出資者だから期待してます。

2015/01/09  プルーヴダモール
1/10(土)京都6R 3歳500万下(牝)[D1,200m・11頭7枠8番]54 バルジュー 発走13:00

西園師「初ダートになりますが、坂路でも走りやすい馬場の時は良い動きをしているように、力のいらないダートコースなら競馬はしやすいと思います。今の京都開催は馬場も軽く、時計が出やすくなっているので、余程時計が速くならない限り、この馬には合っていると思います。自厩舎の同じチチカス産駒で、サンデー肌の馬がダートの短い所で走っているので、この馬も同じ様にこなしてくれると思っています」

芝で勝ち上がった馬に対し、いきなりのダート路線への変更。どこに価値観を置くのかにもよりますが、この季節は春のクラシックに向けて使うのが出資者の総意ではないでしょうか?データ的にもダート適性が高くないチチカス産駒ですし。とは言え、まずは西園師のお手並み拝見ですね。ここで勝ち上がって2月以降重賞挑戦出来たら「大英断」と評価されるでしょうし。逆にここでも惨敗して春は全放牧なんて事になったら、間違いなく私もクラブに意見するでしょう(笑)。
今日のレース予想に関してですが、データ的には休養明け2戦目、ダート変わり、鞍上強化と、穴馬的要素満載です。追い切りタイムもあの日の馬場状態を考慮すれば、決して悪くはありません。馬券でもちょっと勝負してみようと思います。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

死して儲かるという事実。

本日、元出資馬であるクレーンデュヴェル号の引退清算分配の一覧が届きました。一口馬主10年目にして初の予後不良馬であり、金銭的な分配はどんなものかと思っていましたが、想像以上の厚遇でした。まだ経験がない方も多い(ない方がいいのですが)と思いますので、概算だけでも公表しようと思います。

○維持会費の清算
・支払金額→42000円(3000円×14ヶ月)
・実質委託料→27998円
・可不足→14002円…①

○JRAよりの見舞金
・見舞金→28000円…②(560万円×1/200口)

○死亡保険金
・保険金→42000円…③(募集価格840万円×100%×1/200口)
①+②+③から源泉税(数百円)を引いた金額が支払金額です。実質委託料と見舞金がほぼ同額でかつ出資金も100%戻ってきたので、金銭的にはプラスマイナスゼロという結果でした。

出資馬が未勝利で引退したのに、金銭的に負担がないというのは複雑な心境です。私はまっとうな人間ではないので、今後出資した馬が能力的にどうしようもなかった時、アクシデントを願ってしまうような気がして嫌になります。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

そして星になった。

左前管骨開放骨折で予後不良になってしまいました。一つ前の記事はこの結果を知る前のものなので、ちょっとお気楽なノリですがそのまま残しておくことにします。最初は大袈裟だなぁ思ってましたが、今から考えると前走の川田騎手の判断は正しかったんですね。
結局まともに走ることなくあの世へ行ってしまったので、出資者としては様々な面で複雑な心境です(意味はお察し下さい)。良い馬体をしていましたし、調教タイムも能力の片鱗を見せてくれていたので期待をしていましたが、それ以前のところで躓いてしまいました。デビューするまで川田騎手以外に誰も気付かなかった点に疑問を持っていない訳ではありません。とは言え、そんな一面も含めてノンクレームで納得するのが一口馬主の世界。これで出資馬がいなくなってしまったので、次に向かって色々考えなければいけません。

短い間の付き合いになってしまいましたが、クレーンデュヴェルには安らかに眠ってもらいたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

派手に転んだ。

転倒の原因はまだ分かりませんが、元気に馬運車に乗っていきましたし、前走下がり始めた場所と同じ辺りで落馬したので、恐らく手前を変えるタイミングで躓いたのでしょう。あれだけみっちり矯正してまだ治らなければ、ちょっと厳しいですね。パドックの気配はとても良く見えたのですが、それ以前の問題でしたね

パドックで撮影した写真です。

作戦会議。

本日の京都のレースを見ていると、全体的に前目につけた馬が良績を残しているような気はしますが、何よりほとんどのレースが人気通りの決着に終わっており、下位人気のクレーンデュヴェルにとっては厳しいデータですね。

内枠に入っていれば軽ハンデを生かしてすんなり先頭集団に潜り込み、直線で仕掛けのタイミングを待つようなスムースなレース運びが想像できますが、如何せん8枠ではスタート直後に無理をしないといい位置は取れません。6.メイショウブルックがハナを奪うみたいですが、7.アグネスモバイル、9.ヒロノメビウス、11.ダテノレスペデーザあたりの有力馬も好位を狙うようなので、道中の位置取りが非常に難しいです。果たして城戸騎手にロスなく回ってくる技量があるでしょうか?

そもそもここ数週間手前替えに関するコメントが出てきませんでしたが、もう克服したのでしょうか?武、川田といった厩舎の勝負騎手が空いている中、あえて城戸騎手に依頼した目的は?ネットで「もっと勝ちにこだわった騎手選定をしろ」という不満を聞きますが、確かに騎手視線の温情采配が多いような気がします(あくまで個人的印象。データ分析等の数値的根拠はありません)。

まあ勝ってくれれば何も文句は言いませんが。。。

theme : 競馬
genre : ギャンブル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク