キャンセル募集。

ここ2ヶ月ほど出資馬の出走がなかったのですが、先週と今週の2週で大挙5頭が出走します。先週走った1頭が屈腱炎を発症し、本日引退が決まりました。そしてクラブからはキャンセル募集の発表があり、未だ1頭も出資していないシルクの2016年度募集馬を再考する機会となりました。急に私の一口環境が動き出した感じがします。

まずはキャンセル募集への申込み。当たらない確率の方が圧倒的に高いので、申込みは以下の2頭にする予定です。

・サラーブ(サマーハの15)
・テネイシャス(ヒカルアマランサスの15)


サラーブは1次募集でも申し込みをした馬(惜しくも落選)。テネイシャスは昨年末辺りから、坂路調教動画でピカイチの動きをしており注目していました。軍資金はしっかり貯めてあるので、仮に両頭当選しても問題なし。2頭とも落選したら、候補を3頭程度に絞ってある残口馬から1頭だけ出資し、残金は今年度の募集馬に回そうとし考えています。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

もう一丁!

2017/03/21 ナイトバナレット
3/18(土)中京11R ファルコンステークス(GⅢ)〔芝1,400m・16頭〕11着[1人気]

スタートでバランスを崩し、最後方からの追走となります。3,4コーナーは外を回って進出し、直線は大外から前を捉えにかかりますが、思ったほどの伸び脚はなく、11着でゴールしています。
中谷雄太騎手「ゲートは少し左に張って出たためバランスを崩してしまったのですが、スタートであれぐらい遅れるのはいつものことですし、道中の雰囲気は決して悪くありませんでした。コーナーを回ってくるときは少しバラッとした走りだったものの、直線で手前を変えたら、いつものように伸びるだろうと思ったのですが、手応えがスカスカで全く脚を使えませんでした。自分がどれだけ下手に乗っても、能力的に着は外さないと思っていただけに、この結果は負け過ぎだと思います。調教では以前から若干左に張る癖があったものの、競馬ではそういうところは一切見せませんでしたが、今回は返し馬からいくらかそういうところを見せていたので、嫌な面が出てきているのかなという感じがしました」
矢作芳人調教師「以前よりも装鞍所から落ち着いているなと感じたので、レースへ行ってもそれがいい方向に出てくれるのではないかと思っていたのですが、落ち着いていたのではなく、レースに対して気持ちが入っていなかったのか、全くいいところがありませんでした。追い切りの動きからしてもこんなに負けるはずはない馬なのですが、今回のところは明確な敗因をつかみかねます。間隔を詰めて使うことで馬の気持ちが入ってくるタイプなのかもしれませんし、次は巻き返したいですね。疲れがないようであればニュージーランドトロフィーに向かいたいと思います」

2017/03/22
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:中山4月8日 ニュージーランドトロフィー(GⅡ)〔中谷雄太〕

助手「正直勝ち負けを意識していただけに、あそこまで負けるとは思いませんでした。もう少しプラス体重で出走できると思っていましたが、輸送で少し減ってしまいました。でも、競馬場に到着してから飼い葉をしっかり食べてくれましたし、状態に関してはいい状態でレースに向かうことが出来たと思います。ただ、前走のジュニアカップの時と比較すると、妙に大人しく、パドックを周回していてもガツンと来るところがありませんでした。レースを終えてからも、疲れている様子はなく、ケロッとしていたぐらいですから、まったく力を出し切っていない感じでした。一度使って気持ちが乗ってくると思いますし、ニュージーランドトロフィーで巻き返せるように調整していきたいと思います」


関係者の総意として、中谷騎手の前走の乗り方に問題はなかったということですね?興奮した馬をなだめるのも騎手なら、気合を入れたり集中させるのも騎手。そして騎乗馬の得意な戦法を貫くのも騎手なら、レースの流れに騎乗馬の能力をフィットさせるのも騎手。どうも中谷騎手にはその辺りの臨機応変な判断と結果に結びつけるための「引き出し」が足りないように私は感じます。

どちらにしても次走の結果(と内容)で、この馬がマイルCを目指すのかも含めて全てが決まると思うので、万全な仕上げと騎乗で結果を残してもらいたいですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

早くも帰厩。

2017/03/22 クラシックエース
在厩場所:19日に美浦トレセンへ帰厩済み
調教内容:南Wコースで22日に時計
       助 手 3.22 南W不 56.7- 41.1- 13.0[7]馬なり余力
       テオドルス(三未勝)馬なりの外に0.2秒先行同入
次走予定:4月16日の福島・奥の細道特別

木村哲也調教師「19日の検疫で帰厩させてもらいました。帰厩後も順調で、22日に南Wコースで時計を出し、併走馬に先行し直線は外に併せて同入しました。去勢後ですが、雰囲気には今のところ特に変わった感じはなく、いつも通りです。久々になるので、予定の福島2週目に向けてじっくり調整していきます」


10日競馬専門の木村師でも、さすがに去勢手術後の馬は手元でじっくり調整するんですね。条件的にはこの馬にあっているので、調教で好調なところを見せてほしいですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

お疲れ様でした。

2017/03/21 プルーヴダモール
3/18(土)中京5R 障害オープン〔障3,300m・14頭〕13着[14人気]

まずまずのスタートから一旦は先行集団に加わりますが、徐々に位置取りを下げ、1週目のスタンド前では、中団よりやや後方でレースを進めます。勝負どころで付いていけず、後方2番手で直線を向くと、最後も余力がなく後方のままゴールしています。
田村太雅騎手「外枠で距離ロスがあったせいもあり、思っていたよりも折り合って進めることができました。たまにちょっと噛むところはありましたが、すぐに抜けてくれましたし、障害飛越も上手にこなしていました。でも最後は脚が上がってしまい、ゴールまでは何とか辿り着きましたが、その後は引き上げてくる体力も残っておらず、フラフラしてラチにもたれかかってしまうほどだったので下馬しました。脚元がどうこうということではないと思います。一生懸命すぎるところがあるので、折り合っているようでいて、少しずつ脚を使ってしまっているのかもしれません。もう少し体力が付いて、リラックスして走れるようになればいいのですが・・」
西園正都調教師「状態としては、この馬なりにいい雰囲気でレースに向かうことができたと思います。走りだすと気が良い馬なので、どうしても力みながら走ってしまい、その影響で余計なスタミナを消費してしまいます。飛越は上手な馬なので、いかに前半ムキにならずに走れるかが課題ですね。ゴール板を過ぎて止め際に息づかいが苦しそうにしていたために、そのまま馬運車で戻ってきましたが、どうやら酸欠のような症状になったようです。すぐに落ち着きましたし、その後は厩舎周りの運動でも体調面は変わりありませんでした。ただ、トレセンに戻って馬体チェックを行ったところ、右前の裏筋がモヤっとしているので、後日診療所で詳しく検査を行う予定です」

2017/03/22
在厩場所:栗東トレセン/24日に競走馬登録を抹消予定
調教内容:
次走予定:

西園正都調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、右前の裏筋が気になった為、22日に診療所で詳しく検査を行ったところ、浅屈腱炎の診断がおりました。症状も重度とのことで、完治するまでかなりの時間を要するとのことでした。新馬戦を勝ち上がった後は苦戦を強いられましたが、障害レースに矛先を変えてから未勝利を勝ち上がり、よくここまで頑張ってくれたと思います」 これを受け、今後について協議した結果、復帰までには相当の時間が掛かる見込みであり、その過程において再発のリスクも高いと言わざるを得ず、このような状況では、ご出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性が高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたしました。24日に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


シルクホースクラブ最初の出資馬がとうとう引退となりました。この馬は様々な点で私の一口生活の記憶に残る出資馬でした。牧場の坂路を綺麗なキャンターで駆け上がる動画を見て出資を決め、その3ヶ月後にデビュー&新馬勝ち。その時は自分の相馬眼を過信するほど嬉しかったです(笑)。しかしながらその後は5連続2ケタ着順。気性難で制御が利かないのが原因だったのですが、思えば調教動画がいつも単走だった点で見抜いた人もいたでのしょう。そして「1月生まれの小柄な馬」が成長力に期待できないという教訓も与えてくれました。障害戦に矛先を変え、6戦目にして念願の勝利。能力的に厳しかったこの馬が2勝もできたのは、間違いなく西園師の番組選びの妙に因るところが大きかったです。

そして一番印象に残ったのは、障害戦でプルーヴダモールが懸命に走る姿。一生懸命な人を応援したくなるように、勝ち負けや損得を抜きにして出資馬を応援する気持ちになったのは、一口生活12年にしてこの馬が初めてです。レース後に酸欠で歩けなくなるほど走ることに一生懸命な馬ですから、出資者の心を動かさないはずがありません。

父が落第レベルの種牡馬成績で母父がサンデーサイレンスという血統から、繁殖に上がるという夢は断たれてしまいました。馬術競技馬や乗馬はセン馬が用いられることが多いようで、前途もなかなか厳しいようです。競馬とはそういった二面性を持った娯楽なのでしょうがないですが、今はとにかく感謝の気持ちでいっぱいです。

プルーヴダモール、お疲れ様でした。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

本日の結果②

2017/3/18 ナイトバナレット
中京11R ファルコンS 芝1,400m 11着

中谷雄太騎手は「スタートはいつも通りでしたが、道中の雰囲気は悪くありませんでした。直線は勝ち馬と一緒に上がっていけると思ったのですが、手応えがスカスカで全く脚を使えませんでした」と話していました。


レースを見ていて思ったのですが、1400mという距離はナイトバナレットにはちょっと短いですね。こなせなくはないですが、この距離を得意とする馬と比べると適性が劣る感じがします。もっと道中に中弛みがある距離がよさそう。といった感想を前提の上で言います。「こら中谷!敗因を馬のせいにするなボケ!!!」

ナイトバナレットは一生懸命走る馬なので、道中リラックスして追走させないと最後は息切れを起こします。今日も1000mのラップタイムはジュニアカップとほぼ同じでしたが、新馬戦と同じように道中は気合十分で番手を上げていったため、最後は脚色が鈍ってしまいました。スタートで体勢を崩して大きく出遅れ、テレビで見ても分かるくらい鞍上は慌ててましたし、焦る気持ちがこの馬のペースを乱したのか。私には鞍上の「経験不足からくる余裕のなさ」を痛感した1戦となりました。最近は成績も右肩上がりで期待していましたが、やはり19年で139勝という実績は正直です。これは1、2ヶ月で変わるものではないので、次走は当然乗り替わり希望です。3歳戦はワンチャンスの連続なので、中谷騎手には古馬になってからまたお世話になればいいと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

本日の結果①

2017/3/18 プルーヴダモール
中京5R 障害オープン 障3,300m 13着

田村太雅騎手は「思ったよりも折り合いが付いて進めることができました。ただ一生懸命すぎるところがあるので、最後はフラフラで体力が残っていませんでした」と話していました。


OP2走目も勝ち馬から2.9秒差の13着(14頭中)でした。コメントにもあるように、OPで戦うには本質的な体力が足りないですね。元々小柄な馬なので仕方ないですが、集団に付いていけるのは最初のうちだけ。勝負どころでペースが早くなったらズルズルと下がっていってしまいます。
これではちょっと続戦する意味を感じません。相手関係でどうにかなる差でもないので、可能であれば次の目的を与えてあげる時期に来ているのではないかと思いました。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

気性の成長。

2017/1/31 エンシャントアーツの15
(ノルマンディーファーム)・馬体重:496kg

現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。物見してふわつく走りが目につき、相変わらず坂路コースの途中部分で止まりかけるなど、まだ集中力に欠ける様子が窺えます。もともと見映えする馬体でしたが、ここにきて背肉が乗って全体のボリュームも増してきた感があり、バランスの良さは一層際立って見えます。今後継続して乗り運動を行うことによって、促さずとも自分からハミを取る前向きさが出てくれば、推進力が違ってくるでしょう。

2017/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。まだハミ受けを嫌がる面があり、乗り手が求めると肩の出が窮屈になって走りもバラバラになってしまいますが、今後じっくりと教え込んでいくことでフォームは安定してくるでしょう。飼葉食いが旺盛で体つきには迫力を増しており、体調面や脚元にもまったく不安は感じられません。冬の間は基礎固めに専念し、体力強化に努める予定です。

2017/2/28
(ノルマンディーファーム)・馬体重:499kg
.
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。稽古ではまだ物見が激しく、他馬を怖がって少し外にヨレて走る場面も多く見受けられ、ハミ受けの悪さもいまひとつ改善されてきません。馬力優位でやや力任せな面はあるものの、これぞパワータイプといった力強い脚捌きは迫力感があるだけに、もうしばらくの間は基礎固めや体力強化に専念するつもりです。大型馬でも脚元に不安を感じることはないため、今後もビシビシと乗り込んでいけるでしょう。

2017/3/16 (ノルマンディーファーム).
現在は坂路2本(上限20秒)のメニューで調整しています。大型馬ですが脚元に不安はなく、休まず鍛錬できている点は好感が持てます。他馬に対して少し臆病な面が見受けられ、まだ物見の多さは改善されてきませんが、ハミ受けの方は少しずつ良化してきている印象です。掻き込む走法で血統のイメージ通りパワータイプ。今後集中力が増してくれば、もっと前へ推進する力も付いてくるでしょう。


やはり鬼門は気性になりそう。まあ覚悟の上で出資を決めましたし、それを補って余りある馬体をしている点で出資を決めたので、ここは大人しく成長を見守るしかないですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

しょうがない。

2017/3/16 グランティエラ (美浦トレセン).
3/19(日)中山・3歳新馬(ダ1800m・混)丸田恭介騎手 除外(非当選)

「レース当該週というのと、雨が降って馬場状態が悪かったため、そこまで速いところはやっていないないので時計にはなっていませんが、今週もポリトラックコースで追い切っています。2月末に脚元に疲れが見られ、それ以降はこちらもどれくらいの負荷をかけると影響が出るかわかってきたのもあり、上手く加減しながら調整できていると思いますよ。先週と比較して動きも良くなってきているのを感じていただけに除外は悔やまれますし、抽選とはいえ申し訳ない気持ちです。気持ちを切り換えて来週に向けて調整していきましょう」(清水英克調教師)


登録馬数を知った時点で無理だと諦めていたので、まあしょうがないですね。未勝利戦であれば希望レースもバラけると思うので、近いうちに出走できるでしょう。あれこれ考えるのはそれからですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

成長を促す。

2017/03/16 ウィッシュノート
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:15日に坂路で追い切り
       鮫島駿 3.15栗坂良 52.0- 38.0- 24.8- 12.3 馬なり余力
次走予定:阪神3月26日 ダート1,200m(牝)〔松若風馬〕

安田隆行調教師「15日に坂路で追い切りました。後半のハロー掛け後に行ったこともあり、時計が出易い馬場だったのは確かですが、それにしてもよく動いてくれましたね。鮫島克駿騎手が騎乗していたこともあるかもしれませんが、調教後感触を確認したところ、『かなり動きが良かったですよ。持ったままで余力十分でした』と言っていました。体型はまだコロンとしているものの、休養を挟むごとにしっかり動けるようになってきているので、確実に成長してくれていますね。順調に仕上がってきましたので、3月26日の阪神・ダート1,200m(牝)を松若風馬騎手で向かう予定です」


しがらきでの乗り込みが十分でない状態での帰厩となりましたが、休養前には出したことがないようなタイムをいきなり叩き出しましたね。2歳戦からバリバリ走る血統ではないのでどれだけ成長したか期待してはいましたが、これは私の想像以上かもしれません。
話はちょっと飛びますが、以前しがらきを見学した時にスタッフさんに「成長の促し方」について質問しました。結論としては人間と同じで、運動(筋肉への刺激)→休養 を交互に行うことで促すことができるとのこと。この馬はレース→休養 の繰り返しで成長を促している。関東の某厩舎でよく聞かれた「成長放牧」も、強い負荷をかけた運動→休養 を放牧先で行っているだけで、根本的な理屈は全く同じだそう。ウィッシュノートは血統からもタフそうなので、レースで成長を促す方があっているのかもしれません。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

ここまでは万全。

2017/03/15 ナイトバナレット
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:15日に坂路で追い切り
       助 手 3.15栗坂良 51.9- 37.7- 24.6- 12.4 一杯に追う
       モズフレミントン(三未勝)一杯を2.1秒追走0.4秒先着
次走予定:中京3月18日 ファルコンステークス(GⅢ)〔中谷雄太〕

矢作芳人調教師「15日に坂路で追い切りました。前走後は一息入れてここまで間隔を空けましたが、馬体に幅が出てとてもいい感じに成長してくれました。追い切りの動きを見ても言うことのない出来でレースに臨めそうですし、直線の長い中京の1,400mは条件としてはこの馬に合っているので、あとは時計の速い馬場にどれだけ対応してくれるかですね。前走のように焦らずこの馬本来の競馬に徹すれば、しっかり末脚を活かしてくれると思っています」
助手「全休日明けはいつも煩いですが、14日はいつも以上にテンションが高かったですね。レースが近づいてきているのがわかっているのか、闘争心をかなり表に出しているので、出来る限り、無駄な体力を使わないように努めています。順調にここまで調整することが出来ましたし、ナイトバナレット本来の力を発揮すれば、十分勝ち負けしてくれると思っています」


過去の勝ち馬の顔ぶれを見ても、その後の活躍はせいぜいOP特別~ローカルG3レベル。決してレベルが高い重賞ではなく、仮に勝ったからと言ってその後の活躍が保証されている訳でもありません。だからこそ脚質に由来する一抹の不安はあれど、この程度のレースぐらい地力の差で勝ってくれよ、というのが私の本音です。ここで連を外すようであればマイルCに出走する意味もないとさえ思います。まあ新馬戦、ひいらぎ賞、ジュニアカップで闘ったライバル達を思えば負けることなど想像もつきませんが。

でもそんなレースでも負けてしまうのが競馬なんだよなぁ^^;

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

この馬も。

2017/03/15 パーシーズベスト
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:15日に坂路で追い切り
       助 手 3.15栗坂良 52.9- 38.9- 25.6- 12.8 強目に追う
       キングカヌヌ(古1000万)一杯を0.5秒追走0.2秒先着
次走予定:阪神3月26日 四国新聞杯〔松若風馬〕

石坂正調教師「15日に坂路で追い切りました。レース1週前ですから、テンからしっかり負荷をかけて行いましたが、最後も12秒台でまとめてきましたから、動きとしては良かったと思いますよ。ここまで体調も変わりなくきていますし、飼い葉をしっかり食べていることで、馬体もフックラしていますから、いい状態で来週の競馬に向かえると思います。ジョッキーは松若風馬騎手にお願いしています」


以前はあまり調教駆けしませんでしたが、見栄えのするタイムが出せるようになりましたね。こんなところにもこの馬の成長を感じます。前走(衣笠特別)の1、2着馬はこの短期間で既にOPクラスにまで出世しています。この馬にも連勝するだけの能力は感じるので、脚質の不利が出ないようもう少し競馬上手になってほしいなぁ。。。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

今回の目標は。

2017/03/15 プルーヴダモール
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:15日に坂路で追い切り
       助 手 3.15栗坂良 58.8- 40.9- 26.2- 13.4 末強目追う
次走予定:中京3月18日 障害OP・芝3,300m〔田村太雅〕

西園正都調教師「障害練習と速い追い切りは先週しっかり行っているので、15日の追い切りはテンションを上げないように坂路でサッと行いました。これまでにないぐらい体調が良く、調教後も飼い葉をしっかり食べてくれているので、緩めずに乗り込むことが出来ました。ON・OFFがはっきりしている馬なので、実戦に行ってどこまで折り合って走ってくれるかがポイントになりますが、障害レースなら息を入れるところが作れるので、この馬には向いているのかもしれません。テン乗りで未勝利を勝ち上がったように、乗り難しい馬ではありませんから、乗り替わりは問題ないと思います」


以前の師のコメントでもありましたが、障害と言えど少しでも距離が短い方がこの馬には適条件。ちょうど4/8(土)に福島で2750mのOP競走があるのですが、何とか続戦で出走できないものかと思っています。障害競走が平地と同じルールであるとすれば、今回のレースは「目指せ掲示板!」が現実的な目標でしょうか。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

様子見?

2017/03/10 クラシックエース
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回坂路コースで14-14、週1回周回コースで6ハロンから14-14
次走予定:4月16日の福島・奥の細道特別

天栄担当者「その後は右トモの疲れが出ることなく、順調に乗り込まれています。もう少しこちらで調整することになると思いますので、今後も注意しながら進めていきたいと思います」馬体重442㎏


ここ1ヶ月半はずっとハロン14秒のキャンターで馬体重も440キロ台と安定しています。馬体重も欲を言えばあと20キロぐらい増えてほしいですが、去勢の効果が出るまでにあと2~3ヶ月はかかるようなので、次走は様子見でしょうか。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

祝・除外。

2017/3/9 グランティエラ (美浦トレセン)
3/11(土)中山・3歳新馬(ダ1800m・混)二本柳壮騎手 除外(非当選)

22日(水)にPコースで5ハロンから併せ、67.3-52.5-39.1-12.7を馬ナリに追い切りました。「トモに疲れが出たこともあり、今回は負担を軽減させるためにポリトラックコースを使用しています。動き自体は悪くないのですが、正直やはりまだ緩さがありますので、じっくりつき合っていくつもりですよ。出走を考えていたレースは22頭除外となり、グランティエラも出走が叶いませんでしたので、来週に切り換えて調整していきます」(清水英克調教師)


結果的には除外になること前提の騎手選定だったんでしょうね。今開催で新馬戦も終わってしまいますし、思うように出走できないのは仕方がないこと。それよりも、照準を絞れないことで不完全な状態での出走を強いられないかが心配。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

抜群の追い切り。

2017/03/09 ナイトバナレット
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:8日に坂路で追い切り
       助 手 3. 8栗坂良 51.1- 37.2- 24.5- 12.4 一杯に追う
次走予定:中京3月18日 ファルコンステークス(GⅢ)〔中谷雄太〕

助手「8日に坂路で追い切りました。レース1週前でしたから、それなりに負荷をかけて行いましたが、やはりいい動きをしますね。全体の時計も優秀ですし、終いもスッと反応していましたから、とてもいい具合に仕上がってきています。人に対して悪いことをしないものの、馬が横に来ると威圧するぐらい気の強さがあります。馬房の中でも立ち上がって納得するまで暴れて、落ち着いたと思えばスヤスヤ寝ていますからね。それがあるから前走のような爆発力のある末脚を見せてくれるのでしょう。あとはゲートの出が安定すればもっと楽な競馬が出来るようになると思います。重賞を勝ち負け出来る器だと思っているので、無事にレースまでいけるように最善を尽くしていきたいと思います」

8日の追い切りでは全体で6番手という素晴らしいタイムが出ました。超早熟な母系なので夏以降の成長は疑わしいですが、5月生まれが作用してかこの短期放牧中に一回り大きくなりました。ファルコンSで人気通りの着順になれば主役の一角としてマイルカップに参戦できますし、ナイトバナレットが掲載された記事が増えて競馬雑誌を買うのが楽しくなりそう。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

早く勝ち上がって。

2017/03/08 ウィッシュノート
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:8日に坂路で追い切り
       鮫島駿 3. 8栗坂良 53.9- 38.8- 24.9- 12.2 強目に追う
次走予定:未定

安田隆行調教師「8日に坂路で追い切りました。55秒ぐらいで上がってくるように伝えていましたが、馬場が良かったこともあって、予定より速くなりました。見た感じそこまで出ているようには感じませんでしたが、最後も楽に上がってきましたから、帰厩後初めてしっかり行った割には良く動いてくれました。もう少し本数は必要かもしれませんが、これぐらい動けば復帰までそう時間はかからないでしょうから、週末と来週の動きを見て具体的な番組を検討したいと思います」

思ったより早く帰厩しましたね。次週以降の追い切り次第だとは思いますが、何とか中京開催での復帰は可能でしょうか?今週は鮫島騎手鞍上とはいえなかなかのタイムが出ましたし、25(土)の牝馬限定戦1400mか混合戦1200mのどちらかになりそうな気がします。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

お手並拝見。

2017/03/08 パーシーズベスト
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:8日に坂路で追い切り
       助 手 3. 8栗坂良 55.2- 40.4- 26.2- 13.0 強目に追う
       アルファベット(新馬)一杯に0.2秒先行0.4秒遅れ
次走予定:阪神3月26日 四国新聞杯

石坂正調教師「8日に坂路で追い切りました。併走馬のペースに合わせたものですから、時計はそこまで速くありませんでしたが、最後まで余力十分でした。毛艶も良くなってきていますし、あと2週間しっかり調整すれば、万全の状態でレースに臨めると思います。ジョッキーは数名リストアップしているので、手が合いそうな乗り役にお願いしようと思っています」

前にも書いたように中京では高松宮記念、中山ではマーチSがある中で、どこまで上位騎手を確保できるかお手並拝見です。秋に再び重賞挑戦をするにはこのクラスで足踏みする訳にはいかないですし、必勝態勢で臨んでもらいたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

期待できそうにない。

2017/03/09 プルーヴダモール
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:9日にCWコースで追い切り
       助 手 3. 9CW良 53.4- 41.1- 14.5[5]一杯に追う
次走予定:中京3月18日 障害OP・芝3,300m〔田村太雅〕

西園正都調教師「障害練習の後に追い切りを行うと疲れが残り易いことから、今週は8日に障害練習を行い、9日にCWコースで追い切りました。抑えが利かず、テンから引っ掛かってしまったことで、最後は流す程度になってしまいました。でも、レース1週前にしっかり負荷をかけることが出来たので、来週はサラッと行えば態勢が整うと思います。追い切った後も、飼い葉をしっかり食べていることで、体調そのものは良好ですよ」

相変わらず期待の持ちづらい追い切りタイムですね…。来週はともかくその次のレース辺りで掲示板にのるような走りをしないと、出資者と言えど正直なところこの馬が現役を続ける意義に疑問を持ちそう^^; 何とか関係者の尽力で浮上のきっかけを見出してもらいたいものです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

安くていい馬は…。

昔から「安くて走る馬に出資するにはどうすればいいか」を考えてはきましたが、競馬関係者でもない私が自力だけで確実にその能力を見抜くには限界があります(最初から分かっていた事ではありますが…)。そこで発想を変え、「他力」も利用して相馬をより確実なものにしようと考えました。
以下の5頭はシルク2012~13年産募集馬のうち、私の出資目標の一つに掲げている「2000万円以下募集で準OP以上に出世(3/6現在)」を達成した馬達。その管理調教師の募集年度成績をまとめました。

2012年産
・ブラックバゴ(1800万) 美浦・斎藤誠8年目→(59位・20勝)
・モルジアナ(2000万) 美浦・木村哲也→3年目(99位・16勝)

2013年産
・クードラパン(1800万) 美浦・久保田貴士→12年目(56位・21勝)
・グレンツェント(2000万) 美浦・加藤征弘→13年目(19位・30勝)
・ロッテンマイヤー(1800万) 栗東・池添学→開業前

久保田師、加藤師、斎藤師はコンスタントに20勝以上をあげている実績調教師ですし、池添師と木村師はノーザンファームでの勤務経験があり、牧場のバックアップが確約されているという話が漏れ聞こえてくる調教師です。これがリーディングクラスの調教師だと管理予定馬の募集価格がもっと高くなってしまうので、あえて20~30勝クラスというのがポイントですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

安くていい馬はいね~が~(なまはげ風に)。

今月のシルクとノルマンディーの募集馬更新が終わり、一通り目を通しました。残口馬があまり残っていないのもありますが、低価格帯(2000万円以下)募集馬でこれは!という馬はいませんねぇ。満口馬であれば、安くはありませんがディロス(ラトーナの15)とサラーブ(サマーハの15)というキムテツ厩舎の2頭は間違いなくいい。予算の有無はともかく、キャンセル募集の際にこの2頭は応募するでしょう。
管理調教師に不安はありますが、以前にもピックアップしたヴェロニカグレース(エンジェルフォールの15)は相変わらずいいキャンターで走っていますね。安価な設定価格は父ハービンジャーという血統と繋ぎの短さが理由でしょうか?今年から募集時期が早まりますし、今年のシルクはこの馬1頭で打ち止めにすると思います。ノルマンディーは3次募集次第でしょうか。
私達会員には「出資しない」という選択肢があることを忘れず、シビアな取捨選択をしようと心掛けたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

やる気満々。

2017/03/01 ナイトバナレット
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:1日に坂路で追い切り
       中 谷 3. 1栗坂良 52.4- 38.7- 25.9- 13.4 馬なり余力
       オールドクラシック(古500万)一杯に0.5秒先行0.4秒先着
次走予定:中京3月18日 ファルコンステークス(GⅢ)〔中谷雄太〕

矢作芳人調教師「帰厩してすぐに乗り出していますが、この短期間でだいぶ馬がしっかりしましたね。落ち着いて調教が行えていますし、心身ともに大人になってきました。1日に坂路で中谷騎手に感触を確かめてもらいました。馬なりで併せていき、最後まで持ったままの手応えで楽に登坂してくれました。再来週の競馬ですから、これから徐々にピッチを上げていきたいと思います」


ナイトバナレットがどこにいようと、鞍上は常にナ・カ・タ・ニですね(笑)。私はそれほど騎手にこだわりはないので、勝たせてくれるなら誰でもいいです。
それはさておき、この時期は有力馬がクラシックのトライアル戦に向かうため、ファルコンSは空き巣狙い的なメンバー構成になりそう。出走予定馬の中で一番の敵は朝日杯FS3着馬のボンセルヴィーソか。というかこの馬以外に持ちタイム的にナイトバナレットより先着しそうな馬は見当たらない。ここはしっかり賞金を加算して、余裕のあるローテで本番を迎えてほしいですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

正しい見立て。

2017/03/01 パーシーズベスト
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:1日に坂路で追い切り
       助 手 3. 1栗坂良 55.6- 40.8- 27.0- 13.6 馬なり余力
       キングカヌヌ(古1000万)馬なりを0.2秒追走同入
次走予定:阪神3月26日 四国新聞杯

石坂正調教師「とてもいい状態で戻ってきましたね。馬体は一回り大きくなった印象を受けますし、毛艶もこれまでにないぐらい見映えが良いですね。1日に坂路で併せてサッと時計を出しましたが、最後まで持ったままでしたから、上々の内容だったと思います。3月26日の阪神・四国新聞杯を目標に、徐々にペースを上げていきたいと思います」


仕上がり具合にもよりますが、次走の内容と結果でこの馬の残りの競走生活が見えるような気がします。あっさり快勝するようなら秋には重賞の舞台へ行くでしょう。「差して届かず」なら歯痒いレースを繰り返しながら準OP~OPクラスに。まあ惨敗はないでしょう。石坂師の『古馬になって本格化』という見立てが正しいことを切に祈ります。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

追い切りタイムが。

2017/03/01 プルーヴダモール
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:1日に坂路で追い切り
       助 手 3. 1栗坂良 56.7- 40.9- 27.3- 14.2 一杯に追う
次走予定:中京3月18日 障害OP・芝3,300m〔田村太雅〕

西園正都調教師「障害練習に関しては、飛越が安定していることから、調整程度で十分なので、今週は坂路主体で乗り込んでいます。1日に坂路でサッと時計を出しましたが、状態が良いのか、とてもいいフットワークをしていたと騎乗者が言っていました。この中間も飼い葉食いが良く、体調の良さがとても感じられます。来週は1週前なので、田村騎手に障害練習を行ってもらい、そのあとに時計を出す予定です」


一杯に追った割には遅いですね。特にラスト1ハロンはどうしようもないタイムです。平場のレースに戻さない理由が分かったような気がしました^^; まあ現役を続ける以上は頑張りましょう。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

ちょっとは期待。

2017/2/17 グランティエラ(美浦トレセン)

12日(日)にWコースで4ハロンから併せ、55.6-40.1-13.3を馬ナリに追われ、15日(水)にもWコースで4ハロンから併せ、55.4-40.8-13.0を一杯に追い切りました。「スピードがのってくるとフォームが少し変わってしまう面があったので、今週はそこを重点に置いた調教内容としました。気を抜かせないようムチを入れたところ、最後まできっちり走れていましたよ。相手よりも先着して、だいぶ動けるようになってきましたし、この調子で1つずつ気になる点をクリアしていきましょう」(清水英克調教師)

2017/2/24 (美浦トレセン)

19日(日)にWコースで4ハロンから併せ、53.9-39.2-13.1を強目に追われ、22日(水)にもWコースで5ハロンから0.2秒追走して併せ、69.8-53.0-39.5-12.9を一杯に追い切りました。「一つ一つ身になっているようで、徐々に動きが良くなってきているのを感じますよ。アグネスデジタルの産駒らしいというか独特の緩さがありますが、これまでの経験から攻め方は心得ているつもりですので、この調子で進めていきましょう。デビュー戦は3/5(日)中山・3歳新馬(ダ1800m)とし、鞍上はベテランの蛯名ジョッキーに依頼しています」(清水英克調教師)


今週の追い切りタイムはちょっと期待ができそうなものになりましたね。そしてデビュー戦が再度3/5(日)に設定され、鞍上は何と蛯名騎手。清水厩舎とはそれほど縁がない騎手なので額面通りには受け取れませんが、どうしようもない馬であれば依頼は受けないはず。その点では一安心です。また、土曜日の中山では同厩で同父(アグネスデジタル)のモンドクラッセが、見事7勝目を挙げました。師のコメントにある「アグネスデジタル産駒の攻め方は心得ている」はこの馬のことでしょうか。モンドクラッセのように先を急がず、じっくりと育ててくれると嬉しいですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

帰厩はまだ。

2017/02/17 ウィッシュノート
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:角馬場、坂路でハロン17秒
次走予定:未定

厩舎長「登坂回数を2回にしてからは順調に乗り込めています。ソエの状態はだいぶ気にならなくなってきたので、来週あたりから徐々にハロンペースを上げていこうと思っています。馬体は大きく変わった感じはしませんが、この馬なりにしっかりしてきているので、帰厩の予定が決まるまで、成長を促しながら乗り込んでいきたいと思います。馬体重は450kgです」

2017/02/24
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:角馬場、坂路でハロン17秒
次走予定:未定

厩舎長「左前のソエの状態はまだ少し残っているものの、だいぶ良化が窺えるようになってきましたので、これから徐々にハロンペースを上げていこうと思います。馬体重はそこまで変動がないものの、飼い葉をしっかり食べていますし、調子も良くなってきましたから、これから暖かくなるにつれて良くなってきそうですね。馬体重は450kgです」


慎重に進めているとは言え、なかなかペースが上がらないですね。これでは阪神開催中に復帰できるかどうか。戦績を見ても京都では勝ち負けできそうな気がしないし、個人的にはやはり坂のあるコースで走ってもらいたい。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

いよいよ帰厩!

2017/02/17 ナイトバナレット
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:中京3月18日 ファルコンステークス(GⅢ)

厩舎長「先週はリフレッシュ期間を設け、トレッドミルで軽めに調整しましたが、今週から元のメニューに戻し、週に2回ハロン15秒を行っています。先日、中谷騎手が牧場に乗りに来ましたが、『緩んでいるものの、動きはさすがに良いね』と言っていました。緩さはトレセンで進めて行けば引き締まってくるでしょうし、一息入れたことで成長が窺えます。こちらではとても順調に調教が行えましたから、このままいい状態で送り出せるように態勢を整えていきます。馬体重は498kgです」

2017/02/24
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/25日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:中京3月18日 ファルコンステークス(GⅢ)
厩舎長「この中間も帰厩に備えて週に2回のペースでハロン15秒を行っています。だいぶ馬体にメリハリが出てきましたし、動きも力強くなってきましたから、いい具合に態勢が整ってきました。矢作調教師から25日の検疫で帰厩させると連絡がありました。この休養期間で成長したところをレースで見せてほしいですね。馬体重は502kgです」


いよいよ帰厩ですね!ファルコンステークスの出走想定を調べましたが、他の重賞(特にクラシックトライアル戦)と比べるとベンバーは格段に楽になりそう。また、ファルコンステークスの結果次第ではニュージーラントTを挟む可能性もあるそうです。ただ外部環境もそうですが、ナイトバナレット自身一回り大きくなり明らかにパワーアップしてますから、本番に向けて思った以上に期待できるかもしれませんね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

じっくり仕上げて。

2017/02/17 パーシーズベスト
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:阪神3月26日 四国新聞杯(牝)

厩舎長「ハロン15秒を開始後も順調に本数を消化することが出来ていますし、今週から登坂回数を3本に増やし、乗り込みを強化しています。一息入れたことで、馬体の成長が窺えますし、見映えもだいぶ良くなってきましたよ。まだ具体的な帰厩日は決まっていませんが、予定しているレースが近づいてきているので、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えていきたいと思います。馬体重は488kgです」

2017/02/24
在厩場所:24日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:阪神3月26日 四国新聞杯

厩舎長「無事24日に栗東トレセンに送り出すことが出来ました。毛艶はまだひと息ですが、体調はだいぶ上向いてきましたから、あとは仕上げに入って、レースを使う頃には見映えの良い馬体になっていると思います」
石坂正調教師「無事帰厩いたしました。3月26日の阪神・四国新聞杯を復帰戦と考えていますので、来週から時計を出し始めていきたいと思います」


10日競馬をしない石坂師が私は大好きです(笑)。最後の微妙な仕上げはやはり調教師さんがやらないとね。美浦の木○厩舎が馬質の割にG1を勝てないのは、そんな点にあると私は常々思っています。話はそれましたが、適条件よりも牝馬限定戦を選んだ以上、ここは必勝態勢で臨んでもらわなければ困ります。3場開催で唯一重賞のない阪神ですから、石坂師の政治力でどこまで上位の騎手を確保できるか楽しみです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

誰?

2017/02/17 プルーヴダモール
在厩場所:17日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:中京3月18日 障害OP・芝3,300m

厩舎長「西園調教師から連絡があり、17日の検疫で帰厩いたしました。だいぶ状態が上がってきたところですし、いいタイミングでの帰厩となりました。今週初めに速いところを行いましたが、動きも素軽くなっていましたので、すぐ仕上げに入っていけると思います。馬体重は475kgです」

2017/02/22
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:中京3月18日 障害OP・芝3,300m〔田村太雅〕

西園正都調教師「帰厩後はすこぶる順調で、今回はこれまでにないぐらい良い状態で戻ってきましたよ。体もふっくらとしていますし、坂路で乗っていても力むところがなく、とてもリラックスしながら調教が行えています。23日から障害練習を開始する予定ですが、これまで乗ってもらったジョッキーすべて先約がある為、次走は田村騎手にお願いしました。普段の練習から乗ってもらって感触を確かめてもらいます」


失礼ながら、私の一口人生の中で最も微妙な騎手さんです。騎手生活11年で通算28勝って…。とにかく頑張って下さい。そしてこんな失礼な出資者の鼻を明かしてやって下さい。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

長ったらしい調整。

2017/02/17 クラシックエース
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週3回坂路コースで14-14
次走予定:4月16日の福島・奥の細道特別

天栄担当者「脚元は変わりなく順調です。予定はまだ先なので、それほどペースを上げているわけではありませんが、馬体は維持できていますし、状態に変わりはありません」馬体重449㎏

2017/02/24
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週3回坂路コースで14-14
次走予定:4月16日の福島・奥の細道特別

天栄担当者「その後も順調に調整されていますが、目標のレースはまだ少し先なので、先週からペースは上げていません。飼い葉食いや毛艶などは良好で体調はいいのですが、先週から少し体重が減ってしまったので、なるべく増やしていきたいですね」馬体重440㎏


先週のフェブラリーSの予想時、紙面でノンコノユメの加藤調教師が「去勢後に体質が安定してくるのは半年後」とコメントされてました。クラシックエースも表向きは安定していますが、天栄でのこの長ったらしい調整(笑)は体質安定のための時間稼ぎだったんですね。時々思うのですが、そういった基本情報も近況コメントの中に織り交ぜてもらえると勉強にもなって有難いのですが。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

一旦白紙。

2017/2/10 グランティエラ (美浦トレセン)

5日(日)にWコースで5ハロンから1.1秒先行して併せ、72.8-56.7-40.5-13.4を馬ナリに追われ、8日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、69.9-54.4-39.8-14.5を一杯に追い切りました。「一生懸命走ってくれてますよ。現時点での課題は力が上手く伝わっていないことですね。前に進む方に力がしっかり作用すればもっと良くなるはずですので、その辺りが解消するよう調教を積んでいるところです。当初は3/5(日)中山・3歳新馬(ダ1800m)を目標としていましたが、あくまで仕上がり具合を第一とし、また出馬状況によって投票したいため鞍上は一旦白紙としました。中山のダート1800m戦という考えは変わらないので2週目または3週目になる見込みです」(清水英克調教師)


正直このタイムでは白紙もしょうがないですね。。。ダート1800m戦がほぼ毎週組まれているのが唯一の救いです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク