再来週までには全頭入厩!?⑥

2018/2/9 アインツェルカンプ
栗東トレセン

ヒイラギステーブル名張分場で順調に調整され、8日(木)に帰厩しました。
「体つきに若干の余裕はありますが、いい状態で戻ってきてくれました。早速、本日9日(金)から馬場入りを開始しており、明日10(土)は軽く時計を出すつもりです。目標としている2/21(水)笠松・梅見月賞(ダ1400m)は12日(月)が申込締切り。選出された場合は明日を含め、レースまでに3回追い切りを重ねる予定です。順調に仕上がってくれると思いますが、まずは無事に選ばれることを願っています」(牧田和弥調教師)

2018/2/16
栗東トレセン

10日(土)に坂路コースで4ハロン58.6-42.6-27.5-12.6を単走で馬ナリに追われ、15日(木)には坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、54.8-40.2-25.8-12.5を馬ナリに追い切りました。「木曜日の追い切りは相手を追いかけて同入したように、マズマズ動けていたと思います。調教中はフラつくことなく走れていますし、騎乗した助手も『乗り難しいところはなく、操縦性も特に問題ありません』と話していました。新馬戦で見せたようにスピードはあるので、レースでも稽古通りに走ってくれれば結果も変わるはずです。予定していた笠松の交流戦は選出されませんでしたので、次走については追い切りの内容次第で、2/24(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m・混)、もくしは3/4(日)阪神・3歳未勝利(ダ1200m)のいずれかに向かうつもりです」(牧田和弥調教師)


交流戦に選出されなかったのは残念でしたね。今の能力では中央の未勝利戦は役不足だと思います。コンスタントに使って成長を促しつつ、メンバーレベルが下がった夏競馬で何とか、といった青写真を私は描いてます。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

現実路線で。

2018/1/26 アインツェルカンプ
ヒイラギステーブル名張分場.

「現在は角馬場でのフラットワークと、本馬場でダクとハッキングキャンターを合計3000m、全長700mの坂路コースを2本(ハッキングキャンター)のメニューで調整しています。レース後の疲れや馬体の傷みなどは見られなかったことから、入場して2日後には騎乗運動を再開しています。ただ、動きにしなやかさがないというか、全体的に硬さが目立ちますね。角馬場でのフラットワークと、本馬場でのダクとハッキングキャンターで体全体を使わせることを意識しながら調整を進めています。その効果もあって、だいぶ動けるようになってきた印象。引き続きジックリ乗り込みつつ、ペースアップのタイミングを探っていくつもりです」(担当者)

2018/2/2
ヒイラギステーブル名張分場.

「現在は角馬場でのフラットワークと、本馬場でダクとハッキングキャンターを合計3000m、全長700mの坂路コースを2本(17~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。1月31日(水)に15-15の時計消化をおこないました。動きは上々。入場当初は少し硬さがありましたが、角馬場でのフラットワークなどで体全体を使わせることを意識して乗り込んできた甲斐もあって、だいぶ柔らかみが出てきた印象。体を使って走れるようになってきましたね。早ければ来週にも入厩の予定で、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)


帰厩の声はありがたいですが、この時期に交流レースで勝ち上がりを狙うとは、あまりにも志が低いというか現実的というか…。まあ前走の惨敗を見れば妥当な判断とは言えますけどね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

開いた口が塞がらない。

2018/1/14 アインツェルカンプ
京都競馬場・馬体重:490kg
.1/14(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m)岩田康誠騎手 結果14着

「連闘でしたが、跨った感触から状態は良さそうでした。牧田師から初戦は外に張りながら走っていたと聞いていたので、注意してはいたのですが、今日もずっと外にモタれてしまい、上手く御すことが出来ませんでした。ただ、砂を被っても怯んではいなかったし、良いスピードを持っているので、そこを修正できればもっとやれる馬だと思います」(岩田康誠騎手)
※「タイムオーバーによる出走制限」のため、2月14日まで平地競走に出走できません。

2018/1/19
ヒイラギステーブル名張分場
1/14(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m)岩田康誠騎手 14着

この後は三重県名張市のヒイラギステーブル名張分場で調整することになり、17日(水)に移動しました。
「連闘策で臨んだものの、タイムオーバーという結果になり、申し訳ありません。スピードがあるので前には行けましたが、デビュー戦同様、今回も道中でフラついてしまい、上手く流れに乗ることが出来なかったようです。調教ではそういった面は見せていなかったのですが…。レースの疲れはそれほど窺えませんが、この後は一旦、外厩に出して調整を進めることにしました。フラつく面が解消されればレース振りも変わってくると思うので、あちらでもしっかりと乗り込んでもらうつもりです。出走制限後(2/17~)は交流競走の2/21(水)笠松・梅見月賞(ダ1400m)に向かいたいと考えていますが、選出されなかった場合は1回阪神開催(2/24~)を目標に進める予定です」(牧田和弥調教師)


誰が何と言おうとこの出走は無駄な1戦でしたね。そもそも前走の4着がラッキーだったのですが、今回はそのラッキーを陣営がどう生かすかを見ていました。相手関係を見て連闘策を選択したようですが、残念ながらそれ以前にこの馬自身の問題で躓きました。あれだけまともに走れない癖だと勝ち上がりは難しいですね。次走は笠松を予定しているようですが、運よく勝ち上がっても500万条件で2桁着順を繰り返すようでは。。。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

確かにメンバー構成は楽だ。

2018/1/11 アインツェルカンプ
栗東トレセン
1月14日(日)京都・3歳未勝利(ダ1200m)岩田康誠騎手

「レース当日は初めての場所でテンションが上がらないか心配でしたが、パドックから返し馬と落ち着いていましたし、イレ込むこともなく本番を迎えられました。スタートが速かったですし、道中でフラフラしなければ、もう少し前目の位置取りで運べたと思います。前3頭から離されたものの、4着と優先権を獲得できたのは大きいですね。レース後は特に疲れもありませんし、飼い葉食いも問題なく、状態をキープ。本日11日(木)は坂路で軽く調教をおこないました。優先権があるので、当初は1~2週間ほど間隔を空けることも考えましたが、相手関係を検討して連闘させてもらうことにしました。デビュー戦と同条件となるので、今回もスピードを生かした走りを見せてくれると思います」(牧田和弥調教師)


出走馬16頭中、アインツェルカンプ以外に前走掲示板に載った馬が3頭しかいないという、連闘してでも走らせたいという牧田師の気持ちが理解できるメンバー構成です。それでも他馬と持ちタイムが大きく違うので強気な事は言えませんが、岩田騎手なら上手に競馬に集中させる手綱捌きをしてくれると大いに期待しています。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

この結果をどう捉えるべきか…。

2018/1/7 アインツェルカンプ
1月7日(日)京都・3歳新馬(ダ1200m・混)小崎綾也騎手 結果4着
馬体重:490kg

「陣営からはイレ込みやすいと聞いていましたが、今日はパドックでの雰囲気も落ち着いていましたし、返し馬でもダイナミックに走れていました。スタートが速く、外枠でもあったため二列目くらいから前を見ながら運びたかったのですが、前半は終始外へ張る走りに。また、矯正しようと左ステッキを入れると今度は内にモタれてしまい、コーナーもずっと左手前のままで入っていました。上位3頭との着差はあったものの、右手前に替えられて、本来のフットワークで推進できたのは直線残り200m付近からだけですので、それでいて初戦からこの着順なら評価できるのではないでしょうか。まだ幼さは目立ちますが、能力のある馬だと思います」(小崎綾也騎手)


優先出走権を獲得できたので及第点をあげるべき結果なのでしょうが、3着馬と9馬身差というのはどうなんでしょう。第1レースで同条件の未勝利戦がありましたが、アインツェルカンプのタイムだと15着に該当します(汗)。まあ低レベルなのが一目瞭然の顔ぶれでしたし、この馬自身もあと1~2週追ってからデビューしてもいいような仕上がり具合だったので、やはり「ラッキー」と言うべきなのでしょう。
今度は少し間隔を空けてでもしっかり仕上げてもらいたいですね。相手関係次第では小倉や中京開催を狙うべきかもしれません。現時点でそれほど能力がある馬ではないことも分かったので(笑)、勝ち上がるための策を色々講じてほしいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク