すぐには戻れない。

2017/08/04 ヴェロニカグレース
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「入場後は疲労回復に専念し、トレッドミルで軽めの調整を続けています。こちらでも確認しましたが、レース後に不安の出た左前脚もだいぶ落ち着いてきましたし、馬体も順調に回復しています。状態を確認しながら乗り運動も開始したいと思います」馬体重479㎏

2017/08/11
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「数字的には戻っていますが、馬体の張りがもう一つでしたので、今週もトレッドミルだけで進めてきましたが、ようやく良くなってきましたので、今週末から乗り運動を再開する予定です。脚元にも大きな問題はありませんので、様子を見ながら進めていきます」馬体重479㎏


体調を戻すためにちょっと時間が必要みたいですね。すると復帰は東京開催か。。。出資者は先の事ばかり考えてしまいます。これぞ「獲らぬ狸の皮算用」、チャンチャン。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

びっくりするなぁ。

2017/07/26 ヴェロニカグレース
在厩場所:26日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定

武市康男調教師「レース後に左前脚が少しモヤッとしたので、火曜日に念のためレントゲン検査を行いましたが、特に異常は見られませんでした。獣医の見解だと、おそらく若馬特有の疲れが出てきたのだろうということでしたし、ゲート試験合格後からデビューまで続けて使ってきた疲れがおそらく出てきたのだと思います。結果を残すことは出来ませんでしたが、直線はいい脚を使ってくれて初戦から目途の付くレース内容だったと思いますし、いい状態で出走することが出来れば自ずと結果は付いてきてくれるでしょうから、まずはしっかりと牧場で疲れを取ってもらいたいと思います。26日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました」

2017/08/04
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「入場後は疲労回復に専念し、トレッドミルで軽めの調整を続けています。こちらでも確認しましたが、レース後に不安の出た左前脚もだいぶ落ち着いてきましたし、馬体も順調に回復しています。状態を確認しながら乗り運動も開始したいと思います」馬体重479㎏


レース後の馬の状態にはいつもドキッとさせられますね^^; 確かに脚部不安の塊のような母系ですが、ハービンジャーを重ねることでマシになったのではないかと出資を決めたので、せめて3歳いっぱいはまともに走ってほしいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

斬れるハービンジャー産駒。

2017/07/24 ヴェロニカグレース
7/22(土)福島5R メイクデビュー福島〔芝1,800m・14頭〕3着[6人気]

スタート後に内に寄れて行き脚が付かず、中団の内目でレースを進めます。3,4コーナーで内ラチ沿いを通って徐々に差を詰め、直線は外に進路を取って追われると、素晴らしい伸び脚を見せますが、前半の遅れが響き3着まで追い上げたところでゴールしています。
石橋脩騎手「スタートは反応しているのですが、真っ直ぐに出られなくて遅れてしまいました。今日勝つことだけを考えるなら、出していってポジションを取りに行くことも出来ましたが、調教や返し馬ではハミをグッと噛んでしまう雰囲気があったので、今後のことを考えるとそういう競馬をさせるわけにもいかず、最低限出していき、すぐに内に入れて馬の後ろで脚を溜める乗り方をしました。1週前の追い切りでは物足りなかった反応は凄く良かったですし、前半脚を溜められた分、最後はしっかりと伸びてくれました。もう1つ、2つ前のポジションで同じ乗り方が出来れば、結果は違ったと思います。また、勝負どころで一旦下げて外に出した方がスムーズだったかもしれません。いろいろ反省点が見えてくる乗り方で申し訳ありません。でも凄くいいところがありますし、楽しみな馬ですよ」
武市康男調教師「スタートは出ているんですけど、大跳びで器用さがあまりないから、モタモタしてしまいましたね。返し馬から少しハミを噛むところがあったことから、石橋騎手は馬の後ろで脚を溜める競馬をしてくれたようですが、最後はいい脚を使ってくれました。石橋騎手もびっくりするぐらい切れる脚を使ったそうです。着差だけを見ると最初の位置取りの差だけだと思います。もう少し流れて馬群がバラけてくれれば、もっと捌きやすかったと思います。でもデビュー戦からこういう競馬をしてくれると、今後のレース選択の幅が広がりますね。入厩からゲート試験、そして競馬へ向けてと、ここまで結構攻め込んできましたから、疲れが溜まってきているのは間違いありません。ここで一旦放牧に出し、疲れを取ってから改めて次に向かいたいと思います。放牧先での状態を見ながら、具体的な予定を立てたいと思います」


これはいい馬をを引きあてた気がします。レース結果自体は残念でしたが、陣営が先々を考えて目先の勝ちにこだわらなかったから。もっと高額募集馬だったら、ディロスのように函館に運んで必勝態勢で臨んでいたでしょう(笑)。でも負け方が戦前に想定された範囲でしたし、ラスト1ハロンだけで3着まで持ってきた能力は、勝ち馬以上のものを感じました。

ハービンジャー産駒だから中山は不得意ではないでしょうが、本命はもちろん東京コース。疲れの抜け具合や帰厩後の仕上がり次第で復帰戦を決めればいいでしょう。マイル戦ではこの馬より適性の高いライバルがたくさんいるでしょうから、春になってフラワーCやフローラSなどの牝馬限定中距離戦が充実するまでに勝ち上がればいいと私は思っています。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

臨戦態勢は整った。

2017/07/20 ヴェロニカグレース
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで19日に時計
       石橋脩 7.19南W良 70.0- 54.7- 40.7- 13.2[7]馬なり余力
       トミケンボハテル(古500万)馬なりの内を0.8秒追走同入
次走予定:今週土曜の福島・芝1,800m(牝)〔石橋脩〕

武市康男調教師「19日に石橋騎手が騎乗し、南Wコースで追い切りました。先週の時点でほぼ態勢は整ったと思いますので、今週は半マイルからのつもりで、併走馬を内から追走・同入する形で行いました。石橋騎手も『先週よりもよくなっている』と好感触を得てくれたようです。入厩時から大きなアクシデントもなく順調に調整でき、いい状態に仕上がったと思います。調教では水準以上の動きを見せていますし、初戦からいい競馬を期待しています」
石橋脩騎手「先週は直線の反応が物足りなく感じていたのですが、今週は期待通りによくなっていました。ここまで順調に良化していることがわかりますね。先週に比べ背腰を中心に疲れが溜まってきているように感じますが、それは競馬に向けて本数を重ねる上で、しょうがないことですので、後は競馬までにどこまで回復してくれるかでしょう。調教では特に癖もなく乗りやすいですし、初戦から動ける態勢になっていると思います」


なかなかの調教タイムも叩き出せていますし、この馬なりに良い状態でデビューできそうですね。あとは相手関係と福島競馬場の適性ですが、こればっかりは走らせてみないと分からないことですし。。。勝ち上がりに苦労するレベルではなさそうなので、ここは無事にデビューし、10月の東京開催で確勝できればいいと個人的には思っています。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

まずは無事に。

2017/07/13 ヴェロニカグレース
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで12日に時計
       石橋脩 7.12南W良 66.8- 51.7- 37.1- 12.7[4]馬なり余力
       トゥモローアンセム(新馬)一杯の内を0.8秒追走同入
次走予定:7月22日の福島・芝1,800m(牝)〔石橋脩〕

武市康男調教師「12日に石橋騎手が騎乗し南Wコースで時計を出しました。3頭縦列の後方から最後は内に併せて同入しました。大跳びですし、気持ちがまだフワフワしていることもあり、石橋騎手は『あまり時計は出ていない』と思ったようですが、実際はなかなかの好時計が出ていましたね。見ていてもそれほど速いとは思いませんでしたが、こちらが思っている以上に動いていました。これでだいたい態勢が整ってきましたので、来週の福島・芝1,800m(牝)でデビューさせようと思います。鞍上は石橋騎手にお願いしました。来週の追い切りにも騎乗してもらい、半マイルから調整程度に行う予定です」 石橋脩騎手「12日の追い切りに騎乗しました。道中は楽ですし、追いつこうと思えば、すぐに動けるのですが、直線でトップギアに入れようとすると気持ちの面なのか、まだ走り方がわからないだけなのか、反応がもう一つでした。ですから教えるつもりで、ゴール過ぎてからも1,2コーナーまで促していきました。気になったのはその点ぐらいで、ここまで順調に調整されていることがわかりました。聞いていた通り、上がりの息遣いはもう一つでしたが、それで走れないということはないと思います」


今週の追い切りは期待を膨らませるに値する好タイムでした。つい先月まで様子見できた上で出資した馬なので、今後の成長曲線はともかく、2歳時の能力ぐらいは見通せないと一口馬主の金銭的負担は計りしれません。偉そうなことを言うつもりはありませんが、私は他の方より出資に回す軍資金が少ない分、出資馬の勝ち上がりに対してとてもシビアです。そんな私が仕上がり具合に確信を得て出資した馬なので、2歳の早い段階で勝ち上がるのは間違い合ないでしょう。とはいえ当面の目標は来春の牝馬クラシックへの挑戦なので、レースの間隔を空けながらボチボチ上のクラスへ上がればいいのではないでしょうか。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク