このままドンドン進めてください。調子が上向いたところで帰厩の段取りを組みたいと思います』と仰っていました。早めにリフレッシュしたことで疲れが取れるのも早かったですし、馬体はふっくらとして体調は良いので、このままハロンペースを上げながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は490kgです」


2017/10/26
在厩場所:24日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:26日にCWコースで追い切り
       西 谷 10.26CW稍 57.4- 41.1- 12.0[8]馬なり余力
       ロングランメーカー(二未勝)馬なりの内同入
次走予定:東京11月18日 芝1,600m(牝)〔戸崎圭太〕

担当助手「24日にトレセンに帰厩し、25日から調教を開始しています。26日はCWコースで半マイルから時計を出し、どれぐらい動けるのか確認しましたが、放牧先でしっかり乗り込んでもらっていたことで動きは良かったですよ。11月18日の東京・芝1,600m(牝)を戸崎騎手でデビューする予定なので、このまま徐々にピッチを上げて行きたいと思います」


管理馬の扱いを巡りRサラブレットクラブとの関係に問題が生じ、委託馬を全て引き揚げられて馬房に空きができたので、急ではありますがめでたく入厩する運びとなりました^^
しかしネット社会って怖いですねぇ。情報を突き合わせることで閉鎖的な競馬社会の一部始終が、外部の人間にまで筒抜けになってしまいます。
まあ経緯はどうであれ、11月中にデビューできるようになったのは出資者にとって喜ばしい事です。この馬の能力に関しては全く心配していないので、陣営が上手く調整してくれる事を祈るのみです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

早くも入厩。

2017/10/13 グランティエラ
KSトレセン 馬体重:508kg
.
「現在はダートコースをキャンターで3000m(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。以前、股関節を痛めたことがある馬ですから、引き続きフラットコースで長めをジックリ乗り込んでいます。その効果もあって馬体が引き締まってきましたし、以前に比べてだいぶ逞しさが出てきた印象。引き続き順調そのものです。まだ厩舎サイドから具体的な入厩時期についての言及はありませんが、いつでもお渡しできるように引き続き乗り込みを進めていくつもりです」(担当者)


2017/10/20
KSトレセン 馬体重:508kg
.
「現在は1周800mのダートコースをキャンターで3000~3500m(17~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も引き続きフラットコースで入念に乗り込んでいます。だいぶ毛ヅヤも良くなり、コンディションが上向いてきた印象。様子を見ながらにはなりますが、今後は坂路に入れることも検討したいと思います。ただ、ミスステップして股関節を再び痛めてしまうリスクがあるだけに、フラット中心には変わりありません。いずれにしても、厩舎から声が掛かってもいいように乗り込みを進めていくつもりです」(担当者)

2017/10/27
浦和競馬野田トレーニングセンター

KSトレセンで順調に調整され、今日27日(金)に浦和競馬野田トレーニングセンター・小久保智厩舎に入厩しました。
「これまでの成績、走りからも、年内に2勝してJRAへの再登録が可能な馬だと思っています。今後は第7回浦和開催(11/20~)での出走を目指し、逆算して調整していくつもりです。すぐにお返しできるよう最善を尽くしますので、どうぞよろしくお願いします」(小久保智調教師)


年内に2勝って随分鼻息が荒いですねぇ。地方移籍は時間の猶予を与える意味合いもあるんだから、そんなに早く帰ってきてもらっては困るんですけど…。地方の事を私は全く知らないので、この馬を通じて競馬場ごとのレベルや特徴を知ることができたらと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

思ったより慎重。

2017/10/13 ナイトバナレット
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定

厩舎長「腫れと熱感はだいぶ治まってきたことから、今週からトレッドミルでダクの運動を開始しました。脚を曲げるとまだ少し痛みはあるようなので、もう暫くは無理しない程度に調整していきたいと思います。定期検査では骨や筋には異常は見つかりませんので、水で冷やしてケアしておきます。馬体重は513kgです」

2017/10/20
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定

厩舎スタッフ「先週からトレッドミルでダクを開始しましたが、運動後も脚元が気になることもなく、順調に進められていたことから、今週から軽めのキャンターを開始しています。移行後も腫れや熱感が出ることなく、順調に運動を継続出来ていますので、このまま徐々にペースを上げて行きたいと考えています。馬体重は511kgです」

2017/10/27
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定

厩舎長「トレッドミルでキャンターに移行後も、脚元の状態は変わりなく、体調も良好です。もう暫くはじっくり進めていく必要はあると思いますが、段階を踏みながら進めていくことが出来ているので、状態を確認しながら騎乗調教へ移行出来るように調整していきたいと思います。馬体重は520kgです」


帰厩直前のアクシデントから早1ヶ月。未だにトレッドミル運動が続いています。ホントに腱に問題がなかったのか疑いたくなるようなスロー調整です。血統的にもこれより上のクラスでバリバリ活躍するような期待はかけづらいですが、それでもせっかくの当たり馬に出資できたので、もうちょっと稼いでもらいたいというのが偽らざる本音です。

しがらきの皆さん、よろしくお願いしますね!

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

コンスタントに…。

2017/10/10 ウィッシュノート
10/9(月)京都7R 3歳上500万下〔D1,200m・16頭〕8着[9人気]

ブリンカー着用。五分にゲートを出ると、スッと好位に取り付けて内目5番手あたりを追走、最後の直線で外に出して追い出しにかかりますが、ジリジリとしか脚を伸ばせず8着に敗れています。
北村友一騎手「前走よりいい枠を引いたので、ある程度の位置に付けてロスのないように立ち回りました。最後の直線ではスムーズに外へ出して追い出しにかかりましたが、脚を溜めきれなかったことでジリジリとしか伸びてくれませんでした。未勝利の時は同じような競馬でも対応してくれましたが、今回のようにスピードのある馬が相手だともっと力を付けないといけませんね。レース内容は安定してきましたし、3歳馬で良くなってきている段階ですから、これからの調整に期待したいですね」
安田隆行調教師「勝負どころまでリズムを崩すことなく、いいレース内容だったと思いますが、少し気分良く追走した分、脚を溜め切れなかったのかもしれません。未勝利と違って今回の勝ち馬のようにスピードのある馬が揃うとじっくり脚を溜めても届かないことがあるので、今の競馬を続けて力を付けてくれれば通用してくるようになるでしょう。まだ3歳馬で成長の余地を残していますし、経験を積みながら強くなってほしいと思います。レース中に左トモを引っ掛けられた為に外傷があるので、その状態を確認したうえで、今後の予定を検討させていただきます」

2017/10/11
在厩場所:栗東トレセン/12日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

担当助手「左トモの外傷は軽傷ですぐ治まるとのことでした。レース内容は悪くなかったと思いますが、あれだけリズム良く追走しながら差を詰め寄れなかったということは、時計が速くなりやすい京都より、最後に坂がある阪神や中京の方がこの馬には向いているかもしれませんね。放牧先ですぐ乗り出せるようであれば、12月の阪神・中京開催を目標にしたいと思っています。12日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」

2017/10/20
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:角馬場、坂路でハロン17秒
次走予定:第5回阪神開催、もしくは第4回中京開催

厩舎長「先週一杯は疲れを取る為に軽めの調整を行いました。レースの疲れは窺えますが、調教を行う分には問題ありませんので、今週から坂路で乗り出しています。安田隆行調教師から12月の阪神開催、もしくは中京開催を予定していると聞いていますので、そこを目標に進めていきたいと思います。馬体重は448kgです」

2017/10/27
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:角馬場、坂路でハロン17秒
次走予定:第5回阪神開催、もしくは第4回中京開催

厩舎長「この中間も坂路でハロン17秒の調教を行っていますが、疲れも取れて体調は安定しています。以前と比べてだいぶ馬体がしっかりしてきましたし、このまま進めて行けそうなので、来週からペースを上げて帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は458kgです」


前走でこの馬の限界が分かってしまいましたね。いつまでコンスタントに使ってもらえるかは分かりませんが、このクラスで好走するにはメンバーや展開の助けが必要。優先出走権を獲得して1月末~の小倉開催まで継続して使えれば、打開の道筋も見えてくると思うのですが…。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

格下げ。

2017/10/13 パーシーズベスト
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:第4回中京開催

厩舎長「先週から周回コースで調整していましたが、もう一つ背腰の状態が上向いてこないので、この中間は乗るのを控えてトレッドミルで運動を行っています。石坂調教師は『状態次第ではありますが、順調に進めていけるようなら12月の中京開催で復帰させたい』と仰っていました。今週いっぱいはトレッドミルで運動を行い、来週から再度乗り出していく予定です。時間はまだ十分ありますので、状態を見ながらピッチを上げていきたいと思います。馬体重は499kgです」

2017/10/20
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター
次走予定:第4回中京開催

厩舎長「先週はトレッドミルで背腰に負担を掛けないように調整していましたが、治療の効果もあって、徐々に良化が窺えます。今週から周回コースで乗り出しを再開していますが、跨った感触はだいぶしっかり踏み込めるようになってきましたので、このまま調教を進めていこうと思います。馬体重は508kgです」

2017/10/27
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒
次走予定:第4回中京開催

厩舎長「背腰の状態は治療を継続していることでだいぶスッキリしてきました。周回コースでの動きも悪くないことから、この中間から坂路でハロン17秒の調教を開始しています。今の感じなら予定している12月の中京開催には十分間に合うと思うので、徐々にペースを上げながら良化を図っていきます。馬体重は508kgです」


去年の今頃は、1年後はエリザベス女王杯に出走できるものだと当然のように思っていました(笑)。11月の衣笠特別の上位馬はG1
に出走していますからあながち見当はずれではありませんが。。。それに当然のように裏開催(中京)を予定しているのも何だかなー、と思います。暮れの阪神開催なら外差しも決まろうに…。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

申し込みました。

今朝、先日のエントリーでも検討した通り、テネシーワルツ16に先行申し込みをしました。直ぐに満口にはならなさそうですが、私の中で測尺以外に出資を躊躇する要素がなかったので、さっさと申し込むことにしました。今年は出資金を抑える方針なので、この後は参戦したとしても運だめしのキャンセル募集ぐらいでしょうか。シルクのマハーバーラタ16とあわせ、出資金額(2頭で計59,000円)の低さにしては及第点の出資ができたと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

Blood Sports。

本日開催されるG1秋華賞。残念ながら出資馬の出走はありませんが、元出資馬の仔が出走します。

13.リカビトスの母、エンシェントヒルは私の初出資馬であり、OP3勝を含む7勝をあげました。初出資馬が最も勝ち稼いだ出資馬なのが辛いですが(笑)、引退から10年以上経ってもいい思い出です。

メンツが揃ったのでなかなか厳しいレースになると思いますが、母譲りの直線一気の末脚で良い結果を期待しています。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

初・地方行き。

2017/8/18 グランティエラ
美浦トレセン
8/12(土)新潟・3歳未勝利(ダ1800m)武藤雅騎手 結果6着

「トモが甘い分、ペースが上がった時に対応しきれませんでした。結果論にはなりますが、少し後ろの位置で構えても良かったかもしれませんね。距離も現状だと1400、1600mの方が走りやすそうに映ります。それでも先行できるスピードも見せてくれましたし、力をつけてきているのは確かです。レース後も馬体に問題はなく元気にしていますので、来週から投票できるように態勢を整えていきましょう。最終的にはその時の状態と想定の相手関係を考慮した上で、向かうべきレースを決めるつもりです」(清水英克調教師)

2017/8/25
美浦トレセン

23日(水)に北Cコースで4ハロン57.3-42.3-13.7を単走でG前仕掛けて追い切りました。「具合の良さは引き続きといったところで、この中間も順調といえますよ。レースをコンスタントに使えるようになっていること自体が成長の証でしょう。今週から出走できるよう態勢を整えてきましたが、さすがに2節では出走が叶いませんでした。来週を目指して仕切り直すと同時に、今週末は9/5(火)船橋・ナイスブーツ特別(ダ1600m)に申し込みをかけます。未勝利の地方交流戦はこれがラストですので、抽選対象になれば御の字くらいに思っていた方が良いでしょう」(清水英克調教師)

2017/8/31
美浦トレセン
9/03(日)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)吉田隼人騎手 除外(非抽選)

30日(水)に南Dコースで5ハロンから併せ、65.8-51.4-38.7-13.9を強目に追い切りました。「この中間も調子の良い状態をキープできています。緩さがある中でも、攻め馬で当たり前の動きができるようになってきましたよ。来週からの限定未勝利戦(スーパー未勝利)へ出走できる資格はあるものの、チャンスが多いにこしたことはありません。新潟での出走が叶いそうにない場合に札幌はどうかとクラブ側にも打診していました。1700mという距離も魅力的に映りましたし、昨日の想定の段階では出走できる見込みであったため、ジョッキーや馬運車を手配していたのですが…。やはり今の時期どこも考えることは同じなもので、昨日と今日とでは想定もガラリと変わり、抽選対象になるかならないかという状況。土曜日の出走となると出馬投票結果が出る前に美浦を出発する必要があり、さすがにそこまでのリスクを背負って馬の負担になるだけのことは避けたかったので、明日出発となる日曜日の番組に投票しました。結果、こちらの気持ちとは裏腹に残念ながら除外となったため、中山での出走に切り替えていきましょう。最後のチャンスですので相手関係を見た上でレースを決めたい考えです」(清水英克調教師)

2017/9/8
美浦トレセン

6日(水)に南Pコースで5ハロン67.9-52.6-38.8-12.5を一杯に追い切りました。「成長が目に見えてわかり、追い切りでもしっかりと動けています。緩さが解消した時のパフォーマンスを楽しみにしながら、今は馬の状態に合わせたコース選択をして調整中です。いつでも出走できるよう態勢を整えている中で、当初はダート1800m戦での出走を考えていましたが、厩舎スタッフとも話し合った結果、1200m戦に向かう方針で落ち着きました。前走であったり調教での動きを見ても先行力を生かしてあげて粘り込む形が良いのではないかという考えからです。最終的には相手関係を見た上で判断しますが、来週の9/16(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m)または9/17(日)中山・3歳未勝利(ダ1200m)のいずれかに向かいます」(清水英克調教師)

2017/9/15
美浦トレセン

13日(水)に南Pコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、68.0-52.0-37.7-12.6を馬ナリに追い切りました。「水曜の追い切りは上々の動きでしたよ。攻め馬での動きが競馬で出せればチャンスはあるでしょうね。動きから見ても東京のダート1400mがピッタリなんじゃないかと思うのですが、それは無理な話ですから残された番組の中でベストな選択ができればと考えています。クラブ側とも相談し、相手関係を考慮した上で今週の出走を見送り来週に臨むことにしました。順調な調整過程を歩めていますから、この良い状態を維持できるよう努めます」(清水英克調教師)

2017/9/21
美浦トレセン
9/23(祝)中山・3歳未勝利(ダ1200m)三浦皇成騎手

20日(水)に南Pコースで5ハロンから併せ、68.4-53.2-39.9-13.1を馬ナリに追い切りました。「昨日はオーバーワークにならない程度に追い切っていますが、動きそのものも悪くなく、先週と比較してもいい意味で平行線といえますよ。7月に帰厩してからここまで本数を十分にこなせていますし、息も出来上がっていますので、しっかりと態勢は整えれられました。この時期は権利持ちが多くなるのは致し方のないことではありますが、それでも比較的メンバーも落ち着いた方ではないでしょうか。未勝利戦最後のレースが1200mという距離への挑戦となりますので、本番をより良い状態で臨めるよう最後まで努めます」(清水英克調教師)

2017/9/23
中山競馬場・馬体重:510kg
9/23(祝)中山・3歳未勝利(ダ1200m)三浦皇成騎手 結果3着

「1列後ろで控えても良かったのですが、最後のチャンスを悔いの残るものにしたくなかったので、積極的に前へ行きました。出していった割に手応えも残っていましたし、最後までよく粘ってくれたと思います。短距離という感じの馬ですが、まだ力がつききっていないので、今はもう少し距離を延ばしてあげた方が走りやすいかもしれませんね。まだまだ良くなりそうなだけに、勝ち上がれずに申し訳ないです」(三浦皇成騎手)

2017/9/27
KSトレセン
9/23(祝)中山・3歳未勝利(ダ1200m)三浦皇成騎手 結果3着

この後は美浦近郊のKSトレセンで調整することになり、24日(日)に移動しました。
これまでの戦歴および現状を踏まえ、清水英克調教師と協議をおこなった結果、ここで中央競馬登録を抹消して地方競馬に移籍することになりました。なお、今後については馬体回復を図った後、浦和競馬・小久保智厩舎から始動して、規定の条件を満たした際にはJRAに再登録する予定です。なお、出資会員の皆様には追って書面にて詳細をご連絡させていただきます。「良い状態で臨めましたし、乾いた馬場ですと力がいるので不良馬場というのもグランティエラに向いていたと思います。距離を短縮しての挑戦であったものの、ジョッキーが上手いこと立ち回ってくれたのもあって良い方向に作用しましたね。ここで結果を出せれば文句なしですが、そう理想通りにはいかず出資者の皆様には期待に応えられず申し訳ない気持ちです。まだ緩さを残し、成長途上のためもう少し時間がほしかったというのが正直なところではあります。いずれは中央の500万クラスに戻っても十分通用していいはずですし、この後の成長力次第では化ける可能性も大いに秘めていると感じているほどです。今後のグランティエラの活躍に期待しています」(清水英克調教師)

2017/9/29
KSトレセン

「現在はダートコースをキャンターで2000~2500m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。以前お預かりした時と比べてガラッと変わった印象こそ受けませんが、特に精神面で大人びた気がします。27日(水)におこなったオゾン治療の効果で、レースの疲れはだいぶ抜けたようです。来週中には獣医の診察を受ける予定で、そのジャッジを受けて今後のメニューを決めるつもり。それと同時に、いつ声が掛かってもいいように態勢も整えていこうと思います」(担当者)

2017/10/6
KSトレセン・馬体重:506kg

「現在はダートコースをキャンターで2100~2800m(20秒ペース)のメニューで調整中です。獣医の診察を受けましたが、『特に異常は見られないので、このまま乗り進めていっても問題ない』とのこと。この中間も特に気になるところはなく、ここまでは至って順調に来ています。今後は入厩に向けて徐々にピッチを上げていくつもりで、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えていきます」(担当者)


昨夏の頓挫は最後まで尾を引いてしまいました。しかしながらそこはノルマンディー。スーパー未勝利戦で3着に食い込むなどの健闘を考慮し、地方競馬からの再出発となりました。地方行きは決して褒められたものではありませんが、、そのシステムを理解する貴重な機会にもなり、私は「一度なら」良い経験だと捉えてます。

再度JRAの檜舞台に立つために、是非とも頑張ってもらいたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

1次から参戦するかも。

せっかく年に一度のお祭りだというのに、ノルマンディーは募集馬の発表のやり方が下手ですねぇ。とにかく情報が小出しすぎて盛り上がりに欠けます。そして何より先行募集開始前日の動画公開と開始当日(!?)のカタログ到着。ちょっと事務仕事のレベルが稚拙です。これが何千万、何億の売り上げに影響を与えると考えたら「間にあった」で済まされる話ではないですね、普通。まあそれだけ現在の一口馬主業界は売り手市場なんでしょう。羨ましい話です。

と皮肉を言いながらも出資馬検討するからクラブはつけ上がるんだよ!と自分に突っ込みを入れつつ、やはり気に入った募集馬は出資しておきたいもの。ざっくりと分析したところ、昨年までに比べ

・ノーザン系クラブのように、良い馬は良い調教師に預けられるようになりつつある
・母が若い産駒の割合が増えた
・自家生産馬の割合が減った(今年のセレクト&サマーセール落札馬が多い)
・ブラックタイプのしっかりした馬が増えた
・体高の高い馬が増えた

点が変わったと感じます。改善の方向としては間違っていないでしょう。あとはデビュー時期がもっと早くなれば成績もより向上するはず。ホントに人手が足りないのかと心配になるくらい乗り込み不足の2歳馬が多すぎです。

話は戻りまして、このラインナップなら「ジョウノファミリーの16」が一番人気になると思いますが、背中を使って歩けていない点が私は気になりました。様子見できれば評価が変わるかもしれないですが1次での満口は必須でしょうし、現状でそれを見極めるだけの眼力が私にはないのでここはパスするしかないです。

そして今のところ一択で出資候補にしているのが、、、
2016017.jpg
○テネシーワルツの2016(父アドマイヤムーン)です。

何と言っても元気な歩様が気に入りました。小さいながらも筋肉質な馬体で牝馬限定戦なら何とかなりそうな感じ。配合面でも母父サドラー系からはレオアクティブ(母父オペラハウス)やムーンクレスト(母父シングスピール)等を輩出しており、活躍馬に多いSharpen upのクロスを持っています。ただ私はノーザン系一口クラブで相馬を養ったので、自分でも嫌になるほど日高系一口クラブとは相性が悪い!(現在3頭出資で勝ち上がりゼロ) 自分でも気にするほど自信がないので、ここは話半分で聞いて下さい。

ただ満口警報が発令される前に急いで出資する必要もないので、来週予定されている募集馬検討会(&見学会)の情報も参考にしながら最終決定しようと思ってます。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

なぁ~にぃ~、やっちまったな!

2017/08/18 ナイトバナレット
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コース、坂路でハロン15秒
次走予定:未定

厩舎長「引き続き坂路でハロン15秒の調教を継続していますが、ここまで順調そのものです。まだ具体的な番組は決まっていませんが、いつ声が掛かってもいいように態勢だけは整えています。この休養期間でだいぶ馬体は成長してくれましたので、あとはこのまま無事に送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は498kgです」

2017/08/25
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コース、坂路でハロン15秒
次走予定:中山9月30日 秋風ステークス

厩舎長「先日、矢作芳人調教師から9月30日の中山・秋風ステークスで復帰させると連絡がありました。この中間もいい状態を保ちながら調教することが出来ています。おそらく9月上旬あたりに帰厩することになると思うので、今の状態を維持しながら態勢を整えていきます。馬体重は494kgです」

2017/09/01
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コース、坂路でハロン15秒
次走予定:中山9月30日 秋風ステークス

厩舎長「9月の中山で復帰することが決まっているので、そこに向けてピッチを上げている段階ですが、ここまで順調そのものですし、体調もいい状態を保っています。具体的な帰厩予定日はまだ決まっていませんが、いつでも戻せるところまで進めているので、声が掛かるまで週に2回坂路でハロン15秒の調教を継続しながら、態勢を整えておこうと思います。馬体重は495kgです」

2017/09/08
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コース、坂路でハロン15秒
次走予定:中山9月30日 秋風ステークス

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の調教を継続していますが、日に日に動きは良くなって順調そのものです。先日、矢作調教師が状態を確認したところ、『春先と比べるとだいぶしっかりとして成長が窺えますね。来週末か再来週の検疫が回れば帰厩させたいと思います』と仰っていました。あとは体調を整えていい状態で送り出せるように努めたいと思います。馬体重は497kgです」

2017/09/15
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:舎飼
次走予定:未定

厩舎長「今週の帰厩に備えて順調に調教を行っていたのですが、先週末の午後、馬房から出そうとすると左前の歩様が気になったため、すぐに獣医師に検査を行ってもらったところ、特に骨折などの異常は見つからないものの、球節あたりに腫れが見られます。歩様は良くなってきているものの、触診ではまだ反応しているので、今週末にもう一度レントゲン検査を行う予定です。帰厩直前でこのようなことになってしまって申し訳ありません。予定は白紙になってしまいましたが、早期復帰できるように努めていきたいと思います。馬体重は499kgです」

2017/09/22
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

厩舎長「先週末にレントゲン検査を行いましたが、その際も特に骨や筋に異常は見つかりませんでした。熱感と腫れはだいぶ治まってきているので、近いうちには調教を再開できそうですが、もう少し安静にして完全に治まってから開始する方が良いと獣医師から指示が出ています。それまでは無理せずウォーキングマシンで運動を行っていきたいと思います。馬体重は502kgです」

2017/09/29
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

調教主任「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。左前脚の状態に関しては、徐々に治まってきているものの、まだ完全には腫れ・熱感が引いてはいない状況です。場所が場所ですし、無理して乗り運動をスタートして悪化してもいけませんから、もう少し軽めのメニューで様子を見ながら進めていった方がいいでしょう。馬体重は506kgです」

2017/10/06
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

厩舎長「先週に引き続きウォーキングマシンで運動を継続していますが、歩様には見せていないものの、腫れと熱感がまだ若干残っているので、冷却を行いながら良化を待っています。元気だけは有り余って煩いぐらいなので、早く調教を再開したいところですが、焦ってぶり返してしまうといけないので、段階を踏みながら進めていきたいと思います。馬体重は502kgです」


よりによって帰厩直前にやっちまったな!って感じです。しかしながら秋風Sのジューヌポレールは強かった。掲示板に乗った馬全頭が上がり33秒台の末脚でしたし、無事にナイトバナレットが出走していたとしても出番はなかったでしょう。年内に復帰できるとすれば出走の可能性があるのは
・12/3(日) 市川S(中山・定1800m)
・12/3(日) 逆瀬川S(阪神・ハ1600m)
・12/10(日) 美浦S(中山・ハ1800m)
・12/17(日) 元町S(阪神・定1600m)   の4鞍です。
まだ乗り運動も再開できていない状態なので、現実的には年明けになってもおかしくないでしょう。まあ気を揉むだけ損なので、他の出資馬に意識を集中して(笑)気長に待とうと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

腰痛?

2017/08/16
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:16日に坂路で追い切り
       助 手 8.16栗坂不 54.3- 38.9- 25.3- 12.5 一杯に追う
       レッドランディーニ(新馬)末強目を0.1秒追走0.2秒遅れ
次走予定:小倉8月27日 鳥栖特別〔浜中俊〕

担当助手「16日に坂路で追い切りました。予定しているレースが来週に控えているので、今週はテンからしっかり負荷をかけて行いました。反応良く終いまでしっかり動けていましたし、1週前追い切りとしては十分の内容と言っていいでしょう。帰厩後も飼い葉をしっかり食べて状態の良さが窺えるので、あとは小倉への移動に備え、しっかり体調を維持していきたいと思います」



2017/08/23
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:23日に坂路で追い切り
       助 手 8.23 栗坂良 53.3- 38.6- 25.3- 12.5 一杯に追う
       クローディオ(古500万)一杯にアタマ先着
次走予定:小倉8月27日 鳥栖特別〔浜中俊〕

石坂正調教師「23日に坂路で追い切りました。時計の出易い馬場ではありましたが、最後まで力強い脚取りで登坂してくれました。小回りコースにどれだけ対応してくれるかがカギになりますが、今後のことを考えて今回は意識的にテンから少し促していき、なるべく位置取りが後ろに下がって行かないようにしてもらおうと思います。仮に勝つことが出来なかったとしても、次走に繋がってくるはずなので、これまでよりは積極的なレースをしてもらうつもりです」

2017/08/28
8/27(日)小倉9R 鳥栖特別〔芝2,000m・13頭〕2着[2人気]

五分にスタートを決めると、促しながらポジションを取りに行きます。中団で脚を溜めながら徐々に前を窺いに行き、勝負どころから内目のスペースを狙って追い出しにかかると、いい伸び脚を見せて抜け出しを図ったものの、ゴール手前で差し切られ惜しくも2着でゴールしています。
浜中俊騎手「石坂調教師から意識的に追っ付けてポジションを取って欲しいと指示が出ていたので、1コーナー手前まで気合いをつけて出して行きました。ただ、あれが精一杯でしたね。フットワークが大きな馬なので、スピードが乗るまでどうしても時間が掛かってしまいますし、今回は小回りコースとあって余計に行き脚が付きませんでした。流れに乗ってからは上手く追走することが出来ましたし、勝負どころでは内を付いてスムーズに上がって行くことが出来たのですが、最後は相手の末脚が一枚上でした。差のない競馬をしてくれたので、勝たせてあげられなかったのは悔しいですが、やはりこの馬の持ち味を活かすのなら広いコースの方が良いと思います」
石坂正調教師「前走で減っていた馬体はしっかり戻っていましたし、上手く立て直せたと思います。ここ最近は脚を余す競馬が続いていたので、今回は次走に繋がるようにテンから意識的に位置を取りに行ってもらいましたが、下がっていくことはなかったですし、ここ最近の中ではスムーズな競馬が出来たと思います。勝負どころでは上手く内を付いて脚を伸ばしてくれましたが、最後は内外の馬場の差が出てしまいましたね。力は出してくれたと思いますし、今回の競馬が次走に活かせればと思います。トレセンに戻って状態を確認してから検討するつもりですが、状態が変わりなければそのまま在厩させて次走に向かうつもりです」

2017/08/30
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:阪神9月16日 芝2,000m(牝)

担当助手「トレセンに戻って状態を確認しましたが、疲れもなく、レースのダメージもそれほどなさそうです。今週いっぱい馬の様子を見て、このまま進めていけそうなら、9月16日の阪神に芝2,000m(牝)の番組があるので、そこを目標に進めていくことになっています」

2017/09/06
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:6日に坂路で追い切り
       助 手 9. 6栗坂良 57.9- 42.8- 27.3- 13.5 馬なり余力
次走予定:阪神9月16日 芝2,000m(牝)〔浜中俊〕

石坂正調教師「来週の競馬を予定していますが、しっかり行うのは来週の1本で十分だと思うので、6日は馬なりでサッと時計を出す程度に抑えています。前走後も特に状態は変わりないので、同じぐらいの馬体重で出走できるように調整していきたいと思います。ジョッキーは前走に引き続き浜中騎手にお願いしています」



2017/09/14 <所有馬情報>

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:13日に坂路で追い切り
       助 手 9.13 栗坂稍 53.0- 38.8- 25.5- 12.7 一杯に追う
       ミリッサ(古1600万)強目に0.1秒先行0.4秒遅れ
次走予定:阪神9月16日 芝2,000m(牝)〔浜中俊〕

石坂正調教師「13日に坂路で追い切りました。前走後も状態は変わりなく、飼い葉をしっかり食べていることで、輸送で減った馬体も戻っています。追い切りの動きも上々でしたし、夏場の暑い時期に使った後も変わりなく進めることが出来ているのですから、それだけ調子がいい証拠だと思います。小回りコースでも対応してくれましたが、やはり広いコースの方が追走が楽になる分、競馬はし易くなるでしょうから、あとは勝負どころでスムーズに上がって行けるかが鍵になると思います」

2017/09/19
9/16(土)阪神12R 3歳上500万下〔芝2,000m・15頭〕8着[2人気]

まずまずのスタートを決めましたが、なかなか流れに乗ることが出来ずに促しながらの追走、流れが速くなったところでも対応することが出来ず、最後の直線も本来の伸び脚を欠いたため、8着に敗れています。
川田将雅騎手「行き脚が付くのに時間が掛かると聞いていましたが、今回は重馬場に脚を取られて余計に進んでいかなかったですね。終始促しながらの追走で、何もしなかったらそのままズルズル下がっていきそうなぐらい走りにくそうにしていました。本当なら勝ち馬が上がって行ったところで同じように仕掛けて行きたかったのですが、その余裕もなく、最後の直線もジリジリ伸びていたというよりは、前の馬がバテて下がってきたのを交わしただけなので、まったくこの馬の持ち味を活かすことが出来ませんでした。跨った感触は良かっただけに、今回は重馬場がすべてだと思います。馬場が良い時にもう一度騎乗したいですね」
石坂正調教師「前走時とそう変わらない馬体重で出走することが出来ましたし、状態としては良い仕上がりでレースに臨めたと思います。時計が掛かる方が競馬はしやすくなると思っていましたが、馬場が相当悪くなっていたことで、いつもより追走に苦労してしまいました。最後の直線では何度かノメるようなところもありましたし、かなりタフな競馬になってしまいました。今回に限っては参考外のレースだと思いますし、気持ちを切り替えていくしかありません。暑い時期に一度小倉で使いましたし、今回も厳しい競馬をした後なので、これまでの疲れを取るために、17日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」

2017/09/22
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「こちらで状態を確認しましたが、背腰にかなり疲れが溜まっていますね。完全に休ませるほどではないので、トレッドミルで軽めの運動をしながら、背腰のケアを重点的に行ってもらおうと思います」

2017/09/29
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定
調教主任「先週まではトレッドミルで様子を見てきましたが、乗り出す分には特に状態に問題はなさそうなので、この中間から周回コースでの運動をスタートしています。ただ依然として背腰に疲れは見られる状況ですから、今後もよくケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は487kgです」

2017/10/06
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎スタッフ「背腰の状態は治療を継続していることで、少しずつ良化が窺えます。現在は周回コースで軽めの運動を行っていますが、状態が悪くなることはありませんので、このまま乗り込みながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は495kgです」


以前しがらきへ見学に行った時、牧場の担当者さんが「腰がパンとしてくれば…」と話されていたでのですが、レース後の状況を見るとまだまだといった感じですね。もしかしたらこういう特徴を持った馬なのかもしれません。とはいえ早熟血統でもないので、あと1年半の間は好転することを願って応援し続けたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

着実に。

2017/08/17 ウィッシュノート
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:17日に坂路で追い切り
       助 手 8.17栗坂不 57.3- 41.7- 26.5- 12.9 馬なり余力
次走予定:未定

担当助手「17日に坂路で追い切りました。テンはじっくり入り、最後の2ハロン時計を出してみましたが、まだ強め1本とあって少し動きがモッサリしていましたね。まだ馬体に余裕があり、前進気勢に欠けるところも見せているので、もう少し時間を掛けて仕上げていく方が良いかもしれません。当初、小倉開催で復帰させるつもりで帰厩させましたが、焦って使う必要はないですし、未勝利を勝ち上がった阪神開催まで待つ方が条件としても良いと思っています。普段の調教からハミを掛けて気持ちを乗せていきたいと思います」

2017/08/24
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:24日に坂路で追い切り
       助 手 8.24栗坂良 55.4- 40.0- 25.9- 12.5 一杯に追う
       アリストレジェンド(三未勝)一杯に0.1秒先行同入
次走予定:阪神9月10日 ダート1,200m(牝)

安田隆行調教師「24日に坂路で追い切りました。仕上がりが早ければ小倉開催で復帰させることを考えていましたが、もう少し時間を掛ける方が動きも良くなってくると思うので、9月の阪神開催まで待つことにしました。9月10日に阪神・ダート1,200m(牝)の番組があるので、そこなら未勝利を勝ち上がった同じ条件でもありますし、この休養期間にどれだけ成長してくれているのか比較することが出来ます。あと2週間あれば万全の状態で復帰できると思うので、このままピッチを上げていきたいと思います」

2017/08/31
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:31日に坂路で追い切り
       見 習 8.31栗坂良 55.6- 40.0- 25.8- 12.9 馬なり余力
       カレンカカ(古500万)馬なりを0.4秒追走同入
次走予定:阪神9月10日 ダート1,200m(牝)

担当助手「31日に坂路で追い切りました。併せてほぼ互角の動きでしたが、まだ少し重く感じましたね。徐々に馬体は絞れて動けるようになってきていますが、今週と来週の追い切りでどれだけ引き締まってくるかだと思います。少しずつ前進気勢も出てきましたし、順調に仕上がってきていますよ」

2017/09/06
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:6日に坂路で追い切り
       見 習 9. 6栗坂良 52.0- 38.0- 25.1- 12.9 一杯に追う
次走予定:阪神9月10日 ダート1,200m(牝)〔北村友一〕

安田隆行調教師「6日に坂路で追い切りましたが、全体の時計が52秒台と後半の時間帯だったものの良いタイムを出すことが出来ました。動きも日に日に良くなってきましたし、小倉開催をパスしてここまで待った甲斐がありました。使いつつ良くなってくるタイプですし、それに今回は昇級初戦で古馬と初めて戦うので、流れにどれだけ対応してくれるか鍵になりますね。馬自身は今回の休養で確実に成長してくれているので、どれだけいい競馬をしてくれるか楽しみにしています」

2017/09/11
9/10(日)阪神7R 3歳上500万下〔D1,200m・15頭〕5着[7人気]

ブリンカー着用。ゲートをゆっくり出して徐々に内目に入りながら、道中は11番手辺りを追走、勝負どころで最内を付いて追い出しに掛かると、前が詰まりながらもジリジリ脚を伸ばし、5着でゴールしています。
北村友一騎手「出来れば内枠を引いてロスなく競馬が出来れば良かったのですが、外目を引いてしまったので、ゲートをゆっくり出して早めに内目に入れて追走しました。スッと流れに乗ることが出来ましたし、勝負どころではロスなく直線に差し掛かることが出来ました。前が少し壁になって体勢を立て直すロスがありましたが、ジリジリ脚を伸ばして頑張ってくれました。手応えほどスパッと切れる脚はありませんが、久々の昇級初戦でこれだけ良い競馬をしてくれましたので、次走はもっといい競馬をしてくれそうですね」
安田隆行調教師「久しぶりの競馬でも太目感なく、良い仕上がりで復帰させることが出来ました。外目の枠でしたが、北村友一騎手が上手く立ち回ってくれたこともあって昇級初戦としては良い競馬をしてくれたと思います。古馬相手でも差のない競馬をしてくれたのは自信に繋がりますし、次走はもっといい競馬をしてくれるでしょう。優先出走権を獲ることが出来ましたので、このまま厩舎で調整しながら次走に備えたいと思います」

2017/09/13
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:京都10月9日 ダート1,200m(牝)

安田隆行調教師「レース後も状態は変わりありません。久しぶりの競馬で昇級初戦とかなり条件が厳しい中でもよく頑張ってくれました。次に繋がる競馬をしてくれましたし、その内チャンスも出てくるでしょう。久しぶりの競馬であれだけ頑張ってくれましたし、次走は少し間隔を空けてあげる方が良いと思うので、10月9日の京都・ダート1,200m(牝)を目標に調整していきたいと思います」

2017/09/21
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:京都10月9日 ダート1,200m(牝)

担当助手「この中間は普通キャンターで調整し、速いところは週末から取り入れていく予定です。前走後もいい状態を保っていますし、一度使ったことで馬体に実が入ってきました。前走の内容からクラスの目途も立ちましたし、次走はもっと差のない競馬をしてくれるはずです」

2017/09/28
在厩場所:栗東トレセン 
調教内容:28日に坂路コースで追い切り
       見 習 9.28栗坂稍 56.0- 40.3- 25.9- 12.8 馬なり余力
       スマートシャヒーン(古500万)馬なりを0.1秒追走同入
次走予定:京都10月9日 D1,200m(牝)〔北村友一〕

安田隆行調教師「28日に坂路コースで追い切りを行いました。併せて行いましたが、相手に遅れることなく最後までしっかりと走れていましたし、動きに問題はなかったと思います。この中間も疲れが出ることなく体調は安定していますし、来週のレースにいい状態で向かえるよう調整していきたいと思います。鞍上は引き続き、北村友一騎手にお願いしています」

2017/10/05
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:5日に坂路で追い切り
       助 手 10.5 栗坂良 58.5- 42.1- 27.6- 13.9 馬なり余力
       助 手 10.5 栗坂良 57.0- 41.9- 27.1- 13.5 馬なり余力
次走予定:京都10月9日 ダート1,200m(牝)〔北村友一〕

安田隆行調教師「競馬が月曜日ですので、5日に坂路で追い切りました。丁度、馬場が重い時間帯でしたので、坂路1本でしっかり負荷をかけるより、57秒ぐらいのところを2本行う方が脚元などに負担が掛からないと思いましたので、意識的に工夫してみました。全体の時計はそこまで目立つものではありませんが、運動量はしっかり消化できていると思います。前走から間隔を空けてここを目標に進めてきましたが、順調に調教メニューをこなしてくれていましたので、前走以上の状態でレースに臨めると思います。昇級初戦の前走はなかなかいい競馬をしてくれましたし、今回はそれ以上の結果を期待次第ですね」


これだけコンスタントに使ってくれ、厩舎の主戦の一人である北村(机)…もとい(友)騎手を手配してくれるなんて、安田先生には感謝の言葉もありません。ウィッシュノートもそれに応えて着実に力をつけてくれれば嬉しいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

噂には聞いていたが…。

2017/08/18 テネイシャス
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定

厩舎長「元気が有り余って煩いぐらいですが、テンションが高いわけではないですし、いい状態を保ちながら調教が行えるようになりました。現在は坂路でハロン15秒の調教を開始していますが、だいぶしっかり登板できるようになってきていますし、リフレッシュを挟んだことで、調子がグンと上がってきました。具体的な入厩日は決まっていませんが、いつでも送り出せるように態勢だけは整えていきたいと思います。馬体重は487kgです」

2017/08/25
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定

厩舎長「ここ最近は蒸し暑い日が続いているので、反動が出ないように気を付けて進めていますが、週に2回坂路でハロン15秒を継続していてもいい状態を保っています。体力も付いてきましたし、じっくり乗り込んでいることで成長を促せていると思います。3歳未勝利馬を優先にしないといけない時期なので、移動の調整がつくまでメリハリをつけながら進めていこうと思います。馬体重は489kgです」

2017/09/01
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定

厩舎長「この中間も週に2回坂路でハロン15秒の調教を行っています。時間を掛けたことで、こちらに入場した頃よりだいぶしっかり走れるようになりましたし、蒸し暑い中でもしっかり調教を行うことが出来ました。これだけしっかり時間を掛けることが出来たので、トレセンの調教も耐えることが出来るでしょうから、入厩の連絡があるまで乗り込みを継続していきたいと思います。馬体重は491kgです」

2017/09/08
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「先週末に熱発した為に軽めの運動に控えていました。幸い、すぐ治まってくれたので、調教を再開しています。朝晩涼しくなったことで、その影響が出てしまったのかもしれませんね。飼い葉は食べてくれているので、今週いっぱい状態を見ながら進めてみて、変わりないようであれば来週から普通のメニューに戻して進めていくつもりです。馬体重は490kgです」

2017/09/15
在厩場所:16日に栗東トレセンへ入厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定

厩舎長「調教を再開後は順調そのものでしたので、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。動きも悪くなかったので、このまま入厩に備えていこうと思っていたところ、池江調教師から16日の検疫で入厩させると連絡をいただきました。中間軽い熱発でひと息入ったものの、それまでじっくり時間を掛けて調整することが出来ていたので、トレセンでもしっかり頑張ってくれると思います。馬体重は501kgです」

2017/09/21
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習
次走予定:未定

担当助手「普段はとても大人しい馬ですが、瞬間的に気持ちが舞い上がる時がありますね。すぐ収まるので問題ないレベルだと思いますし、調教でも特に問題なく順調に乗り込めています。ゲート練習も開始していますが、素直に行えているので、このままゲート試験を目標に進めていきたいと思います」

2017/09/27
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動、ゲート練習
次走予定:未定

担当助手「その後もゲート練習を中心に調教を行っていますが、入りや駐立に大きな問題は見られませんし、出の方もだいぶ上達してきましたので、近々ゲート試験を受ける予定にしています。飼い葉に関しては少し残してしまう時がありますが、それで馬体が細く映ったりということはないですし、逆に幅もあってしっかりしていますから、特に心配する必要はないと思います」

2017/10/04
在厩場所:3日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定

担当助手「29日にゲート試験を受けたところ、無事に合格することが出来ました。状態は変わりないものの、このままデビューに向けて進めていくより、これまでの疲れを取ってフレッシュな状態で仕上げに入って行く方が心身ともに良いと思いますので、3日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」


やはりゲート試験合格後は放牧に出されました。今年中にデビューさせてもらえればいいのですが、「晩成血統だから」と春のクラシックなど眼中にない使い方になりそう。。。まあG1に出走するだけのレベルなら他に何頭もいる厩舎なのでしょうがないですね。やはり何事も(特にネガティブな評判は)自分で経験してみないと、実際のところよく分からないですから。決して安くない授業料ですが(笑)今までの出資馬で最も結果を出している委託厩舎なので、じっくりとその手腕を拝見させてもらいます。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

希望の1勝。

2017/08/18 ヴェロニカグレース
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「ようやく疲れが取れてきましたので、この中間は坂路コースに入れて、ハロン15秒の調教を行っています。このまま順調に進めることができれば、大体の目途として東京か新潟になると思います」馬体重479㎏

2017/08/25
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:10月1日の中山・芝2,000m

天栄担当者「この中間は坂路調教のペースをハロン14秒まで上げて乗り込んでいます。馬体重はまだ競馬と同じぐらいなので、もう少し増やしたいところですが、調子は上がってきています。このまま行けば中山開催後半ぐらいには間に合いそうですので、武市先生と相談したところ、中山4週目の芝2,000mを目標に調整していくことになりました」馬体重476㎏

2017/09/01
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:10月1日の中山・芝2,000m

天栄担当者「この中間も順調に調教を続け、調子も上がってきました。来週中には美浦トレセンに帰厩する予定となりましたので、このまま状態維持に努めていきます」馬体重488㎏

2017/09/06
在厩場所:6日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:10月1日の中山・芝2,000m

武市康男調教師「6日に帰厩しました。天栄スタッフと打ち合わせ、中山4週目の芝2,000mを目指すことになりました。こちらでも状態を見ながら、それに向けて進めていきたいと思います」

2017/09/14
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで13日に時計
       助 手 9.13 南坂重 53.3- 38.9- 25.6- 12.6 末強目追う
       マイネルポーチカ(二未勝)一杯を0.9秒追走0.8秒先着
次走予定:10月1日の中山・芝2,000m〔戸崎圭太〕

武市康男調教師「13日に坂路コースで追い切りを行いました。併せて行いましたが、ヴェロニカグレースが追走し、終い促すとスッと反応して相手に追い付き、その後もリードを広げて先着しました。まだ息は重い印象がありますが、予定しているレースまで時間はありますから、じっくり上げていきたいと思います。鞍上は戸崎圭太騎手に依頼しています」


2017/09/21
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで21日に時計
       調教師 9.21南W良 67.6- 53.3- 39.1- 13.2[8]馬なり余力
       シンキングダンサー(障オープン)強目の内0.4秒先着
次走予定:10月1日の中山・芝2,000m〔戸崎圭太〕

武市康男調教師「21日に南Wコースで時計を出しました。併走馬の内に併せて持ったまま先着しました。いつも出だしでフワッとすることがあるので、後ろから突いてもらうつもりだったのですが、それどころか今回は行きっぷりがよく、最後も併走馬を待つ余裕がありました。まだ体つきと息遣いが若干重いのですが、来週もう一本追い切ればちょうど仕上がると思います」

2017/09/27
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで27日に時計
       調教師 9.27 南W良 69.5- 53.9- 39.1- 13.1[2]馬なり余力
       エリーフェアリー(障未勝)一杯の内に2.2秒先行0.2秒遅れ
次走予定:今週日曜の中山・芝2,000m〔戸崎圭太〕

武市康男調教師「27日に南Wコースで追い切りました。併走馬をリードし、最後は内に併せました。今週はもう無理をせずに相手に併せる形でしたが、動き・息遣いともに順調に良化しています。まだいくらかトモが緩いですが、前走時に比べると格段に良くなっています。心配な点は折り合いだけですね。調教でも馬込みに入ったり、外から来られたりするとピリッとする面があるので、それが競馬で出なければいいんですけどね。切れるというよりも長くいい脚を使うタイプなので、どこからでも動けるように、なるべく外目で競馬をしたいですね。追い切り後の馬体重が467㎏でしたので、競馬まで少し回復したとして前走と同じか少し減るぐらいだと思います」

2017/10/02
10/1(日)中山2R 2歳未勝利〔芝2,000m・13頭〕優勝[1人気]

まずまずのスタートから出して行き、中団の内目でレースを進めます。4コーナーで徐々に外に進路を取り、直線は大外に出して追われると、鋭く伸びて前を一気に抜き去り、デビューから2戦目で嬉しい初勝利を挙げています。
戸崎圭太騎手「初戦はあまりゲートの出が良くなかったようですが、今日は普通に出てくれましたね。促しながらポジションを取りに行ったのですが、ペースが落ち着いてからの折り合いも問題ありませんでした。直線に向いてから追い出しましたが反応も良かったですし、いい内容で勝つことができました。周りを気にする感じもなかったですし、距離ももう少しあっても大丈夫でしょう。センスのいい馬ですしコースも問わないタイプだと思います」
武市康男調教師「初戦の末脚は伊達ではなかったですね。一週間前から急に冬毛が出始めてちょっと不安もあったのですが、勝ってくれてよかったです。内々での競馬となりましたがうまく折り合いがつきましたし、長く脚を使うタイプかと思っていたら予想以上に切れましたね。まだ2歳馬でしっかりとしていない面がありますし、前走後と同様にレース後はいったん放牧に出して放牧先での様子を見ながら次走の予定を組んでいきたいと思います」


クラブHPからの転載が長くなってますがご勘弁を。

3コーナーから戸崎騎手が何度も外へ出そうと試みるものの、出すスペースがなかったので仕掛けがやや遅れましたが、馬の能力と走ったメンツのレベルに助けられ、直線だけで完勝と言える着差をつけました。

この先のレース選択はちょっと悩みますね。中距離レースとなるとクラシックを狙う一戦級の牡馬と走る確率が高く、2歳戦でそこまでする必要があるのかと思います。かと言って牝馬限定戦ありきだとレースの選択肢がほとんどありません。まあ馬の仕上がり次第でいくらでも変わってくる話ですし、この話題を酒の肴にしばらく楽しみたいと思います。


theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

再開します。

長らくの間ブログを放置して申し訳ありません。

数ヶ月前から「一口馬主燃え尽き症候群」に陥っており、特にここ1ヶ月は出資馬動向のチェックで精一杯。私的な話ですが、一人息子が小学3年生に成長し、家族で遊べるのもあと数年かと思うと、今は休日の時間とお金をそこに使いたいと思うようになりました。ましてここ2~3年は同血統馬の募集価格が年々上昇し、一口馬主という趣味に対して割高感を感じていたとことろ。

ただ数年後にはまた子どもの手が離れますし、別に競馬自体が嫌いになった訳でもありません。そして熟考した結果、当面は縮小継続でやっていくという結論に至りました。出資代金の回収が簡単ではない一口5万円以上の募集馬は出資を控え、この先半年間の成績によってはノルマンディーの退会を検討します。今のところ牧雄社長との相性が良くないので…。

ますます面白みに欠けるブログ内容になるかもしれませんが(笑)、「経済的な負担を抑えつつ夢を持てる馬探し」というスタンスをさらに極めていきたいと思います。

出資馬の近況更新はまた明日…。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク