ハイリスク・ローリターン・ローチャンス・ローインプレッション

今日は休みなので、何か有益な競馬情報はないかとネットサーフィンをしていました。そしてYouTubeを見ていたら、話題の「DMMバヌーシ-」記者発表時の、責任者さんの話がアップされていました。

セレクトセール上場馬の落札価格をチェックする流れでこの一件を知り、これに関する記事をいくつか読んで大まかなコンセプトは理解していました。このビジネスが成功するかどうかは私の知ったこっちゃないですが、少なくとも初年度募集馬の成績が大きな鍵になることは間違いないと思いました。

そもそも競走馬への出資自体がリスクの高い趣味です。出資から2年以内に半分以上の馬が1勝もできず中央競馬を引退しますし、残った中でもTV中継されるような大レースに出走できる馬が何頭いるでしょう?DMMさんが仰る「感動」が何を想定しているかは知りませんが、もしそれが記者発表時に言った日本ダービーだとしたらへそで茶が沸くわ!と言いたいです。良血馬を含むとはいえ、たかだか世代4~5頭の募集馬数で口にできる目標ではないですよ。現実問題、9割以上の募集馬が檜舞台に立つことなく去っていくのです。ライトな競馬ファンがそんな状況を何年も我慢しながら出資し続けてくれるとは思えません。

なので軌道に乗る可能性が大いにあるとすれば、初年度募集馬の1頭が早々に勝ち上がってクラシックロードに乗ることですね。そうすればデビュー~G1出走をみんなで喜ぶ「感動共有」コンセプトを短期間で現実化でき、これ以上ない宣伝広告になるでしょう。

私が入会することは永遠にないですが、一つだけお願いがあるとすれば「ドナブリーニの17」がデビューするまでバヌーシを続けて下さいね^^
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

2度目の見学。

現在シルクホースで5頭(美浦1頭、栗東4頭)出資していますが、昨秋の出走ラッシュの反動か今は全頭放牧中です。レーシングカレンダーを見ても、2月一杯まではどの馬も出走しそうにありません。

せっかく出資馬が一ヶ所に集まっているので、ならば栗東所属の4頭を見学しにノーザンファームしがらきへ行くことを思いつきました。ちょうど2/3(金)が休みだったので、先週金曜日に予約の電話をしました。無事予約は取れたのですが、営業開始時間の10時きっかりに電話したにもかかわらず、3枠ある見学枠が残り1枠だったのには焦りました(汗)。

2年ほど前に1度行ったので、今回は2度目の見学になります。今回は事前に色々下調べをして、牧場担当者から近況コメント以上の話を引き出せるよう頑張ります。あ、もちろん写真もバチバチ撮ってきますよ。

乞うご期待!

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

謹賀新年。

皆様、明けましておめでとうございます。正月早々、不定期更新の私のブログをご覧いただきありがとうございます。本年も私の一口馬主の主題である「お値打ちな馬探し」に沿ってあれこれ書いていくので、どうぞお付き合い下さい。

まずは昨年の不良馬場厩舎の成績を振り返ります。
6頭で計33レースに出走し 5-1-5-3-4-15 という結果でした。率的には上々の成績ですが、勝ち鞍が未勝利戦3勝、500万戦2勝と下のクラスでの勝利しかなく、それが響いて総獲得賞金も5723.4万円と低調でした。

次は各出資馬の寸評です。
○プルーヴダモール…8月に小倉で奇跡の障害戦勝ちを飾るも、12月のOP戦では大差のブービー負け。引退の是非を判断する前に、早いタイミングで芝短距離に戻してほしい。

○クラシックエース…7月にハービンジャー産駒得意の北海道開催で2勝目を挙げるも、1000万条件の中山開催では勝負にならなかった。大目標を7~8月の北海道開催に据え、それまではローカル開催で小銭稼ぎを。

○パーシーズベスト…春の実績馬に故障続出で運良く秋華賞に出走。しかしながら続く自己条件戦では5着と、展開に左右される脚質を露呈。能力的にはまだ底を見せてはいないので、条件の合うレースを選び一戦必勝体制で早くOPクラスへ。

○ジュメイラリーフ…もっと早く転厩していればと嘆かざるをえない結末。馬と厩舎方針の相性の大切さを痛感しました。

○ナイトバナレット…ハイレベルの新馬戦を4着、12月のひいらぎ賞を3着とこの価格帯の募集馬にしてはなかなかの成績。矢作厩舎の「レース選択力」の助けを借り、条件戦勝ち→重賞出走が大目標。

○ウィッシュノート…8月早々にデビューを果たすも、走る度に着順を落としていく最悪のパターン。溜めても伸びない末脚は体力不足の証拠なので、現状では更なる成長を待つしかない。これで成長が止まる血統的ではないので心配はしていないが。

○グランティエラ…前脚のスクミで一時はどうなることかと思いましたが、現在は順調に乗り込めているようです。まずはデビューできるよう頑張りましょう。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

次の一手を打ちました。

急な話ですが、昨日新たに別の一口馬主クラブに入会を申し込みました。

理由はいくつかありますが一番は「コスト削減」です。今でも別に払えない金額ではないのですが、最近一口馬主にそこまでの金額を使うのはどうかと思うようになりました。一口馬主を始めた頃は独身でしたが、今は結婚をして子供もいるので、金銭感覚や価値観に変化があるのは当然のこと。しかし、社台系の生産馬でなければ(特に芝路線で)出世できないのもまた現実。出資馬が平場の下級条件ばかりでも楽しくないのは過去に経験済みなので、安価な馬ばかりに出資してそんな状況になるのも避けたい。

そこで行き着いた結論は「クラブの掛け持ち」です。シルクホースで出世が期待できそうな馬を、別のクラブで出走回数と賞金を確実に稼げそうな馬を探して出資する。その時々に合わせてクラブの予算比率を調整すれば、出資頭数を減らさず予算を減らすことも可能です。そして「あの」クラブであれば月会費も安価なので掛け持ちによる金銭的負担も軽微です。

ここまで言えば「あの」クラブしかないのですが(笑)、入会手続きが正式に完了してから出資馬も含めて発表したいと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

そういう考え方もありかな。

出資馬ではありませんが、本日東京の新馬戦(ダ・1600m)をシルクのクラブ馬であるアルーアキャロル号が圧勝しました。出資者の皆様、おめでとうございます。

正直私は調教師の名前を聞いた時点で候補からは外しましたが(笑)、昨秋ラウンジに訪問した際にノーザンファームから転勤されたスタッフさんが強く勧めていた事を思い出しました。相手関係が強化されたら今日のようにはいかないと思いますが、アクシデントさえなければ来年中に募集価格(1500万円)の2~3倍は稼ぐでしょう。クラスが上がると調教師の調整手腕で結果が大きく左右される(過去に何度も経験あり)ので、今まではこのクラスの調教師さんの募集馬は敬遠していました。しかし馬のデキと募集価格、そしてダート馬ということであれば今後は出資するのもありかなー、と思いました。

まあこの世代は予算を大きくオーバーして出資したので、入厩直前に良い情報を聞いても出資はしなかったとは思いますが。。。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク