急に戻ってきました。

2017/08/09 クラシックエース
在厩場所:9日に函館競馬場へ帰厩
調教内容:
次走予定:8月26日の札幌・2017ワールドオールスタージョッキーズ第2戦、もしくは9月3日の札幌・丹頂ステークス

木村哲也調教師「9日に函館競馬場へ入厩しました。札幌5週目の自己条件か、格上挑戦になりますが距離適性のある6週目の丹頂ステークスのどちらかで検討しています。今後の状態を見ながら判断させていただきます。」


木村厩舎にしては帰厩が早いなぁ、と一瞬思いましたが、次走がWAJSならあと2週間でしたね^^; 不良馬場厩舎の出世頭として、得意条件ならではの好走を期待しています。個人的には格上で丹頂Sへの出走を希望していますが。。。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

なかなかの成績。

2017/07/28 クラシックエース
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:第2回札幌開催

担当者「先週こちらに到着していますが、かなり頑張って走ったようで結構疲れが見られますね。入場後からここまでウォーキングマシンで様子を見ており、徐々に回復はしてきているものの、もうしばらくは楽をさせながら馬体の回復を図っていく予定です。木村調教師からは札幌開催の後半を目標にしたいと連絡を受けていますので、何とか間に合うように調整していければと考えています」


2017/08/04
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めの1,600m、残りの日は軽めの調整
次走予定:第2回札幌開催

担当者「段々とレースの疲れは取れてきていることから、この中間から乗り運動を再開しています。今のところ坂路入りした後も脚元を含めて問題は見られませんが、今後も怪我にはよく気を付けながら進めていくとともに、帰厩に向けてペースアップするタイミングを図っていきたいと思います」


こう言ってはなんですが、勝ち上がりに苦労しローカル開催でしか出番のない馬でも、得意な条件が一つあればこうやって活躍できるんですね。降級制度を使うことなく3勝し、獲得賞金4000万弱(回収率192%)という結果は、出資馬として合格点を与えられる数字です。球節の状態もあるのでこの先は1戦1戦が勝負になるでしょうが、せっかくセン馬になったことだし(!?)、少しでも長い競走生活を送ってほしいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

そこにも適鞍が…。

2017/07/19 クラシックエース
在厩場所:19日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧
調教内容:
次走予定:未定

木村哲也調教師「正直なところ、状態は万全とは言い難かったのですが、函館のこの条件はよほど合っているのでしょうね。吉田隼人騎手も、他が早めに動くところをぎりぎりまで我慢し、上手く乗ってくれたと思います。レース後も脚元は悪くはなっていないものの、依然不安があるのも確かです。19日にノーザンファーム空港へ放牧に出し、状態を見ながら次走を検討しますが、最短で札幌5週目の自己条件・2017ワールドオールスタージョッキーズか、6週目のオープン特別・丹頂ステークスになると思います」


レースに出走しないのに1ヶ月以上も出張馬房での調整はあり得ないと思っていましたが、そう言えばここは北海道。ノーザンファームへ放牧に出せばよかったんですね^^; そして本場開催が始まる9月の丹頂Sまで待てば、格上と言えど層の薄い相手関係が期待できます。これはいい案ですね!それまでは脚元のケアも含め、今度こそ万全の状態で出走してほしいですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

函館の人(と馬)。

2017/07/16 クラシックエース
7/16(日)函館12R 北海ハンデキャップ〔芝2,600m・12頭〕優勝[6人気]

まずまずのスタートから無理せず、道中は8番手辺りを追走、2周目の3,4コーナーにかけて進出していき、直線で外に出して追い出されるとしっかり脚を伸ばし、最後は騎手も手綱を緩める余裕を見せ、見事に約1年振りの勝利を挙げています。
吉田隼人騎手「返し馬で常歩をしている時は結構力んでしまっていて大丈夫かなと思ったのですが、キャンターに入るとリラックスして走れていたので感触は良かったです。今日も道中力むところはあったものの、下が緩い分、いい感じに前進気勢が削がれて、ハミの掛かり具合も丁度いいくらいでした。前半は前に馬を入れて我慢させ、勝負どころから上がって行きましたが、手応えが良かったですし、最後もしっかり脚を伸ばしてくれました。陣営が上手く調教してくれたお陰で、今日はとても乗りやすかったですし、この条件も合うのでしょう」
調教助手「メンタル面の影響があるのか、この馬なりに飼い葉を食べてくれているものの、昨年に比べると馬体になかなか実が入ってこなかったんです。何とか馬体重の増減なく出走することが出来ましたが、本音を言えば滞在ですし、もう少しフックラさせて出したかったところで、そこら辺は気掛かりな面がありました。ただ脚元については悪化することなく調整することが出来ましたし、本数をこなす毎に状態は上がってきていたので、何とかいい走りを見せて欲しいと思っていました。それがしっかり結果を残してくれるのですから、本当に嬉しいですし、クラシックエースには頭が下がる思いです。吉田隼人騎手もこの馬の癖を掴んで上手く乗ってくれたと思いますし、この条件も合うのでしょうね。レース後はよく脚元の状態をチェックさせていただき、調教師と相談して今後の予定を組んでいきたいと思います」


祝・3勝目!しかもその全てが函館での勝利!! これほど分かりやすいハービンジャー産駒はいませんね^^ 
レースは2周目の向こう正面からペースが一気に上がる中、内々でじっと我慢していた吉田隼人騎手の判断が功を奏し、直線弾けると最後は2着馬に2馬身半の差をつけての完勝。流石は函館リーディングジョッキー。
前2走が全くと言っていいほどの完敗だったので、出資者としても「何とか3着以内」程度の考えでした。やっぱり出資者は常に出資馬のミラクルを願わなければいけませんね。この馬に心構えを教わった気がします。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

分岐点。

2017/07/12 クラシックエース
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースで12日に時計
       助 手 7.12函W良 56.1- 40.2- 12.8[5]馬なり余力
次走予定:今週日曜の函館・北海ハンデキャップ〔吉田隼人〕

木村哲也調教師「速いところに行くと、コントロールが難しくなるので、12日の追い切りも単走・馬なりで行いました。動きは徐々によくなり、久々でも態勢は整ってきています。左前球節周辺には依然張りがありますので、今後も引き続きケアをしていく必要があるでしょう。状態に関して、昨年と違うのは、飼い葉はそれなりに食べているものの、馬体が徐々に減ってきていることです。普段からカリカリして余計に消耗してしまっているのだと思いますが、今回は輸送がない分、馬体減りは最小限に抑えたいところです。とにかく2勝を挙げている同条件の函館コースですから、何とか巻き返してほしいところです」


天栄からの調整過程を見る限り、特に去勢前と変わった感じはしませんね(汗)。あとは得意な函館開催でどこまで実力を発揮できるか。北海道開催中で何とか浮上のきっかけを掴んでもらいたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク