腹案。

2017/04/20 ナイトバナレット
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:東京5月7日 NHKマイルカップ(GⅠ)〔中谷雄太〕

矢作芳人調教師「賞金的にNHKマイルカップに使えるかどうか微妙なラインなので、相手の動向をチェックしていますが、今の段階ではギリギリ入りそうな感じです。急に回ってくる馬も出てくるかもしれませんが、何とか入ってほしいところです。この中間も状態は変わりありませんし、使いつつ気配は上向いてきているので、何とか一発を狙いたいですね。週末あたりから時計を出し始めていきたいと思います」


結局、鞍上の改善はなされないようですね。。。レーヌミノルはオークスへ、コウソクストレートはCBC賞へ出走するそうなので、出走は確定だと思います。それはそれでとても幸運なのは理解していますが、出るからには何らかの期待を持ってレースに臨みたいと思うのが出資者の心境。来週の更新ではそんな策を二つ三つ練ってきてもらいたいです。
スポンサーサイト

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

工夫の一手。

2017/04/13 ウィッシュノート
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:12日に坂路で追い切り
       助 手 4.12栗坂不 55.7- 40.3- 26.6- 13.4 馬なり余力
       ニュークラウン(三未勝)馬なりに同入
次走予定:京都4月23日 ダート1,200m(牝)〔松若風馬〕

安田隆行調教師「12日に坂路で追い切りました。前走は思っていたより馬体重が増えてしまいましたから、この中間は出来るだけ乗り込みを強化してきたつもりです。追い切り前の馬体計測では436kgと、いい具合に絞れてきています。4月16日の京都・ダート1,200mを丸田騎手で投票させていただきましたが、非当選で除外となってしまいました。4月23日に京都・ダート1,200m(牝)の番組があるので、そちらに向けて調整していきたいと思います。ジョッキーは松若風馬騎手にお願いしています」

2017/04/20
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:19日に坂路で追い切り
       助 手 4.19栗坂重 53.4- 39.5- 26.0- 13.1 一杯に追う
       プレイズエターナル(古1600万)馬なりを0.7秒追走0.2秒遅れ
次走予定:福島4月22日 ダート1,150m(牝)〔北村友一〕

安田隆行調教師「19日に坂路で追い切りました。除外の可能性がありましたが、攻めを軽くして馬体が増えてしまうといけませんから、調教はしっかり負荷をかけて行いました。前走より体つきはだいぶ引き締まってきているように感じますし、追い切りの動きも馬場が重い中、最後までしっかり走ってくれたので、上積みは十分感じられますよ。当初、4月23日の京都・ダート1,200m(牝)に投票する予定でしたが、投票締め切り直前で除外確実だった為に、4月22日の福島・ダート1,150m(牝)を北村友一騎手で投票させていただきました。長距離輸送は経験済みですし、騎乗経験のあるジョッキーに乗ってもらえるのも強みですから、良い競馬を期待しています。だいぶ集中力が増してきたこともありますので、今回はブリンカーを外してレースに臨みます」


このレース選択には一本取られた気分です。距離短縮&有利な相手関係&騎乗経験騎手の確保と、激走の要素がいっぱい詰まっています。これで3着を外すようなら勝ち上がりは期待できないでしょう。戸崎騎乗のノリノリコユキ以外は持ちタイム的にもドングリの背比べ。裏を返せば進路一つ、不利一つで着順を大きく下げる危険性もあるのですが。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

足踏み。

2017/04/20 パーシーズベスト
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:19日に坂路で追い切り
       助 手 4.19栗坂重 56.5- 41.8- 27.6- 13.9 強目に追う
       カナイオ(三未勝)一杯に0.1秒先行0.3秒遅れ
次走予定:京都4月30日 糺の森特別(牝)〔C.ルメール〕

石坂正調教師「19日に坂路で追い切りました。チップを入れ替えたことでいつもより時計が掛かる馬場になっていましたし、行った時間帯も他の馬が走った後だっただけに、余計に時計が掛かってしまいました。でも、動きそのものは良かったですし、週末と来週の追い切りで十分態勢が整うと思います。暖かくなるにつれて代謝が良くなり、見映えの良い馬体になってきているので、いい状態でレースに向かえると思います」


未勝利馬相手に遅れても仕上がりには問題ないのでしょうか(汗)。勝てないながらもここ4戦は次走に期待を持たせる内容なので、いい加減結果が欲しくなります。ルメールのエスコートでそのまま上のクラスまで一気に…。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

早期デビュー?

2017/04/17 テネイシャス
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路での調教量を増やし、さらにペースを上げて乗り込んでいます。とても順調に乗り運動を継続することができています。暖かくなるとともに毛ヅヤも良くなり体調面は良好です。負荷が高まったので、精神面を心配していましたが、落ち着いていて悪さをすることはありません。キャンターへ移行する際のスイッチのON・OFFもしっかりとできますし、とても従順で扱い易いです。坂路での走りも前向きですし、全身をしっかりと使って走れています。冬場の継続した調教により、幼い体つきが徐々に競走馬らしい立派な体型になってきました。この状態を維持できれば自ずと力はついてくるでしょう」馬体重446㎏


他の募集馬と比べても乗り込み量が多いですね。1月生まれということもあり、馬に問題がなければどんどん進めていく方針なんでしょうね。硬い前捌きがストライドの小ささに繋がっている点が不満でしたが、近況更新を読む限り徐々に改善されつつあるようですね。早く新しい調教動画で確認したいものです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

我慢できないなら。

2017/04/17 クラシックエース
4/16(日)福島12R 奥の細道特別〔芝2,600m・16頭〕16着[11人気]

五分のスタートを切ると行きたがるのを宥めようとしますが、コントロールを失い3番手からやや暴走気味に前を追いかけます。終始折り合いを欠いたことで最後は余力が残っておらず、勝負どころからズルズルと後退し、最後方でゴールしています。
柴山雄一騎手「道中はずっと力んでしまって、脚を溜めるどころではありませんでした。前に壁を作れれば違ったのでしょうけど、上手く内に入れることができず、しかも前が引き離して逃げていたものだから、1周目のスタンド前ではそれを追いかける形になってしまいました。勝負どころではすでに余力が残っておらず、他が上がっていくのとは逆に下がる一方になってしまいました。上手く乗れずに申し訳ないですが、それにしてもかなり乗り難しい馬ですね」
木村哲也調教師「調教ではだいぶ落ち着きが出てきたと思っていたのですが、競馬に行くと以前と変わらず、かなり力んで走っていました。しかも今回は輸送があったとはいえ、馬体も大きく減らしてしまいました。また、今回は右トモのケアをしながらになったため、思うような調整ができなかったのも確かです。結果を出せず申し訳ありません。この後の状態をよく確認してから、今後について考えたいと思います」


内容的にこれといった収穫もなく、どうしようもないレースになってしまいました。素人考えですが、抑えられないならいっそのこと逃げ馬にすることはできないのでしょうか?たぶんこの後は放牧に出され次走は早くて函館開催。洋芝&降級効果で一変し、私を儲けさせてもらいたいものです(笑)。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

人気はないが。

2017/4/15 アインツェルカンプ
ノルマンディーファーム

現在は馬場1周と坂路2本を(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。ハミ受けが良化したことで、リズムよくしっかりとした脚取りで坂路を駆け上がれるようになってきました。パワフルで掻き込むような走りをするため、血統面からのイメージ通りにダートを主戦場とするタイプに映ります。まだ腰高な体型からも今後の伸びシロは大きいはずで、焦らず成長を促しながら調整を進めていく方針です。


人気のない馬ではありますが、馬格はあるし筋肉量も十分。父はともかく母系を遡ればキズナをはじめとして活躍馬多数。調教師や騎手が誰であろうとダート1200m専用馬なので、その扱いを間違うこともないでしょう。あとは怪我なく出走を重ねられれば、間違いなくプラス収支で終われる孝行馬だと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

期待せずに待ちます。

2017/4/14 グランティエラ
KSトレセン・馬体重:517kg

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。8日(土)に担当の獣医さんの診察を受けたところ、『股関節周辺に痛みがある』とのことだったので、清水調教師とも相談してショックウェーブ治療を施しました。今週一杯はウォーキングマシンのみにとどめていることもあり、歩様に関しては若干の良化が窺えますし、ショックウェーブの効果で硬さも取れてきました。現在はキセノン治療器で温めてから、半導体レーザーで奥深い場所を刺激する治療をおこなっています。明日15日(土)に再度診てもらうので、そこで今後のおおよその見通しが立つのではないでしょうか」(担当者)


ちょっと期待しづらい予後ですね。復帰できたとしても時期的に一度は地方行きになりそうです。地方行きは私にとって初めての経験なのでそれはそれでウェルカムな結果ですが、順調に使えない馬をクラブはそこまでして延命させてくれるでしょうか?

期待せずに吉報を待とうと思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

ノルマンディー3次募集。

去る月曜日に、みなさんお待ちかね(?)のノルマンディー3次募集馬のラインナップが発表されました。

出資馬グランティエラに代表される現3歳世代の惨憺たる成績を踏まえると、とても触手が伸びる状況ではありません。特に上の世代と比較すると募集数を一気に増やした分、全体の質の低下が顕著です。傾向としては自家生産馬の方がやや良績ですが、セール購入馬は募集価格が安いので費用対効果としては五分五分です。血統面ではデピュティーミニスター系やロベルト系、ミスプロ系を持っていて募集段階から十分なで筋肉量のあるタイプが確実性が高そうです。マツリダゴッホ産駒も活躍していますが、活躍産駒の募集動画を見ても傾向が掴めなかったのでここでは割愛します(笑)。

結論としては、3次募集に出資候補となる馬はいませんでした。血統的にはミラグロレディ15に興味を持ちましたが、募集動画を見て実馬のひ弱さに落胆。これなら残口のある現募集馬を様子見した方がマシという結論になりました。

残口馬の中ではモーラ(フジノプログレスの15)に興味があります。母父ブライアンズタイムの影響が濃い馬体で、小柄ながら大きめの腹袋とプリッとしたトモが好印象。母系の影響(母母父はあのモガミ)か気性に難がありそうな近況レポートですが、しっかり首を使った歩様と相まって一本調子ながら推進力に変えてくれそうな予感。馬格がないので成績が頭打ちになるのも早そうですが、そうと割り切ってもお釣りが出そうな募集価格。ちなみに岡田牧雄氏はラッシュアウトという同配合馬(父ケイムホーム×母父ブライアンズタイム)をセリで落札、所有しており3歳馬ながらすでに2勝。これは「走る安馬」のサインか!?。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

一縷の望み。

2017/04/12 ナイトバナレット
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:東京5月7日 NHKマイルカップ(GⅠ)

担当助手「トレセンに戻って状態を確認しましたが、普段と変わらないぐらい元気いっぱいだったので、12日から坂路調教を開始しています。ファルコンステークスより気配は確実に良かっただけに、残念な結果になってしまいましたが、展開も向かなかったですし、条件が揃えば巻き返してくれると思っています。ゲートの出の悪さが目立つようになっているので、次走までにそのあたりを少しでも改善しないといけませんね。普通に出ることが出来れば、もっと楽な競馬が出来るようになるはずなので、馬具など試して矯正していきたいと思います」


そうです、どんな立場でも上を目指すには更なる試行錯誤が欠かせないのです!馬具だけで劇的に変化するとは思えませんが(爆)、事前にやれることは全てやり尽くす気持ちでこの3週間を過ごしてもらいたいです。

あと鞍上の改善もよろしくお願いします( ゚∀゚)ノシ

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

やっぱりトップ厩舎は違う。

2017/04/12 パーシーズベスト
在厩場所:12日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:京都4月30日 糺の森特別(牝)〔C.ルメール〕

石坂正調教師「12日の検疫で帰厩いたしました。予定通り、4月30日の京都・糺の森特別に向かいたいと思います。短期放牧を挟みましたが、ひと叩きしたことで体つきが良くなっているので、次走は変わってくるはずです。ジョッキーはルメール騎手にお願いしています」


流石は安定の石坂厩舎!勝負どころでしっかり上位騎手を確保するあたりはトップ厩舎の成せる業。この馬にとって決してベスト条件とは言えない京都1800mですが、鞍上の技量で何とかフィットさせてもらいたいです。今年の3歳牝馬はかなりレベルが高そうなので、一緒に走るようになるまでに1つでもクラスを上げておきたいというのが偽らざる本音(笑)。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

慣れって怖い。

2017/04/10 ナイトバナレット
4/8(土)中山11R ニュージーランドトロフィー(GⅡ)〔芝1,600m・16頭〕10着[7人気]

スタートからダッシュが付かず、後方2番手からの追走となります。道中は後方で脚を溜め、直線は内を突いて前を追いかけますが、一度は差を詰めるものの坂上で脚色が鈍り、10着でゴールしています。
中谷雄太騎手「前回ほどではないですが、また今回もゲートを出てから左にヨレてしまいました。まだトモに緩さが残るので、スタートでグッと踏み込んだ時に滑ってしまいますね。道中は折り合いが付いて、自分からハミを取ってくれる場面もありました。ペースが遅かったので外を回っていては届かないと思い、直線は内に進路を取って追い出したのですが、道悪の馬場にノメって走りにくそうにしていました。それでも、前回はこの馬らしさをあまり感じられなかったのですが、今回はピリッとした雰囲気が出てきていましたし、確実に状態は上向いて来ていると思います。それに、まだひと皮厚い感じなので、本番までに絞れれば楽しみはあると思います」
矢作芳人調教師「競馬の形としては悪くなかったと思いますが、スタートがあまり速くないこの馬に一番枠は不運でしたし、おまけにペースも落ち着いてしまいましたね。中谷騎手はどこかで外に出したかったようですが、この流れで外を回しては届かないと思い、最後も内を突いたようです。一瞬は伸びかけたものの最後は止まってしまいました。自分で競馬を作れないナイトバナレットのようなタイプは、いつも堅実に走るというわけではなく、嵌った時に爆発的な能力を発揮するはずですので、今回の敗戦をあまり引きずることなく、次に向かいたいと思います。この後の状態に変わりなければ、NHKマイルカップに向かいたいと思っています」


この時期に2回も重賞競走に出られる馬に出資できたことは滅多にない幸運なのですが、そうなってしまうとさらに上の欲求(重賞を勝ってほしい)が湧いてきて、2桁着順を繰り返すと未勝利引退馬に出資したような気分になるのは何故でしょう(笑)?脚質的にしょうがないとは言え、ここ2戦はちょっと無策のままレースに臨んだ感がありますね(特に鞍上)。このまま同じ意識で本番に向かっても同じ結果になるでしょうし、一発を狙う意識と技量を持った騎手への変更を願いたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

疑ってます。

2017/4/7 グランティエラ
KSトレセン・馬体重:505kg

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。3月31日(金)の夕方に獣医さんのチェックを受けたところ、『右トモの歩様が良くないので、しばらく休ませた方がいい』という診断でした。ウチに来てから飼い葉にブレシン(消炎作用がある錠剤)を混ぜて投与していましたが、1週間経っても大きな変化が見られません。8日(土)に再度獣医さんに診てもらい、その診断結果によって今後の方針を決めるつもりですが、少なくとも来週一杯はウォーキングマシン運動のみにとどめることになるでしょう。担当の獣医さんは厩舎でも診察していて、これまでの経緯が分かっている方。清水調教師と獣医さんと我々牧場サイドで相談しながら進めていきます」(担当者)


前走のレース前にも思ったのですが、除外続きだった不運はあるもののまともな追い切りをすることなくデビューさせた経緯から、もしかしたら脚部不安(ないしは強い追い切りをすると疲れが出るような弱い体質)があるのではないかと私は推測します。過去の出資馬でもとりあえず走らせて体質強化を促した馬はいたので、別にそれ自体は悪いことではないですが。

ただちょっと来週の更新が怖いです^^;

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

展開次第。

2017/04/07 パーシーズベスト
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:京都4月30日 糺の森特別(牝)

厩舎長「先週一杯は軽めに調整していましたが、特にレースの疲れがなかったことから、今週から周回コースで調教を開始しています。次走は4月30日の京都・糺の森特別に向かうと聞いていますが、今の感じなら全く問題ありませんし、週末に坂路で大きめのところを行うつもりです。来週の検疫で帰厩する予定になっています。馬体重は478kgです」

ナイトバナレットもそうですが、後ろからいく馬は自分でレースを作れないので、、どうしても展開に左右されてしまい出資者としてはストレスが溜まりますね。まあ抜けた力があればデュランダルのように、中山1200mでも殿一気が決まるんですけどね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

頑張れ。

2017/04/06 ナイトバナレット
入厩場所:栗東トレセン
調教内容:5日に坂路で追い切り
       中 谷 4. 5栗坂良 52.7- 37.9- 25.1- 12.4 馬なり余力
次走予定:中山4月8日 ニュージーランドトロフィー(GⅡ)〔中谷雄太〕
 
矢作芳人調教師「やり過ぎてテンションが上がってしまうのだけは避けたかったので、5日の追い切りは馬なりで時計を出しました。それでも楽に52秒台で上がってくるぐらいですから、普通に力を出せば前走のようなことはないと思っています。前走はパドックの段階から妙に大人し過ぎましたし、気持ちが乗らないままレースを終えてしまったように思えます。ひと叩きしてだいぶピリッとしたところが戻ってきましたし、仕上がりに関しても若干体に余裕があるかなと思うぐらいなので、中山競馬場までの移動でちょうど良い体付きになると思います。今回はジュニアカップを勝ち上がった同じ条件ですから、出遅れたとしてもこの馬の競馬に徹してほしいと思います」


大敗後のレースということで、私の心はやや燃え尽きた感があります(笑)。出資馬が重賞に出走するというのに、イマイチ燃え上がらないのです。ファルコンSに比べて出走メンバーの層が一気に厚くなったので、人気以上の結果を出すのは簡単ではありません。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

そろそろ。

2017/04/06 ウィッシュノート
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路・CWコースでキャンター
次走予定:阪神4月15日 ダート1,200m(牝)

安田隆行調教師「この中間は出来るだけ体を引き締めるために、坂路とCWコースを併用しながら乗り込みを行っています。飼い葉食いが良いので、太目にならないように気を付けていますが、ひと叩きして前走よりメリハリのある体つきになっています。4月15日の阪神・ダート1,200m(牝)を予定していますが、前走で優先出走権が獲れなかった為に、節が足りるか想定が出てみないことにははっきりしないので、除外で延びても対応できるように調整していきたいと思います」


結果が出ていない馬に対して、成績上位厩舎にしては本当に手厚く面倒を見てくれています。もうそろそろ期待に応えないと、いい加減放置対象になりそうな気がしてなりません(汗)。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

永遠に競走馬。

2017/04/06 クラシックエース
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで5日に時計
       助 手 4. 5南W良 53.9- 38.7- 13.0[2]馬なり余力
       セシルシャイン(三未勝)一杯の内を0.4秒追走0.4秒遅れ
次走予定:4月16日の福島・奥の細道特別〔吉田隼人〕

木村哲也調教師「5日に南Wコースで時計を出しました。併走馬を追走する形から同入するつもりが、最後まで追い付くことができませんでした。久々のせいかまだ動けないようです。また、天栄でも気になったようですが、右トモに疲れが溜まりやすいのでケアしながら進めています。相変わらず飼い食いがもう一つですし、去勢後のせいか馬体がなかなか戻りません。左前球節の方は落ち着いた状態を維持しています。予定通り来週の福島に向かいますが、鞍上は吉田隼人騎手に依頼しました」


やはり叩いてからといった雰囲気ですね。去勢して競走馬として命を全うする運命となったので、ちょっと長い目で見てあげたいです。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

期待大。

20170331.jpg
2017/3/31 アインツェルカンプ (ノルマンディーファーム)
馬体重:482kg
.
中間に右前ザ石を発症したため数日間休ませましたが、27日(月)から騎乗を再開し、現在は坂路2本(上限20秒)のメニューで調整しています。テンションが高くなりがちな本馬にとって、いいリフレッシュ期間になったのか休養前と比べて精神面に成長が窺え、どっしりと落ち着いた雰囲気で稽古に臨めています。ハミ受けにも慣れてきて嫌がるところを見せなくなり、だいぶ集中力や走ることに対しての前向きさも出てきました。今後も丹念に乗り込んで基礎を固めていく方針です。馬体重:482kg


繋ぎが寝過ぎている点を除けば良い馬体だと思います。気性面での成長も感じられるので、このままいけば早期デビューの声もあがってくると思います。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

人気厩舎はつらいよ。

d_02640043.jpg
2017/04/01 テネイシャス
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター
       2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間はハロン16秒のペースを維持して、理想的なフォームで走れるように訓練しています。その結果、少し硬かった前さばきが、背中とトモを上手に使えるようになったことで徐々に解消され、ダイナミックなキャンターで走れるようになってきました。走りが変り、腰やトモなど必要な箇所に負荷がかかることで、腹回りが引き締まり、筋肉のメリハリのある体型に変貌してきています。今後は馬体重に気をつけながら出来上がりすぎないように注意して進めていきます」馬体重447㎏


元々筋肉質の馬体でしたが、さらにメリハリがついてきました。1月生まれなのであまり鵜呑みにはできませんが。。。有力馬をたくさん管理する池江厩舎なので、まずはこの馬にあわせた出走計画を立てられるかが課題です。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

あの程度で。

2017/3/31 グランティエラ(KSトレセン)
3/25(土)中山・3歳未勝利(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果12着

この後は美浦近郊のKSトレセンで調整することになり、28日(火)に移動しました。
「ジョッキーも指摘していましたが、トモが緩いために踏ん張りがきかずに前進する方向に力が上手く作用していません。ただ、トモがしっかりしてくれば良くなりますし、今回レースを経験したことでも、この後変わってくるでしょうね。レース後は背腰に疲れが見られるのと、右の飛節が気になったためレントゲンを撮りましたが問題はありませんでした。獣医にも念入りに診てもらい、飛節部分より上の筋肉にダメージがあるのだろうという見解です。外厩先でもまずは馬体のケアに重点を置いてもらいます」(清水英克調教師)


たいして激しいレースもしていないのに、脚が傷んでしまいましたか。復帰までは2~3ヶ月はかかるでしょうか?何だか地方行きへの黄色信号が灯った気がします(笑)。地方でもチャンスを与えてくれるだけ出資者には有難いんですけどね。

変化なし。

2017/03/30 クラシックエース
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:29日に南Wコースで時計
       助 手 3.29南W稍 53.9- 39.3- 13.3[2]馬なり余力
       セシルシャイン(三未勝)強目の内を0.2秒追走0.1秒遅れ
次走予定:4月16日の福島・奥の細道特別

木村哲也調教師「29日に南Wコースで時計を出しました。3歳未勝利馬を追走し、最後は内に入れて、ほぼ併入しています。レースで少しハミを噛むところがある馬なので、こちらではできるだけリラックスして走れるように心掛けて調整しています。カイバに関しては、元々あまり食いが良いタイプではないですし、やはり今回もそれほど良くはないので、注意しながら進めていきたいと思います」


今のところ去勢による劇的な変化はなさそうですね。復帰戦は条件的にはピッタリですが、やはり一度叩いてからではないでしょうか。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

あの時ああしておけば。

2017/03/29 ナイトバナレット
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:中山4月8日 ニュージーランドトロフィー(GⅡ)〔中谷雄太〕

矢作芳人調教師「海外出張のために、しっかり状態を見ることが出来ませんでしたが、今朝の調教を見ると、だいぶ気持ちが走る方に向いて、この馬の良さが出てきているように感じました。前走は久々で少し余裕をもって調教したことが、気持ちの面で乗ってこなかったのかもしれません。ひと叩きして体つきも良くなっていますし、ニュージーランドトロフィーでは前走のようなことはないと思います。馬場の状況次第ですが、31日に追い切りを行い、来週の競馬に備えようと思います」


今年のNHKマイルカップは、モンドキャンノ、ミスエルテ、アウトライアーズ、ペルシアンナイト、レーヌミノル…etc。例年よりハイレベルなレースになりそうです。賞金的に出走は可能のようですが、有力馬として出走するにはニュージーランドTで2着ぐらいまでには入ってもらわないと。。。そう考えると、馬に走る気がなかったとはいえファルコンSで勝てなかったのは痛いなぁ。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

正念場。

2017/03/29 ウィッシュノート
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:阪神4月15日 ダート1,200m(牝)

安田隆行調教師「レース後も状態は変わりありません。数日は軽めに調整し、週末から普通に乗り出して行こうと思います。成長分があったにしても、少し腹回りに余裕がありましたから、一度使ってその点は解消されてくると思うので、次走は変わってくれるはずです。4月15日に阪神・ダート1,200m(牝)の番組があるので、そこを目標に進めていきたいと思います」


私の中で、次走はいよいよ正念場だと思っています。全くと言っていいほどタイムが縮まってこないので、これで結果が出なければメンバーが落ちる7月の小倉まで放置し、ラストチャンスに賭けるのも一つの手だとさえ思います。もちろんそうなる前に勝ち上がってくれるのがベストですが。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

一歩ずつ。

2017/03/29 パーシーズベスト
在厩場所:28日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:京都4月30日 糺の森特別(牝)

石坂正調教師「レース後も状態は変わりありませんでしたが、予定しているレースまで少し期間があるので、短期放牧に出して次走に備えることにしました。久々をひと叩きしてピリッとしたところが出てくると思うので、次走はもう少し追走が楽になると思います。28日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」


前走は楽勝するものと思っていましたが、なかなか上手くはいきませんね。現状では期待したほどの能力はないようです。過去の成績を見ると叩き2走目は確実に成績が上がっているので、一歩ずつでいいから階段を昇ってほしいですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

キャンセル募集結果は!

先日キャンセル募集に2頭申し込んだ記事を書きましたが、先ほど抽選結果の反映がありました。恐る恐る出資馬のページを開いてみると…

16年度キャンセル募集結果

知らない馬が勝手に増えてる!(ウソ)

と言うことで、新たにテネイシャス(ヒカルアマランサスの15)が出資馬の仲間入りをしました!
大きな声では言えませんが、キャンセル募集はこれで3年連続の当選。世の中を騒がせている森友学園の某理事長ではありませんが、まさに「神風が吹いた」感じです。いや、私はシルクホースクラブに圧力をかけたり不正なお金を渡したりはしてませんよ(笑)。ちなみに過去2年の当選馬は、

15年:パーシーズベスト(パーシステントリーの13)
16年:ウィッシュノート(デイトユアドリームの14)※追加出資

うーん、今のところ必ずしもラッキーな出資になったとは言えないなぁ…^^;

とはいえ私のような貧乏零細出資者は、キャンセル募集でないと高額募集馬に出資するリスクを抱えられないので、その点では上手くリスクヘッジができていると思います。


d_02560942.jpg
○募集時写真(16年9月)

d_02630043.jpg
○近況写真(17年3月)

2017/03/02 テネイシャス
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの
       日は軽めの調整
担当者「この中間から坂路調教のペースをハロン17秒からハロン16秒まで上げていますが、問題なく対応できています。まだ緩い面は残していますが、以前よりしっかりと体を使って動けるようになってきました。ペースアップにより、これから全体的に筋肉が付いてきて、見た目にもメリハリのある馬体になることを期待したいですね。馬体や脚元などに特に不安な点はありません。バランスのいい走りをしますし、動きにセンスを感じます。前向きさという点ではまだ物足りないですが、現在3勝を挙げている姉のギモーヴも速めをやり始めるまでは同じような感じでしたから、あまり心配はしていません。奥手のタイプだと思いますので、過負荷にならないように気を付け、しばらくはこのペース(ハロン16秒)でじっくり乗り込み、更なる体力強化を図っていきます」馬体重464㎏

正直なところ前脚の造りに一抹の不安があります。父も母父も脚部不安の産駒割合が高いので、短い競走生活になるか、そうでなくとも順調に使い込めない危険性があります。そして厩舎も個人的にはNG.。有力馬が多いだけに厩舎内での優先順位が低いと、この馬にあわせて適鞍を使えない可能性が高くなります。
しかしながら、それを差し引いてもこのプリッケツがあれば上を目指せるのではないかと期待せずにはいられません。過去の公開動画を見てもゆったりとしたテンポで踏込む後ろ脚にブレはなく、ピッチ走法ながら体全体を使って走る姿はまさにオープン馬のそれ。レッツゴードンキのような馬をイメージしています。

新たにお仲間となる皆様、よろしくお願いします^^

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

昨日の結果②

2017/03/27 パーシーズベスト
3/26(日)阪神9R 四国新聞杯〔芝2,000m・14頭〕7着[1人気]

まずまずのスタートを決めますが、行き脚が付かずに後方13番手を追走、勝負どころから外に出して早めに仕掛けて行ったものの、最後の直線では伸び切れずに7着でゴールしています。
松若風馬騎手「ゲートは五分に出てくれたものの、スッと行き脚が付かなかった為に後方からじっくり追走することになりました。そこまで切れる感じがしなかったので、勝負どころから外に出して早めに仕掛けて行きました。いい手応えで上がって行けましたから、これならそのまま勢いに乗っていけると思ったものの、直線で追い出しにかかるとサッパリでした。久々の競馬で外々を回る形になってしまったことで、余計な体力を使ってしまったのかもしれません。1番人気だったにもかかわらず、上手く騎乗することが出来ず、申し訳ありませんでした」
石坂正調教師「確かに久々のレースでしたから、最後は甘くなっても仕方ありませんが、それにしても負け過ぎですね。スッと動ける馬ではないので、早めに仕掛けていったのでしょうが、かなり外を回してのものでしたから、他の馬との立ち回わりの差がかなり出てしまったと思います。今後の番組を見ると4月30日に京都・糺の森特別(牝)があるので、次走はそこを目標に考えていますが、中間は短期放牧に出して2週間前にトレセンへ戻そうと思います。トレセンに戻って状態を確認してから、ノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」


パドックで見た馬体は他馬とは別格の迫力を感じました。道中もこの馬にしては順調にポジションを上げることができ、直線を向いた時「これは楽勝か」と思いましたが、追ってからが案外でした。あの程度の大回りで終いが鈍るようでは、出遅れ癖のあるこの馬に2度と出番はやってこないんですけど。。。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

昨日の結果①

2017/03/27 ウィッシュノート
3/26(日)阪神1R 3歳未勝利〔D1,200m・14頭〕9着[4人気]

モッサリとしたスタートでゲートを出ると、促しながら外目4番手を追走します。流れが速くなったあたりから前を窺いに行ったものの、久々が堪えたのか、本来の伸び脚を欠いた為、9着に敗れています。
松若風馬騎手「ゲート内で少し煩いところを見せていた為に、タイミングよく出すことが出来ませんでしたが、スッと二の脚が付いて好位に取り付けることが出来ました。思ったよりペースが流れていましたが、返し馬の感触が良かったことから、強気な競馬をしたものの、3コーナーを過ぎたあたりで早々と手応えが怪しくなってしまいました。久々のレースでプラス16㎏でしたから、重めが影響したのかもしれません」
安田隆行調教師「追い切りの感触は抜群でしたし、馬体もパワーアップしていましたから、どれだけいい競馬をしてくれるか期待していましたが、勝負どころではサッパリでしたね。久々で息が出来ていなかったのかもしれませんが、成長分を見込んでも、4㎏から6㎏ぐらい馬体に余裕があったのかもしれません。ひと叩きして体も引き締まってくるでしょうし、動きもピリッとしてくると思うので、状態が変わりなければこのまま次走に向けて続戦させたいと考えています」


直前の調教で良いタイムが出ましたし、当日の馬体重は+16キロと大幅増。これは馬が変わって大勝ちがあるかもと期待していましたが、残念ながらいつも通りの結果でした。。。ここまで順調に使えているにもかかわらず勝てないと、それだけで引退の理由にされそうでかえって心配です。ただ、前からいっても後ろからいっても走破タイムはほとんど変わらないので、やっぱり勝ち上がりは厳しいのかなー、という気になってきました^^;

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

ドバイワールドカップ的中!

普段から馬券は穴的な馬を探す習性があるので、海外レースのように日本馬に人気が偏るオッズは私は大歓迎です。ちなみに昨秋の凱旋門賞もハイランドリールの複勝を的中しています。

今回はそれぞれのレースで歴史的名馬達が出走しているので、実績で2番手の馬を選ぶよりも大きな上積みが期待できる(=数を使っていない)馬を選びました。ピックアップした馬は以下の3頭。
○ドバイターフ…ムタケイエフ
○ドバイシーマクラシック…ジャックボブス
○ドバイワールドカップ…ネオリシック

それぞれの馬の単複と軸1頭の&3連単を購入しました。ドバイターフは外しましたが、シーマクラシックは単複(2着のセブンスヘブンが抜けてました)とワールドカップの単複&3連単が的中し、久々に会心の予想となりました。

国内のレースもこんな風に勝てればいいのですが、そうはいかないのが競馬の難しいところ^^;

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

なんだかなぁ。

2017/3/23 グランティエラ(美浦トレセン)
☆3/25(土)中山・3歳未勝利(ダ1800m)大野拓弥騎手

20日(月)に北Cコースで5ハロンから追走して併せ、72.2-56.0-41.9-13.5を馬ナリに追い切りました。「本番を見据えてダートでの動きの確認の意味もありますが、どのコースが脚元への負担が少なく、且つ効果的かを見極めるべく今週は北Cコース(ダート)で追い切っています。現時点では今回使用したコースが合っていそうな印象を受けましたよ。まだトモがくちゃくちゃとして緩さがありますので、使いながら力をつけていくタイプでしょうね。クセはないですし、一生懸命乗ってくれる大野騎手に上手く導いてもらいましょう」(清水英克調教師)

2017/3/25(中山競馬場)馬体重:496kg
.★3/25(土)中山・3歳未勝利(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果12着

「終始落ち着いていましたし、初めてのレースにもしっかり対応できていたと思います。スタートしてスピードに乗るまで時間がかかりましたが、それはまだトモに緩さがあるからで、パンとしてはまってくれば変わってくるはずです。使いながら良くなってくるでしょうから、この先の前進が期待できますよ」(大野拓弥騎手)


レース前の追い切りが月曜日かつ馬なりということで、「使いながら仕上げていくんだろう」とは思っていましたが、本当にその通りの結果になりました。まあ大野騎手を手配してもらえただけ感謝しないと…。ノルマンディーは地方競馬を活用するので、仕上がり遅→引退の心配が少ないので安心ですが、手を尽くしてようやく勝ち上がる馬にはなって欲しくないなー、というのが本音です。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

キャンセル募集。

ここ2ヶ月ほど出資馬の出走がなかったのですが、先週と今週の2週で大挙5頭が出走します。先週走った1頭が屈腱炎を発症し、本日引退が決まりました。そしてクラブからはキャンセル募集の発表があり、未だ1頭も出資していないシルクの2016年度募集馬を再考する機会となりました。急に私の一口環境が動き出した感じがします。

まずはキャンセル募集への申込み。当たらない確率の方が圧倒的に高いので、申込みは以下の2頭にする予定です。

・サラーブ(サマーハの15)
・テネイシャス(ヒカルアマランサスの15)


サラーブは1次募集でも申し込みをした馬(惜しくも落選)。テネイシャスは昨年末辺りから、坂路調教動画でピカイチの動きをしており注目していました。軍資金はしっかり貯めてあるので、仮に両頭当選しても問題なし。2頭とも落選したら、候補を3頭程度に絞ってある残口馬から1頭だけ出資し、残金は今年度の募集馬に回そうとし考えています。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

もう一丁!

2017/03/21 ナイトバナレット
3/18(土)中京11R ファルコンステークス(GⅢ)〔芝1,400m・16頭〕11着[1人気]

スタートでバランスを崩し、最後方からの追走となります。3,4コーナーは外を回って進出し、直線は大外から前を捉えにかかりますが、思ったほどの伸び脚はなく、11着でゴールしています。
中谷雄太騎手「ゲートは少し左に張って出たためバランスを崩してしまったのですが、スタートであれぐらい遅れるのはいつものことですし、道中の雰囲気は決して悪くありませんでした。コーナーを回ってくるときは少しバラッとした走りだったものの、直線で手前を変えたら、いつものように伸びるだろうと思ったのですが、手応えがスカスカで全く脚を使えませんでした。自分がどれだけ下手に乗っても、能力的に着は外さないと思っていただけに、この結果は負け過ぎだと思います。調教では以前から若干左に張る癖があったものの、競馬ではそういうところは一切見せませんでしたが、今回は返し馬からいくらかそういうところを見せていたので、嫌な面が出てきているのかなという感じがしました」
矢作芳人調教師「以前よりも装鞍所から落ち着いているなと感じたので、レースへ行ってもそれがいい方向に出てくれるのではないかと思っていたのですが、落ち着いていたのではなく、レースに対して気持ちが入っていなかったのか、全くいいところがありませんでした。追い切りの動きからしてもこんなに負けるはずはない馬なのですが、今回のところは明確な敗因をつかみかねます。間隔を詰めて使うことで馬の気持ちが入ってくるタイプなのかもしれませんし、次は巻き返したいですね。疲れがないようであればニュージーランドトロフィーに向かいたいと思います」

2017/03/22
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:中山4月8日 ニュージーランドトロフィー(GⅡ)〔中谷雄太〕

助手「正直勝ち負けを意識していただけに、あそこまで負けるとは思いませんでした。もう少しプラス体重で出走できると思っていましたが、輸送で少し減ってしまいました。でも、競馬場に到着してから飼い葉をしっかり食べてくれましたし、状態に関してはいい状態でレースに向かうことが出来たと思います。ただ、前走のジュニアカップの時と比較すると、妙に大人しく、パドックを周回していてもガツンと来るところがありませんでした。レースを終えてからも、疲れている様子はなく、ケロッとしていたぐらいですから、まったく力を出し切っていない感じでした。一度使って気持ちが乗ってくると思いますし、ニュージーランドトロフィーで巻き返せるように調整していきたいと思います」


関係者の総意として、中谷騎手の前走の乗り方に問題はなかったということですね?興奮した馬をなだめるのも騎手なら、気合を入れたり集中させるのも騎手。そして騎乗馬の得意な戦法を貫くのも騎手なら、レースの流れに騎乗馬の能力をフィットさせるのも騎手。どうも中谷騎手にはその辺りの臨機応変な判断と結果に結びつけるための「引き出し」が足りないように私は感じます。

どちらにしても次走の結果(と内容)で、この馬がマイルCを目指すのかも含めて全てが決まると思うので、万全な仕上げと騎乗で結果を残してもらいたいですね。

theme : 一口馬主
genre : ギャンブル

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MY出資馬
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク